世界が注目のシャルガオ島の魅力 [第1弾] 最適な時期

113

世界が注目のシャルガオ島

コンデナスト・トラベラー(CNT/ Condé Nast Traveler’s)は、2020年のリーダーズチョイスアワード (2020 Readers’ Choice Awards)で、シャルガオ島がアジア部門の5位に選出されました。

コンデナスト・トラベラー社のコメントでは、フィリピンの南東、首都マニラから500マイルのところにあるシャルガオは、数十年前のバリのように感じられます。シャルガオはそのサイズが小さいため (バリの400万人と比較して、人口は20万人)、近年の開発の流入にもかかわらず、手付かずの遠隔地にあり、依然として比較的監視下にあります。上陸するとすぐに、島の手付かずの白いビーチ、ココナッツの森、エメラルドのマングローブの森、そしてこれまでに見た中で最も澄んだ水があります。

シャルガオへの旅行を計画し、多くの旅行者がフィリピンのこのサーフィンスポットに恋をしている理由を自分の目で確かめてください。
行くのに最適な時間、サーフィン以外のおすすめの観光スポットなどシャルガオ島について学びましょう。

今回は[第1弾]主にシャルガオ島がどういう島かをご案内します。

 

 

 

シャルガオ島とは


シャルガオ島はフィリピンのミンダナオ島の北東部に存在する島で、マニラの南西800kmほどの位置にあり島の面積はおおよそ437平方キロメートル。
北スリガオ州に属し、ブルゴス、ダパ、デル・カルメン、ジェネラル・ルナ、サン・ベニート、ピラル、サン・イシドロ、サンタ・モニカ、ソコロの9自治体からなります。

島の海岸線は連なった珊瑚礁に囲まれており、周辺にはココヤシなどの生えるいくつかの小島も存在しています。
珊瑚礁の発達した東部には200mほどの広さの白い砂浜が広がっていて、デルカルメンにはミンダナオ島周辺でも最大のマングローブの森があります。
長く伸びた湿地帯で、商業的な海藻普及も期待されています。

シャルガオ島の太平洋岸はフィリピン海溝の端に位置しており、非常に深い海域によって常に海のうねりが生み出されており、これは珊瑚礁や岩礁に遭遇しても弱めらません。
このため、シャルガオ島はサーフィンの好適地となっており、特に沖合いで卓越風が吹く南西季節風ハバガット(habagat)の時期である8月から11月に顕著となっています。

シャルガオ島で最もよく知られたサーフィンの波の一つは、中空の巻き波「Cloud9」で、波の厚さで世界的に定評があります。
シャルガオ島では右に旋回する巻き波で、サーフィンの一大名所となっており、北スリガオ州が後援者となって国内外を含めたサーフィン大会のシャルガオ杯の開催地になっています。

またCloud9には多くの安価な宿泊施設、食堂、酒場などが選択可能で、サーファーにとって比較的安価であることも評判の一つです。

 

フィリピン屈指のサーフィンスポット


ミンダナオ島の北東海岸にある涙の形をした小さな島シャルガオは、フィリピンのサーフィンの首都として知られています。
2019年、シャルガオはコンデナストトラベラーの読者から世界で最も優れた島に選ばれました。

シャルガオ島のサーフィンスポットの1つである「クラウド9」は、のんびりとした島が海外旅行者の注目を集めた理由です。
サーファー以外の人にとっても、シャルガオはまた休暇に最適な場所です。

白い砂浜、絵のように美しい島々、シュノーケリングやダイビングに最適なターコイズブルーの海、滝、ラグーン、洞窟があります。
島はまた、すべての人々へのおいしい郷土料理と各国料理を誇っています。

旅行者は、多くの人はサーフスポットのためにジェネラル ルナに滞在しますが、スグバラグーン (Sugba Lagoon) の人気が高まりデルカルメン (Del Carmen) への滞在も増えています。

究極の休暇を計画するときに知っておく必要があるすべてのことについて、このシャルガオ旅行ガイドをブックマークしてください。

 

シャルガオへの最適な時期


シャルガオ島への旅行を計画するのに最適な時期は、サーフィン、島、ビーチでのんびりするなど、目的によって異なります。
シャルガオ島への旅行の主な議題がサーフィンである場合は、7月から11月の間に旅行を計画してください。

これらの月は、シャルガオのサーフィンのピークシーズンです。
サーファー以外の人にとっては、3月から9月までのいつでも理想的です。この時期は晴れているので水が澄んでいます。

 

サーフィンシーズン / 7月~11月

この季節は波のうねりと風の状態はあなたのサーフィンに最適な波を与えるでしょう。

毎年恒例のシャルガオ国際サーフィンカップも毎年9月に開催されます。
最高のスポーツ選手が競い合うのを見たい人には最適なイベントの一つです。

 

サマーシーズン / 3月~9月

シャルガオはサーフィンだけではありません。
大きな波のほかに、シャルガオには美しいビーチや小島があり、ビーチ愛好家なら誰もが満足いくのではないでしょうか。

シャルガオで水泳やアイランドホッピングなどをしたい場合は、3月から9月が理想的な月です。
これらの月は降雨量が最も少ないので、あらゆるウォーターアクティビティを十分に楽しむことができます。

 

気候と天気

シャルガオの気温は年間を通じてほとんど変化しません。
一年で最も暑い月である5月の平均最高気温は32°C、最低気温は26°Cです。
一方、1月は一年で最も寒い月で、平均最低気温は24°C、最高気温は29°Cです。

シャルガオでは一年中雨が降ります。
ただし、5月は雨が最も少なく、3月から9月は雨が降る可能性が最も低くなります。
一方、1月が最も雨が多く、11月から1月が降水確率が最も高い月です。

 

シャルガオでは何を着ればいい?

暑い季節には、暑くて湿度が高くなる可能性があるため、軽くて快適な服を着ることをお勧めします。
さらに、日焼け止め、水着、ラッシュガード、シャツ、ショートパンツ、スリッパ、シェードやゴーグルなどのアイウェア、タオル、帽子などのビーチ用品を持参してください。

また季節を問わず、傘は必ずご持参ください。
予期せぬ雨のほか、灼熱の太陽の熱を防ぐのにも役立ちます。

 

いかがでしょうか。
今回はシヤルガオ島の概要に関してシェアしました。
シヤルガオがどんな島かだいたいわかっていただけましたでしょうか。

次回は、シヤルガオ島への行き方についてシェアします。

 

Image source: https://commons.wikimedia.org
I referred to the article “https://guidetothephilippines.ph/