【雲海】一度は見てみたい!ボホール島で見られる絶景スポット♪

285
天候や時間、気象条件などいくつかの条件が揃わないと見ることのできない「雲海」。
必ずしも見ることができるとは限らないため、見ることができた時は感動もひとしお!

そんな神秘的な雲海を見られるスポットがボホール島にありました。今回は奇跡の絶景「SEA OF CLOUDS(シーオブクラウズ)」についてご紹介します!
7cb24d47-fef1-472c-b8c3-9c0c9d6e06d6
山や飛行機など高度の高い場所から下を見ると雲が海のように拡がっている様子を見たことがある方も多いかと思います。これを「雲海」と呼び、英語では「SEA OF CLOUDS(シーオブザクラウズ)」と言います。山々がまるで島のように雲から頭を出している様子からこのように呼ばれるようになりました。雲海は放射冷却などいくつかの条件が揃って初めて発生する自然現象です。
場所はボホール島の中部「ダナオ」という場所にあります。有名なチョコレートヒルズからは車で一時間ほどの距離にあります。
ボホール島の雲海は朝の条件が揃った場合、朝の7時ごろまで見ることが出来ます。峠道を車で登っていきますが、その道中は既に雲の中を通るため、なんとも不思議な光景が広がります。
fca4dcbd-d3e7-4fc6-9e65-720b487afb77
車から下車したあと、5分ほど山道を登ります。いい運動程度の道なので、本格的な準備は不要です。また、ボホール島は朝方もそこまで冷え込まないので、上に少し羽織るものがあれば十分でした。
81c094ae-184d-4ecd-84b5-f7c507fe69b8
そして、こちらがポイントから見た風景です。山々に溜まった雲がまるで海のように広がっています。なんとも不思議な光景が広がっています。
ちなみにこの「雲海」いつも見ることができるわけではありません。
下記の条件と原理がマッチしたとき、はじめて現れる貴重な現象なんですよ?
【雲海の発生原理4つのステップ】
1.放射冷却などで地面が冷える
2.地面付近の水蒸気を含む空気が冷える
3.無風で冷えた空気が溜まる
4.空気中の水分が飽和状態を通り越して霧ができる

【雲海の発生条件5つ】
1.時間帯:夜明け前~早朝
2.気象:湿度が高い・放射冷却がある・無風状態・快晴
3.気温:前夜の気温と次の日の早朝の気温に差がある
4.場所:山間部や盆地

9bfc34b1-224b-473c-bdd0-49667eb74328
本格的な雲海は気象状況や季節,時間などが合わないと見られないレア現象。だからこそ見られたときの感動はとても大きいです。行きたいスポットが見つかったら早速セブ島旅行の計画に組み込んでみてはいかがですか?
(REON)
前の記事コスパ最強!ショッピングモールにも近い格安ホテル【キャッスルピーク(castle peak hotel)】
次の記事セブ島でおもちゃを買うならここ!SMモール内にある人気のおもちゃ屋さん
学生時代に語学留学のためにセブ島を初めて訪れ、その後、バックパッカーとして世界各国を訪れた際に、発展途上国の活気と成長性に魅了され、将来は発展途上国で働くことを決意。大学卒業後はビジネスの基礎を築くために、一度日本のコンサルティング会社に入社。2016年に退社し、現在はセブ島の現地旅行会社でツアーコーディネーターとしてセブ島の魅力を広げる活動に従事。 バイク、車、カジノ、アウトレジャーなど基本的に男の子が好む遊びが大好きです!週末はバイクでセブ島内をツーリングするなど、仕事・プライベートと充実した日々を送っています!生きる上でのモチベーションは毎年セブ島で開催されるトライアスロンの大会(アイアンマン)に参加することで、毎日トレーニング中です。朝・晩、マクタン島内で走っているフィリピン人風の日本人を見かけた際はぜひ話しかけてください。笑

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA