セブ島に来たなら、揃えておきたいもの【6選】

148

おはようございます!
師走ですね!お正月のご予定は既にお決まりでしょうか。
セブ島にいると、常に夏なので時間が経つのが早く感じます!(^^)!

今回は、海外に旅行に行かれる方、特にセブ島へお越しの方に向けて、記載いたします!

セブ島へお越しの方で、何を持って行けばいいか、ある程度予想はできるかと思いますが、『これだけは持っていった方が便利な物』を筆者目線でお伝えしていきます!

①ティッシュ(現地で買える)
これは、いざ!というときに非常に便利です。
スーパー等のトイレは、トイレットペーパーがないことが多いです。
トイレにポケットティッシュを購入できる場合があります。
(1つ5ペソですが、5ペソ硬貨のみしか使えません)

バックがある方はトイレットペーパーを持って行くこともできますが、バックがない方はポケットティッシュが重宝します。

※設備が日本のように整っていない為、トイレットペーパーはトイレに流せませんので、ご注意下さい。

②細かいお金(現地で買える)
1,000ペソしか持っていないのは、少し危険です。旅行者の方はタクシーを使う場面が多いかと思います。そこで1,000ペソでお支払いをした場合、お釣りを持っていないと言われ、色々と面倒なことになります。筆者も面倒なことになったことがあります。
1,000ペソを細かくするために試行錯誤するか、諦めてタクシー運転手が持っているお釣りを貰うかをしなければなりません。

また、タクシーだけではなく、小さなコンビニでもお釣りがなく1,000ペソが使えない場合もありますので、注意してください。

あとは、チップにも使うことができますね。
色んな意味で、細かいお金は持っていた方がいいです!

③消毒液(現地で買える)
こちらは、現地の方も使っています。
お手洗いにも水道はありますが、ハンドソープがありません。
特に細菌を気にされる方は、持っていた方がいいかと思います。直ぐに取り出せて使えるところがポイントです。

④SIMカード(シムカード)
ホテルや大きなモール、カフェ等はWIFIを利用できる場所は多いかと思いますが、何かを調べたくなった時や現地の人に連絡する場合に重宝します。
空港の到着口にシムカードを購入できる場所があります。
シムカード自体の値段も高くありません。

⑤薬(現地で買える)
こちらは、現地で買うよりも日頃使っている物を使うことをお勧めします。
現地で購入することもできますが、言葉の壁があるので、上手く聞き取れなかったり、全く別の薬が出てくることもあるかもしれません。

特に日本人はお腹を下しやすいと言われているので、腹痛薬や頭痛薬等を常備しておくといいでしょう。
※特に水道水は飲まないで下さい。

■ウェットティッシュ(現地で買える)
何かと便利なのが、ウェットティッシュです。最悪無くても大丈夫ですが、手が汚れた時に水でいちいち洗わなくても、その場で済みます。
あと、機内にも持ち込めますね!
手が汚れたご友人等にあげることもできます!
消毒液の代わりにもなる、アルコール入りのウェットティッシュがベストです!

以上、筆者なりにまとめてみました。
いかがでしょうか。

人に寄って、持ってくるものも変わりますが、誰かの役に立てば良いと思います。
それでは、セブ島旅行をお楽しみください(^^♪

(ハシモトモッティ)