筆者がお勧めする【フィリピン料理 10選】

91

おはようございます!

フィリピン料理というと、あまり「これだ」というのは思い付きにくいかと思います。

そこで筆者が考える美味しいフィリピン料理をご紹介いたします。

1、アドボ(Adobo)

鶏肉または豚肉を使い、酢と醤油で煮ると、アドボの完成です。アドボは、外国の影響を受けずに地元で作られたフィリピンで数少ない料理の1つです。

地方によって、それぞれ使用する調味料が異なります。

絶妙な味と柔らかい肉のコンビネーションが最高です!

2、パンシット(Pancit)

スペイン人がフィリピンに訪れるずっと前に、中国のトレーダーはすでにフィリピンでビジネスをしていました。

パンシットは中国人の移民が広めたと言われています。彼らのフィリピン料理の影響は広範囲に広がりました。

パンシットというのは、麺料理のカテゴリーの名前です。

長い麺が寿命を表すため、お祝いする際(誕生日など)に食べられます。

パンシットも地方によって、味付けや調理方法が異なります。

日本でいう焼きそばに近いかもしれません。

3、ルンピア(Lumpia)

ルンピアは、中国からの食文化を受け継いだものです。

中国風のエッグロールは東南アジア全体で非常に一般的であり、地元によって、味などが異なります。
フィリピンのルンピアは、豚肉または牛肉、ヤシの心臓、野菜、魚介類を使用しています。
これらはすべて薄いクレープに入れて揚げるか、新鮮なものを提供しています。
(バナナと、ジャガイモの実を巻いて砂糖で揚げたものから成るルパンシアの甘いバージョンもあります。フィリピン人はそれをチュロンと呼びます。)
気軽に食べられるのが嬉しいです。

4、キニラウ(Kinilaw)

キニラウはフィリピン風マリネです。

魚を酢で漬けて、ココナッツビネガーで和えたものとなります。

現地では、前菜として見なされております。

筆者はフィリピンでも生ものを食べることにびっくりしました。

味付けは少し酸味がありますが、一品ほしくなる料理です。

5、バロット(Balut)

バロットは、アヒルの胚を意味します。

フィリピンに旅行するバックパッカーにも知られています!

生まれてから16日目、18日目などを選べます。一番優しいのは16日となります。

現地の人にも人気があり、多くの人が食べています。

お酢と塩を付けて食べるのが一番おすすめな食べ方です!

主に道沿いで食べることができます!

勇気のある方は挑戦してみてください!

6、シニガンスープ(Sinigang Soup)

Sinigangは「煮込んだ」を意味しています。

フィリピン全土に存在するシニガンは、文化的にタガログ語が起源であると考えられているため、ヴィサヤとミンダナオ(リナランなど)で見つかった類似の酸味シチューとスープは、異なる料理と見なされ、使用される材料が異なります。

魚醤はシチューの一般的な調味料です。
ちなみにマレーシア料理のシンガンはシニガンに由来します。

シニガンスープは、少し酸っぱいですが、体に染み渡り、非常に美味しいスープです。

トウモロコシやエビなどが食材として、使われます。

7、シシグ(sisig)

シシグは、豚肉の頬、豚の顔、その他の部分を切り刻み、玉ねぎと炒めたものです。
唐辛子が使われることが多く、辛いのが苦手な人は「ノースパイシー」と言いましょう。
ホットプレートで提供されるシシグは、ご飯の友です。
シシグの上に生卵をトッピングすると、まろやかになり、違った味が楽しめます。

8、カレカレ(kare-kare)

カレカレは、濃厚なピーナッツソースで煮込んだフィリピンシチューの一種です。
特別な日に、食べられるフィリピンで人気の料理です。
通常は、ご飯と一緒に食べられます。
主に牛やチキン、トウモロコシ、チンゲン菜などが食材となっております。

9、レチョン(lechon)

イベントの料理で必ずでてくる料理が「レチョン」です!

レチョンは豚の丸焼きのことで、各部位によって、異なる味や食感を楽しめます!

フィリピンに来たなら、一度は食べてほしい料理です!

10、ハロハロ(halo-halo)

ハロハロはフィリピン風かき氷と言えますが、バリエーションが豊富で、使われる材料も多く、日本のかき氷とは少し異なります。

「ハロハロー」は「ミックスミックス」のフィリピン語であり、いくつかの甘いお菓子とかき氷を混ぜ合わせます。かき混ぜてから食べられます。
シロップのバナナ、歯ごたえのあるヤシ、ジャックフルーツ、緑豆、紫のウベ、アイスクリームなどをトッピングします。
店舗によっても、バラエティーが様々なので、飽きません!
ファストフード店にも売ってあります!
ハロハロを食べて、涼しんでください!
以上、10選となります。いかがでしたでしょうか。
セブ島へ訪れた際は、試してみてはいかがでしょうか。
(ハシモトモッティ)