神秘の「火の島」シキホール島 (2) 行き方

106

神秘の「火の島」シキホール島

シキホール島はボホール海の西の端にあり、ビサヤ諸島とミンダナオ島の大きな島々とマングローブや珊瑚礁に囲まれた小島です。
シキホール島はそれほど大きな島ではありませんが、大きな驚きを提供する島です。
スペインが統治を開始した最初の地方で、シキホールはその歴史と文化に深く根ざしたローマカトリックを持っています。そのため多くの宗教的な古い建物が残っています。

スペイン統治時代の初期頃「イスラ・デ・フエゴ/ Isla de Fuego = 火の島」と呼ばれていたシキホールは、1971年に独立した州になるまで、東ネグロス州の町でした。
今は中央ビサヤに属し、フィリピンで3番目に小さい州で、島の総面積は343.5平方キロメートルです。

シキホール島が「火の島」と呼ばれるのは、スペインの植民地化が始まった後、この島では夜になると不気味な光がちらつくためスペイン人から「火の島 / イスラ・デ・フエゴ」と呼ばれたのが始まりです。これは、大量の蛍が大きな木の周りに集まり光ったことが要因でした。

また、シキホール島は神秘的な島「白魔術」や「黒魔術」の島として有名です。
これはキリスト教が普及し始めた後、キリスト教と旧来の宗教が融合した「魔術」が流行し、薬草などを調合して呪力を高めるという多くの魔術師や心霊療法師、民間療法師がいたからです。

現在のシキホールは、その自然の美しさと独特の魅力により、中央ビサヤの観光客のホットスポットに急速になりつつあります。
白い砂浜、100年前の教会、素晴らしいダイビングスポット、美しい滝、その他の自然の驚異は、シキホール島の神秘の「魔術」の他に人々を魅了し続ける魅力の1つです。
1978年には、島全体が海洋保護区および観光ゾーンに指定されました。以来多くの人が、多くの洞窟、泉、川、島の最高峰バンディラン山、そして美しいホワイトビーチに魅了されています。

小さいながらも豊かな島、シキホールは自然の美しさと神秘の魅力があり、旅行で行くには理想的な島です。
シキホールという神秘的な楽園の魅力をぜひ体験してください。

 

 

シキホール島への行き方

シキホールには空港はありません。
東ネグロス州のドゥマゲテ市にあるのが最寄りの空港となりますが、ドゥマゲテ市からシキホール島へのアクセスは簡単です。

マニラから

Philippine Airlines

マニラから行く場合には、まず最初に航空機でドゥマゲテ空港またはマクタンセブ空港行く必要があります。
この2つの空港では、ドゥマゲテ空港の方が速く、安く、そして移動が簡単です。

  1. まず航空機でドゥマゲテ空港に行く。
    マニラ空港からドゥマゲテ空港までは、フィリピン航空とセブパシフィック航空が運航していて、所要時間は約1.5時間です。
  2. ドゥマゲテ空港から、トライシクルでドゥマゲテ港(大通りの近く)まで行く。所要時間は15〜30分程度、運賃は200ペソ前後(約435円)。
  3. ドゥマゲテ港でチケットを購入し、シキホール島行きのフェリーに乗ります。所要時間は約1時間。運賃は行き先の港、クラスなどにより変動しますが、136ペソ(約300円)から360ペソ(約780円)です。
    このルートには複数の船会社が2時間毎に1便ほど運航しています。ただし、土日や祝日は便数が減る場合があります。
    また、ドゥマゲテ港ターミナル料金25ペソ(約55円)を支払う必要があります。

 

セブから

MyBus Cebu

セブからシキホールを訪れたい場合は、次の方法でアクセスできます。

  1. セブ市にある南バスターミナル(South Bus Terminal)に向かいます。
    マクタンセブ空港から出発する場合は、国内線ターミナルの外にあるmyBusに乗ってSMシティセブ(SM City Cebu)に向かいます。
    マクタンセブ空港を出発するバスは、午前7時から午前11時まで30分ごと、午前11時から午後9時30分まで20分ごとです。運賃は25ペソ(約55円)。
    タクシー・グラブ(配車アプリ)などでも南バスターミナルまで行く場合、運賃は交通量にもよりますが概ね300ペソ(約650円)から500ペソ(約1,100円)程度でしょう。
  2. 南バスターミナルでは、セブ島の南端サンタンデルのリロアン港(Liloan Port)行きのバスに乗ります。所要時間は約4~5時間。運賃はエアコン付きバスで200ペソ程度(約435円)です。
  3. リロアン港では、ドゥマゲテ市の北側にあるシブラン(Sibulan)行きのフェリーに乗ります。所要時間約20〜25分。運賃(チケット)は50ペソ(約110円)+ ターミナル利用料10ペソ(約22円)+ 市町村への料金2ペソ(約5円)です。
  4. シブラン港(Sibulan Ferry Terminal)で、ジプニーまたはペディカブに使ってドゥマゲテ市内に向かいます。
    ジプニーの運賃は約12ペソ(約26円)ほどです。ペディカブは1名約10ペソ(約22円)ほどです。
  5. ドゥマゲテ市に着いたら、トライシクルでドゥマゲテ港まで行きます。運賃は約10ペソ(約22円)ほどです。
  6. ドゥマゲテ港ではチケットを購入し、シキホール島行きのフェリーに乗ります。所要時間は約1時間。運賃は行き先の港、クラスなどにより変動しますが、136ペソ(約300円)から360ペソ(約780円)です。
    このルートには複数の船舶会社が2時間毎に1便ほど運航しています。ただし、土日や祝日は便数が減る場合があります。
    また、ドゥマゲテ港ターミナル料金25ペソ(約55円)を支払う必要があります。

 

その他

Ocean Jet

 

セブ島モアルボアルからシキホールへの行き方

モアルボアルからセブ島の南端にあるサンタンデル(Santander)またはリロアン(Liloan)行きのバス、またはタクシーに乗ります。所要時間は1時間30分から2時間程度です。
フェリーは毎日午前10時に出発(搭乗開始は午前9時)、リロアンからシキホールのラレーナ港(Larena Pier)に向かいます。

 

セブ島オスロブからシキホールへの行き方

トライシクル、またはタクシーでサンタンデルのリロアン港まで行きます。オスロブからリロアン港は約20〜40分かかります。
フェリーは毎日午前10時に出発(搭乗開始は午前9時)、リロアンからシキホールのラレーナ港(Larena Pier)に向かいます。

 

ボホール島のパングラオからシキホールへの行き方

オーシャンジェットフェリー(OceanJet)は、ボホール島タグビララン港からシキホール島のラレーナまで毎日運航(午前10時20分出港)しています。
なおパングラオからタグビララン港までのトライシクルの料金は300ペソ(約650円)から500ペソ(約1,100円)程度です。

 

いかがでしょう。
神秘の島シキホール島。セブからも行ける美しい島で、近年観光人気が高まっています。
シキホール島には、神秘的な場所も多くありパワースポットとしても、インスタ映えのスポットも多くあります。

今回はシキホールへの行き方をご紹介しました。
次回はシキホールへ島内での移動方法をご紹介していきます。

 

 

Image source: https://commons.wikimedia.org