フィリピンのローカルなパブリックマーケットに行ってみた!

232

フィリピンには、サリサリストアなどのほかにマーケットもたくさんあります。

普段の買い物はサリサリストアで済ませ、食材の買い出しにはマーケットへ行く。
もちろんマーケットの方が安いのですが、こちらで紹介するマーケットを見て頂いてもわかるように必ず冷蔵庫や冷凍庫が必要になるんです。

そして、フィリピンには冷蔵庫を持っていない家庭が多くあるため、買いだめをすることができません。そういった人はマーケットへの買い物というより料理そのものすることがなく、以前にも紹介したフィリピンのローカルレストランカレンデリアなどで食事を済ませる。
そういったことがカレンデリアやサリサリストアなどが多く存在する理由となるのです。
69bcf632-303e-43e1-82b8-353deedd035cこちらはタガイタイにあるマーケット。
主に牛肉や豚肉など肉類を売っています。
タガイタイは果物などの畑が多くありフルートスタンドも多いのですが、肉類も多くマニラと比べてとても安いのだそうです。

ちなみにタガログ語では牛のことをバカ(BAKA)と言います。
フィリピンの人と仲良くなる為の、ちょっとしたネタになりますよ。

feb3d73d-664a-48d4-b9de-a15026fad134こちらずーっとお肉屋さんが続きます。
向かい側には雑貨屋さんなどが並びます。
タガイタイに避暑や観光に来るマニラっ子達の多くはこういったマーケットに立ち寄り、お肉などを大量に買って帰るのです。

その2階には食堂が並びます。
1階で仕入れた食材で料理を作るんです。

01063892-0979-4b88-9bae-b6a2828e2e13多くのお肉屋さんが並びますが、値段は大体同じです。
とっても美味しそうな牛の太もものお肉などや、フィリピン料理の定番ボラロ(BULALO)用のお肉など様々なお肉が売られていますが、1㎏200ペソ(約413円)と言っていました。
マニラっ子によるとマニラでは2倍の値段がするそうです。
503594d3-bd68-4b40-9498-ad2eed433e01そして、ここのお肉はとても新鮮なのだとか。
朝一番に来ると切り分けたお肉がまだ動いていることもあるそう。

いや、それはそれでみたくない気もしますが・・・

また以前バギオに住んでいるときに、家の庭先で豚を絞めて解体しているところを見たことがあります。その時はカルチャーショックを受けたものですが、今ではすっかり慣れてしましました。

初めてレチョン(子豚の丸焼き)を見た時も、そのレチョンを切り分ける時も残酷な気がしたり怖い気がしたもんですが、今では順番待ちの列に並んでます。笑

人間の慣れって怖いものですね。

16f3fd20-9c61-4a5a-9a74-8f96f2d22bf1こちらはお肉屋さんの2階にある食堂。
多くのお店が連なります。

しかし今回はこのマーケットのこの多くの食堂の中でもボラロ(BULALO)を目当てにやってきました。しかも、ここに来る前に昼食は食べています。
けど、ここのボラロは美味しいからってことでやってきました。

いや、フィリピンの人ってよく食べるんです。
いつも何か食べてるってくらいです。
朝ごはんにルガウ(LUGAW – フィリピンのお粥)を食べて、しばらくしたらパンを食べて、お昼ご飯を食べたと思ったら、3時のおやつに何か食べて、そして夕方に17時頃にまた何か食べて、ちゃんと夕食も食べる。
ちょっと言い過ぎに聞こえるかもしれませんが、ホントにいつも何か食べてる感じです。

国民性として、食べることに大いに喜びを感じるようです。
いや、人間の三大欲望の一つであるので、私にもそれは分かります。
しかし、とにかく食べすぎです。笑
フィリピンの人は男性も女性もかっぷくのいい方が多いですが、おそらくこれが理由です。

1ff931ce-6e69-4cb1-8636-70096954e62f目的のボラロ屋さんに到着しました。
てっきりボラロのみしか置いていないのかと思いきや、肉や魚などが売っています。
そして、当然のごとくボラロ(350ペソ約725円)を注文しました。
f0af01a4-21f8-4498-9361-914dd258defc実はこれが、予想以上に量が多かった。
これとともにライスも注文するから、軽く4~5人前となります。
にもかかわらず、タール湖でとれたタウィリス(TAWILIS – 小魚の一種)の素揚げも頼むもんだから、当然食べきれるはずもなく、しっかりプラスティックバッグ(日本ではスーパーのレジの後にあるロール状のビニール袋)を貰い、小分けにして詰めてもらいました。
フィリピンでは液体も平気でプラスティックバッグに入れます。
サリサリストアでは瓶入りのジュースをビニール袋に入れてストローを注します。
これは瓶の口部分などが清潔ではないからと教えてくれましたが、真相は如何に。笑
cbb2ba3a-90e9-48b1-bea5-4056136c84a2まあ、とにかく食べ過ぎた一日ではありましたが、タガイタイではお天気にも恵まれ、美味しいボラロやタウィリスを頂き満足の一日でした。
タガイタイはマニラからの比較的短時間で行ける観光地となっているため、多くの人が訪れます。
またタガイタイにはタール湖の他にもこういったブコパイやフルーツ、バカ(牛肉)の肉など美味しいものもたくさんあります。
マニラからタガイタイに足を運んでどうぞ楽しんでください。

基本情報

TAGAYTAY MAHOGANY BEEF & BULALOHAN
住所:Mahogany Ave, Tagaytay, Cavite

(SHIN)

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA