世界遺産ビガン歴史都市 旅行ガイド その3 おすすめの観光地 (1)

128

世界遺産ビガン歴史都市 旅行ガイド

ユネスコの世界遺産であり、新・世界の七つの不思議の都市 (New 7 Wonders Cities) の1つである南イロコス州のビガンをご紹介します。

ビガン市はユネスコの世界遺産に登録されており、New7WondersCitiesの1つです。
これは、今日アジアに残っている中でも最も保存状態の良いスペイン植民地時代の町の1つです。
スペイン帝国の都市のルネッサンスグリッド計画に従っていたものの、中国やヨーロッパなどのさまざまな建築デザインの影響も強く受けています。

16世紀に設立されたビガンは、かつてシルクロードでの立ち寄り場所となり交易所として発展しました。
1572年には、スペインから征服者であるフアン・デ・サルセドが市を引き継ぎ、イロコス地域の副知事になりました。

その後、ルソン島北部の政治的、宗教的、商業的活動の中心地となりました。

ビガンは植民地時代の豊かな歴史とアジアの都市の賑やかな雰囲気を兼ね備えた都市です。
そしてそのルーツを守っており、スペイン統治時代の建築はそのままで、毎年、地元の旅行者と海外の旅行者の両方で100万人以上の訪問者を魅了しました。

歴史的および建築的な重要性に加えて、ビガンへの旅行には、イロカノ料理を楽しむことができる美食の冒険が満載です。

ユネスコ世界遺産ビガン歴史都市

ビガンは、16世紀スペイン植民地時代のに設計され設立されたアジアで最も保存状態の良いスペインの色を残す街です。
その建築は、フィリピンの他の場所や中国の文化的要素とヨーロッパやメキシコの文化的要素が融合して、東アジアと東南アジアのどこにも類を見ない独特の文化と町並みを作り出しています。
植民地時代以前の重要な交易所であるビガンは、フィリピン諸島の南イロコス州にあるルソン島の北西海岸線に沿ったアブラ川 (Abra River) の三角州に位置しています。
内接する土地の総面積は17.25ヘクタールです。伝統的なヒスパニックの市松模様の街路計画は、2つの隣接する広場に開かれています。

サルセド広場はL字型のオープンスペースの長いほうで、ブルゴス広場は短いほうです。
2つの広場は、セントポール大聖堂、大司教の宮殿、市庁舎、州議会議事堂に囲まれています。
ビガンの街の都市計画は、スペイン帝国のすべての新しい町のLey de laIndiasで指定されたルネッサンスグリッド計画と一致しています。ただし、ラテンアメリカの歴史的中心部(メスティーソ地区として知られる)では、ビガンとラテンアメリカの現代スペイン植民地時代の街の間に顕著な違いがあります。ラテンアメリカの伝統は、中国、イロカノ、フィリピンの強い影響によって和らげられています。その名前が示すように、この地区は、中国とイロカノの混合起源の裕福な家族が定住しました。このエリアには、町全体の歴史的な足跡が含まれており、25通りのグリッドに沿ってしっかりと張られた合計233の歴史的建造物で構成されています。

2階建ての建物はレンガと木でできており、急勾配の屋根は伝統的な中国の建築を思わせます。上層階の外壁は、木で縁取られたカピス貝の殻の窓パネルで囲まれており、換気を良くするために後ろにスライドさせることができます。既存の建物のほとんどは、おそらく18世紀半ばから19世紀後半に建てられました。第二次世界大戦後の経済の中心地としてのビガンの経済的衰退により、歴史的建造物のうち、代替用途のために内部再編成されたのはごくわずかでした。中国の商人は、家の1階にある商店、事務所、物置から商売をしており、その上に居住区があります。国内および商業建築に加えて、ビガンには多くの重要な公共の建物があり多文化の影響も示しています。

ビガンは、ヒスパニック系の植民地時代の特徴、特にグリッド通りのパターンと歴史的な都市のレイアウトを維持している点が特徴的です。
その重要性は、さまざまな建築様式の影響をどのようにブレンドして均質な街並みを作り上げるかにもあります。

ユネスコWEBページ 世界遺産ビガン歴史都市 : https://whc.unesco.org/en/list/502/

新・世界の七つの不思議の都市 (New 7 Wonders Cities)

ビガンは、フィリピンの南イロコス州の第4級の構成都市であり首都です。
この都市は、南シナ海に面したルソン島の西海岸に位置しています。 2015年の国勢調査によると、人口は53,879人です。

ユネスコの世界遺産に登録されているのは、フィリピンに残された数少ないヒスパニック系の町で、その構造はそのまま残っています。石畳の通りと、フィリピンと東洋の建物の設計と建設を融合させたユニークな建築物でよく知られています。植民地時代のヨーロッパの建築で。フィリピン第6代大統領であるエルピディオ・キリノ (Elpidio Quirino)フィリピン元大統領は、ビガンの州刑務所の元の場所で生まれ(彼の父親は看守でした)、シキア大邸宅に住んでいました。

