世界遺産ビガン歴史都市 旅行ガイド その2 行き方と現地での移動

150

世界遺産ビガン歴史都市 旅行ガイド

ユネスコの世界遺産であり、新・世界の七つの不思議の都市 (New 7 Wonders Cities) の1つである南イロコス州のビガンをご紹介します。

ビガン市はユネスコの世界遺産に登録されており、New7WondersCitiesの1つです。
これは、今日アジアに残っている中でも最も保存状態の良いスペイン植民地時代の町の1つです。
スペイン帝国の都市のルネッサンスグリッド計画に従っていたものの、中国やヨーロッパなどのさまざまな建築デザインの影響も強く受けています。

16世紀に設立されたビガンは、かつてシルクロードでの立ち寄り場所となり交易所として発展しました。
1572年には、スペインから征服者であるフアン・デ・サルセドが市を引き継ぎ、イロコス地域の副知事になりました。

その後、ルソン島北部の政治的、宗教的、商業的活動の中心地となりました。

ビガンは植民地時代の豊かな歴史とアジアの都市の賑やかな雰囲気を兼ね備えた都市です。
そしてそのルーツを守っており、スペイン統治時代の建築はそのままで、毎年、地元の旅行者と海外の旅行者の両方で100万人以上の訪問者を魅了しました。

歴史的および建築的な重要性に加えて、ビガンへの旅行には、イロカノ料理を楽しむことができる美食の冒険が満載です。

ユネスコ世界遺産ビガン歴史都市

ビガンは、16世紀スペイン植民地時代のに設計され設立されたアジアで最も保存状態の良いスペインの色を残す街です。
その建築は、フィリピンの他の場所や中国の文化的要素とヨーロッパやメキシコの文化的要素が融合して、東アジアと東南アジアのどこにも類を見ない独特の文化と町並みを作り出しています。
植民地時代以前の重要な交易所であるビガンは、フィリピン諸島の南イロコス州にあるルソン島の北西海岸線に沿ったアブラ川 (Abra River) の三角州に位置しています。
内接する土地の総面積は17.25ヘクタールです。伝統的なヒスパニックの市松模様の街路計画は、2つの隣接する広場に開かれています。

サルセド広場はL字型のオープンスペースの長いほうで、ブルゴス広場は短いほうです。
2つの広場は、セントポール大聖堂、大司教の宮殿、市庁舎、州議会議事堂に囲まれています。
ビガンの街の都市計画は、スペイン帝国のすべての新しい町のLey de laIndiasで指定されたルネッサンスグリッド計画と一致しています。ただし、ラテンアメリカの歴史的中心部(メスティーソ地区として知られる)では、ビガンとラテンアメリカの現代スペイン植民地時代の街の間に顕著な違いがあります。ラテンアメリカの伝統は、中国、イロカノ、フィリピンの強い影響によって和らげられています。その名前が示すように、この地区は、中国とイロカノの混合起源の裕福な家族が定住しました。このエリアには、町全体の歴史的な足跡が含まれており、25通りのグリッドに沿ってしっかりと張られた合計233の歴史的建造物で構成されています。

2階建ての建物はレンガと木でできており、急勾配の屋根は伝統的な中国の建築を思わせます。上層階の外壁は、木で縁取られたカピス貝の殻の窓パネルで囲まれており、換気を良くするために後ろにスライドさせることができます。既存の建物のほとんどは、おそらく18世紀半ばから19世紀後半に建てられました。第二次世界大戦後の経済の中心地としてのビガンの経済的衰退により、歴史的建造物のうち、代替用途のために内部再編成されたのはごくわずかでした。中国の商人は、家の1階にある商店、事務所、物置から商売をしており、その上に居住区があります。国内および商業建築に加えて、ビガンには多くの重要な公共の建物があり多文化の影響も示しています。

ビガンは、ヒスパニック系の植民地時代の特徴、特にグリッド通りのパターンと歴史的な都市のレイアウトを維持している点が特徴的です。
その重要性は、さまざまな建築様式の影響をどのようにブレンドして均質な街並みを作り上げるかにもあります。

ユネスコWEBページ 世界遺産ビガン歴史都市 : https://whc.unesco.org/en/list/502/

新・世界の七つの不思議の都市 (New 7 Wonders Cities)

ビガンは、フィリピンの南イロコス州の第4級の構成都市であり首都です。
この都市は、南シナ海に面したルソン島の西海岸に位置しています。 2015年の国勢調査によると、人口は53,879人です。

ユネスコの世界遺産に登録されているのは、フィリピンに残された数少ないヒスパニック系の町で、その構造はそのまま残っています。石畳の通りと、フィリピンと東洋の建物の設計と建設を融合させたユニークな建築物でよく知られています。植民地時代のヨーロッパの建築で。フィリピン第6代大統領であるエルピディオ・キリノ (Elpidio Quirino)フィリピン元大統領は、ビガンの州刑務所の元の場所で生まれ(彼の父親は看守でした)、シキア大邸宅に住んでいました。

2015年5月、ビガン市はベイルート、ドーハ、ダーバン、ハバナ、クアラルンプール、ラパスとともにNew7Wonders Citiesの1つとして正式に認められました。 New7WondersFoundationの会長兼創設メンバーであるBernard Weber氏は、セントポール大聖堂で開催された式典を主導し、ビガン市長のEva Grace Singson-Medinaにブロンズの盾を渡しました。これは、世界の不思議な都市の1つとしての遺産都市の選出されたことを意味します。

New 7 Wonders Cities : https://cities.new7wonders.com/wonders/vigan-philippines/

ビガンへの行き方

交通費と時間に応じて、ビガンに到達するための一般的には陸上での移動と航空機2つの選択肢があります。です。
フィリピンの首都マニラは、旅行者の主要な出発点です。

マニラやルソン島の他の場所からビガンへの行き方を以下に示します。

バスで行く

バスはビガンへ移動する最も安い方法です。
選択できるバス路線はたくさんありますが、料金はそれほど変わりません。

ただし、クバオのパルタスバスやパサイのファリナストランジットの、Wi-Fi、テレビ、トイレが付いているこのようなプレミアムライドは少々高額となるでしょう。
チケットは事前に予約できます。

[Partas]、[Dominion Bus Lines]、[Viron Transit]、[St.Joseph/ Aniceto Transit] は毎日ビガンに直行しています。
一方、[Philippine Rabbit Bus Line]、[Fariñas]、[Maria de Leon]、[Florida]、[Baliwag]、[RCJ Transit] は、マニラからラワグを経由してビガンに行く定期的な運行があります。

より多くの時間とお金を節約したい場合は、夜に乗車しバス内で一晩過ごしてください。
道路の混雑が少なく、夜の宿泊施設は必要ありません。

北ルソンの次の場所から来る人のために、ここにビガンに行くためのいくつかの提案された方法があります:

  • パンパンガ州クラーク国際空港から ー シャトルサービスまたはタクシーでビガン行きのバスに乗れるダウバスターミナル(Dau Bus Terminal)まで行きます。旅行には7〜9時間かかります。
  • バギオから ー バスでラワグに行き、ビガンで下車します。所要時間は約5時間です。
  • アブラ/トゥゲガラオから ー GMWとフロリダライナーのバス路線にはビガン行きがあります。

自家用乗用車やレンタカー、プライベートツアーなどで行く

マニラからは、ビガン行きの車両[公共バス、自家用車]の両方は、北ルソン高速道路 (NLEX)、スービック~クラーク~ターラック高速道路 (SCTEX)、ターラック~パンガシナン~ラユニオン高速道路 (TPLEX)を経由してビガンへと進んでいきます。

これらの高速道路は、ルソン島北部の他の州に行く人々も利用しています。
マニラからビガンに行くには、約7〜10時間かかります。

マニラなどルソン島南部エリアからビガンに直接行くプライベートバンツアーを予約することもできます。

航空機で行く

ビガンへの空の旅は、移動時間を少なくしもっと多くのことをしたい場合には最適です。
ビガンの隣町ラワグに国際空港がありますが、日本からラワグ空港(Laoag International Airport)への直行便はありません。
マニラからラワグ空港まで航空機で行き、空港からはタクシー・バス・ジプニー・トライシクルなどでビガンまで行くことができます。
全体の旅程は約3時間~4時間ほどです。
ビサヤエリア、またはミンダナオエリアから行く場合は、まずマニラ空港に行き、乗り継いでビガンに行きます。

またビガンには、南イロコス州全体にサービスを提供するミンドロ空港(Mindoro Airport = Vigan Airport)という空港があり、インターアイランド航空とシーエアが定期便を運航していました。
しかし乗客が少ないために現在は運航を中止しています。※チャーター便の運航はしています。

ビガンでの移動方法

クリソロゴ通りのようなビガンの主要な観光スポットは徒歩圏内にあり、徒歩またはカレッサ (馬車) に乗って移動することができます。

他の移動方法は、さまざまな公共および民間の交通機関を使って移動できます。
ビガンの観光スポットでの移動手段は次のとおりです。

カレッサ


これらの馬車は、クリソロゴ通りエリアの特徴的な文化体験の定番であり、短い距離での移動に最適です。

またカレッサは、クリソロゴ通り内で許可されている唯一の公共交通機関です。
フィリピンの夏はとても暑いので暑さ対策としても最適です。
ビガン市内の観光スポットにも行くことができます。

トライシクル


徒歩では行けないビガン市内の短距離から長距離の場合は、トライシクルを使うことができます。
これらは最大4人の乗客が乗車することができます。少々遠方への移動やビガン周辺の日帰りツアーに雇うこともできます。
※新型コロナ対策のため最大乗車人数は変動する場合があります。

バン又はカーレンタル


自家用車を使うか、現地でレンタカーまたはバンを借りて、ビガン観光をより快適に回ることもできます。
これらは、ラワグ、パオアイ、パガッドパッドなど、イロコス地域の他の目的地を探索するのに最適です。

ガイドを付けた場合には、ビガン市とイロコス地域を案内している間も、車内空間でリラックスすることが出来るでしょう。
※英語ガイドのみです。

 

さあ、いかかがでしょうか。
ビガンへの旅行の計画での情報として、行き方や実際にビガンでの移動方法などをシェアしました。
次回は、ビガンの観光地をお伝えしていきたいと思います。

 

 

Image source: https://commons.wikimedia.org