定食の定番 フィリピンのやよい軒の味は?

159

今回は日本の方でも安心して食べられる日本食をご紹介。
日本でも数多くの店舗がある「やよい軒」です。

フィリピンマニラにも2店舗あり、SMメガモールと日本の方にもお馴染みのモールオブアジア(Mall of Asia 通称MOA)にあります。

今回はモアにある店舗をご紹介します。
場所はモアの2階。
メインモールから南側の建物への渡り廊下の横にあります。
ちょっと、行き慣れないとMOAの全体像を掴むのは難しいと思いますが、案内板やガードマンに聞きながらたどり着いてください。

ちなみに、タガログ語では「さあん ゆん やよいけん?」です。
ま、英語で「Where is Yayoi-ken?」で十分通じますが、現地フィリピン人の驚く顔が見たいときは、タガログ語で聞いてみてください。

しかし笑顔で返ってくる答えは、高確率でタガログ語になることを覚悟してください笑

内部の壁には、定食とは何たるか!を
分かりやすく説明されています。

日本人にはお馴染みの定食も海を渡れば、何のことやらとなります。

ちなみに、一緒に行ったローカルの友達は、日本語は話せませんが親子丼(Oyako-Don)を知っていて、やよい軒のメニューの写真を見て、親子重(Oyako-Jyu)ってなに?なんで親子丼じゃないの?って不思議がっていました。説明すれば、へーー!って納得してました。

日本人には当たり前のことでも、やはり海を渡れば日本語の一つ一つが不思議なんですね。

店内の様子はこちら。
お昼を過ぎた時間だというのに大盛況です。

それと、フィリピンに住んでいて気付いたことは、日本食や韓国料理、また中国料理が多いからか、お箸を使える人が意外に多いのです。
もちろん、フィリピンにはお箸の文化なんてありません。
何なら、「カマヤン」といって、手掴みで食事をすることがフィリピン伝統文化の一つですから、フォークやスプーンですら近代に入ってからです。
ローカルの人たちは、いまだに、ちょっとしたものは手掴みで食べます。
特に田舎へ行くとそれが顕著です。

そのせいか、猫舌の人も極端に多いです。
そりゃアツアツのものは持てませんからね。

今回の注文は、カツとじ定食(KATSU TOJI TEISHOKU)395ペソ(約835円)。
フィリピンで食べるなら十分に満足の味です。

一緒に行ったローカルの友達は、「重」に興味をそそられ、親子重を注文してました。
味は、親子丼みたいって言ってました。
そりゃそうだよ。中身は親子丼と一緒だから。って説明しましたけど、
やっぱり理解してなかったのね笑

基本情報

SM MALL OF ASIA

住所:MALL LEVEL 2 MAIN MALL SOUTH, SM Central Business Park Bay City, Pasay, Metro Manila
電話番号: (02) 821-60-82
営業時間:10:00 AM – 10:00 PM (ラストオーダー9:30 PM)

SM MEGAMALL

住所:3rd Level, Mega B, SM Megamall, Mandaluyong City, Philippines
電話番号: (02) 634-48-65

(SHIN)