2015年5月、ビガン市はベイルート、ドーハ、ダーバン、ハバナ、クアラルンプール、ラパスとともにNew7Wonders Citiesの1つとして正式に認められました。 New7WondersFoundationの会長兼創設メンバーであるBernard Weber氏は、セントポール大聖堂で開催された式典を主導し、ビガン市長のEva Grace Singson-Medinaにブロンズの盾を渡しました。これは、世界の不思議な都市の1つとしての遺産都市の選出されたことを意味します。

New 7 Wonders Cities : https://cities.new7wonders.com/wonders/vigan-philippines/

ビガンでどこに行って何をする?

ビガンはスペインの植民地時代の外観を維持することにより、その長い歴史をうまく保存してきました。また、スペイン統治時代にまでさかのぼることが出来る重要な場所、慣習、および物品をも保存してきました。

ビガンの豊かな歴史と文化に没頭するために、ビガンツアーの旅程に追加する必要のあるアクティビティと観光スポットをいくつか紹介します。

クリソロゴ通りで歴史の中を歩く

石畳の通りとスペイン風の家々が、ビガンのクリソロゴ通りをユネスコの世界遺産になった理由の1つです。
植民地時代の人々がビガンをどのように見たかを知ることができるのは、小道を歩きながら過去に触れることです。

車両の通行がほとんどないため(許可されているカレッサを除く)、クリソロゴ通りを歩いて散策するのが最適です。
復元されたり、または土産物店、ホテル、レストランとして変容した家の中に入ることができます。

それらのほとんどは、赤瓦の屋根、高い天井、装飾的なドア、そしてカピス貝で出来た窓を通して、今でも旧世界の魅力を維持しています。
通り沿いのランプが点灯し、テーブルに夕食が用意される夜の時間まで滞在してください。それはより魅力的でロマンチックになります。

植民地時代のスタイルをさらに感じたいなら、南イロコス州観光局に行ってみてください。
フィリピンの伝統的な衣装で女性用のフィリピニアナドレス、男性用のバロンタガログをレンタルして、クリソロゴ通りを歩けば、まさにその時代にタイムスリップした気持ちになることでしょう。

プラザ サルセドで噴水ショーを見る

クリソロゴ通りの近くには、ビガンのメイン広場であり中心部でもあるプラザサルセドがあります。
夜には、水が踊るライトアップされた噴水ショーがあり、幻想的な光景になります。

毎日午後7時には噴水の色とりどりの光と水が音楽に合わせて踊る30分のショーがあります。
週末に限り、にショーは2回目あり午後8時30分に始まります。

ビガン大聖堂でミサに出席する


ビガン大聖堂は街のメイン広場にあります。
17世紀に設立された聖パウロののメトロポリタン大聖堂としても知られ、フィリピンで最も古いアウグスチノ教会の1つです。

イロカノ族によって、地震に耐えるために修正されたバロック建築を誇っています。
そのため多くの災害を経験しましたが、今でも見事に佇んでいます。

バンタイ教会のベルタワーを見る


バンタイ教会のベルタワーは、聖アウグスティヌス教区教会にあります。
1950年に設立され、イロコス地域で最も古いものの1つになり、植民地時代に海賊に対する監視塔として使用されたため、バンタイまたは「警備する」という名前が付けられました。

ベルタワーに登って、近隣の町の畏敬の念を起こさせる景色を楽しんでください。

パグバーナヤンで陶器と織物を楽しむ

リベラシオン・ブールバード通り沿いには、手作りの陶器の工房や店があります。
この地域は、バーネイ (Burnay) や土鍋 (clay pot) という語源から、一般的にはパグバーナヤン (Pagburnayan) として知られています。

ここでは、陶器や織物などの文化体験をすることができます。壺は街の西側から掘られたバントグ粘土で作られています。
それらは主にサトウキビのバシ(Basi/ サトウキビのワイン)への発酵の過程とバゴオン (bagoong/ 魚のペースト)の製造時に利用されます。

好きな陶器を選んで、ろくろを使って陶器作りに挑戦してください。
もちろんプロが作ったお土産を買うこともできます。

カオアヤンの町にあるAbel Iloco Weavingでは、さらに手織りの傑作があなたを待っています。
Abel (アベル) とは、ショール、テーブルクロス、バロン、ナプキンなどに手織りされた地元産の綿生地を指します。

バランガイ カマンガアン(Camanggaan)の、Rowilda’s Weaving Factory、またはCristy’s Loom Weavingでは手織りの精工さに驚嘆することでしょう。

 

さあ、いかかがでしょうか。
ビガンの観光地などをシェアしました。
次回も引き続きビガンの観光地をお伝えしていきたいと思います。

 

 

Image source: https://commons.wikimedia.org