「ハッピーアイランド」カタンドゥアネス島案内 [第1回]

270

フィリピンの島は7,641島

フィリピン国立地図資源情報局の発表では、新たに500以上の島が発見され現在の島の数は7,641島にも及びます。

大きく分けると3つのエリアに分けられており、最大の島はメトロマニラがあるルソン島エリアのルソン島でフィリピンの経済の中心となります。
次にはフィリピンの代表的なビーチエリアとなるビサヤ諸島エリア、そして「第16代フィリピン大統領ドゥテルテ」や「ボクシング6階級制覇の世界的な有名人マニーパッキャオ」の出身地でもあるミンダナオ島エリアとなります。
そして、日本人にも有名なセブ島や世界最高のビーチに何度も選出されたボラカイ島はビサヤ諸島エリア、世界最高の島に選出されたパラワン島などがあるルソン島エリア、ピンクBeachで世界的に有名なグレート・サンタ・クルス島はミンダナオ島エリアにあります。

しかし、7,641もの島があるフィリピン。日本人が知らないとても美しい島がまだまだあります。
今回はその中でもルソン島エリアに属するカタンドゥアネス島をご紹介していきます。

カタンドゥアネス州政府公式サイトの中で案内されているのが、なんと59カ所!
見どころがたくさんあるので12回に分けてのご紹介となり、今回はその1回目です。

カタンドゥアネス州

カタンドゥアネス島はルソン島ビコル地方にある島で、ルソン島南東部にあるカラモアン半島沖に浮かぶカタンドゥアネス州となります。
州都は南端に位置するビラク(Virac)で、州の面積は面積は1,511.5km2、人口は260,964人(2015年)となります。

またビラクにはビラク (Virac Airport) 空港があり、マニラからの定期便があるとても行きやすい島ながら、まだまだ開発されていない自然豊かな島で、特に日本人からの認知は薄いようです。

しかし、フィリピン観光省はフィリピンで最も有名な観光地の1つはビコル地域であると宣言しています。
この地域には、アルバイ、マスバスト、ソルソゴンのALMASORとカマリネスノルテ、カマリネススル、カタンドゥアネスのTRIPPLE Cの2つの観光開発地域で構成されています。
これに伴い、カタンドゥアネス州政府も観光に力を入れだしており、今後フィリピンの観光地として発展していく可能性が高い島となります。

そこで、カタンドゥアネス州政府公式サイトの中で案内しているカタンドゥアネス島の魅力や観光地などをお伝えしていきます。

ビラク空港

カタンドゥアネス州の州都であるビラクには、ビラク空港 (Virac Airport) があり、マニラからは週3便 (日・月・金) でセブパシフィック航空が運航しています。

5J821 / S M – – – F – / Manila (MNL) – Virac (VRC) / 06:10 — 07:25
5J822 / S M – – – F – / Virac (VRC) – Manila (MNL) / 07:55 — 09:10
※新型コロナ、またその他の影響により変更される場合があります。

ハッピーアイランド “The Happy Island” カタンドゥアネス島

カタンドゥアネスは、ルソン島ビコル地方の東に位置するカタンドゥアネス島を中心とした州です。
カタンドゥアネスには、スペイン植民地時代の教会、滝、サーフィンに最適な波、手つかずのビーチなど、さまざまな観光スポットがあり訪問者に提供できるものがたくさんあります。

カタンドゥアネス州公式サイト (Province of Catanduanes)
https://catanduanes.gov.ph/

カタンドゥアネス島観光ガイドサイト (CATANDUANES TRAVEL GUIDE)
https://gocatanduanes.com/
究極の探索ガイドアプリ
カタンドゥアネスの美しい島!

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.gocatanduanes.guideapp&hl=en
※現在はアンドロイドのみ

カタンドゥアネスは、ルソン島のビコル本土の東に位置するフィリピンの島の州です。 カタンドゥアネスには、スペイン植民地時代の教会、滝、サーフィンに最適な波、地元の人でも手つかずのビーチなど、さまざまな組み合わせで訪問者に提供できるものがたくさんあります。
カタンドゥアネスはビコル地方の新進の観光地であり、訪問者に自然との出会いを提供します。
この貴重な州は「ハッピーアイランド」と呼ばれています

カタンドゥアネスには11の町があります。 カタンドゥアネスは、西カタンドゥアネスと東カタンドゥアネスの2つの部分に分かれています。 西カタンドゥアネスは、島の西部にある3つの町 (ビラック、サンアンドレス(カロンボン)、カラモラン) で構成されています。 東カタンドゥアネスは島の東部にある8つの町 (バト、サンミゲル、バラス、ギグモト、ビガ、パンガニバン(パヨ)、バガマノック、パンダン) で構成されています。 各町にはそれぞれ独自のアトラクションや観光地などがあります。

カタンドゥアネスの幸せな場所 The Happy Places of Catanduanes

カタンドゥアネスで訪れることができる「カタンドゥアネスの幸せな場所」は、
カタンドゥアネス島観光ガイドサイト (CATANDUANES TRAVEL GUIDE)で紹介されているところを中心にご紹介していきます。

アメリア ビーチ/ Amenia Beach

Palawig, Virac, West Catanduanes, Philippines

アメリアビーチは、カタンドゥアネスのサンアンドレスのパラウィッグにあります。
上質なクリーム色の砂と手付かずの透明な海水があり、調和した風景とリラックスしたムードはどこを見ても素晴らしく、アメニアビーチ全体が人々を魅了しています。

またアメリアビーチは、カタンドゥアネスで開発されたビーチの1つです。

風景やアクティビティ
  • スイミング
  • スキムボード
  • スノーケル
  • キャンピング
  • オーバーナイトキャンピング
  • リラックス
  • ピクニック
  • 写真撮影スポット
  • ボート乗船
  • ビーチ
  • 180度ビュー
入場料 大人1名あたり

15ペソ

バハウヒラワン滝 / Bahaw Hilawan Falls

Hilawan, San Andres (Calolbon), West Catanduanes, Philippines

カタンドゥアネスには「バハウ/ Bahaw」という名前の滝がたくさんあるので、分類しやすいように「バハウヒラワン滝」と名付けられました。

バハウヒラワンの滝はサンアンドレスタウンのヒラワンというバランガイにあります。 高さ15〜20メートルから水が流れ落ちる滝で綺麗な景色が楽しめます。 しかし、この場所に行くには幹線道路から約1時間のトレッキングが必要になり、道中は岩石が多く滑りやすくなっていますので、十分に注意してください。 また、不思議なことに雨の日でも滝に水がないことがあるので注意が必要で、それは祈るしかないようです。

風景やアクティビティ
  • スイミング
  • トレッキング
  • ハイキング
  • クライミング
  • ロッククライミング
  • ピクニック
入場料 大人1名あたり

なし

バラカイポイント / Balacay Point

Benticayan, Baras, East Catanduanes, Philippines

ベンティカヤンポイント (Benticayan point) としても知られるバラカイポイントは、カタンドゥアネスのバラスタウンにあるベンティカヤンというバランガイにあります。
バラカイポイントは、カタンドゥアネスで観光客や旅行者が頻繁に訪れる観光スポットの1つです。
バラカイポイントに行くと、プララン (Puraran) からトライシクルで15分程度、そして低い樹木の森を15〜20分トレッキングします。

カタンドゥアネス州政府は、バラカイポイントの頂上に向かうコンクリート道路を舗装しました。
車やバイクは丘の頂上に駐車できます。そこに着くと、左側にバラカイ島、右側にプラランビーチと、また一望する太平洋の水平線の景色に驚かれることでしょう。
ビヌロンポイントと比較して、バラカイポイントは少し高度が高いですがサイズは小さくなります。
この場所は写真のスポットとしても最適なので、カメラを持参することを忘れないでください。
バラカイポイントを訪れるのに最適な時間帯は、日の出または日没です。
プラランビーチ/サーフスポットのほとんどの訪問者は、家に帰る前にこことビヌロンポイントでサイドトリップをしています。
いくつかの場所では、まだワイヤーなどバリケードされていないので、崖には充分気をつけてください。

思い出に残る素晴らしいジャンプショットを撮ることを忘れないでください。

風景やアクティビティ
  • キャンピング
  • オーバーナイトキャンピング
  • リラックス
  • 写真撮影スポット
  • 180度ビュー
入場料 大人1名あたり

10ペソ

バロンボン滝 / Balongbong Falls

Balongbong, Bato, East Catanduanes, Philippines

バロンボン滝はバトの町のバロンボンというバランガイにあります。

この滝は、国道のすぐ近くにあり5分以内のトレッキングで済むのでそれほど面倒ではありません。
これはあまり有名ではないリゾートだったので、あなたを待っているのは、二つの滝と人工プールと建物跡です。
地元の人々の話では、強い台風や大雨がその地域を襲い、大規模な被害を残したと述べました。

風景やアクティビティ
  • スイミング
  • トレッキング
  • 遺跡
入場料 大人1名あたり

なし