フィリピンの国旗にはこんな意味があった!?

72

いきなりですがみなさんフィリピンの国旗を見たことがありますか?

現在のフィリピンの国旗はこちらです。最近ではフィリピンの特集が組まれている番組も増えてきてるので目にしたことがある方も多いはず。

実はこのフィリピンの国旗には多くの意味が込められているんです!

フィリピン国旗の色に隠された意味とは?

各国に1つは国旗がありますが多くのものがカラフルな色の物が多いですよね。

ここフィリピンの国旗には

太陽、星、青色、赤色、白色が使われています。

この色々にも意味が込められているって知ってましたか?

白   平等・友愛

青   平和・正義・真実

赤   愛国心・勇気

の意味があるんです。日本の国旗はめでたいものとされている紅白でできていて、

赤は博愛と活力、白は神聖と純潔を意味するとも言われていますよね。

太陽、星のマークにも意味があります!

フィリピンが年中暑い国だから太陽のマークが国旗に使われているというわけではないんです。

太陽から出ている8本の太陽の光線は、スペインの植民地時代に政府に対抗した8つの州を表しています。

(マニラ・カビテ・バタンガス・ブラカン・ラグナ・パンパンガ・タラク・ヌエバエシジャ)

その太陽の周りにある星はフィリピンの主な島のルソン・ビサヤ・ミンダナオを表しています。

マニラがあるのがルソン島でセブ島があるのはビサヤ諸島です。

因みに、フィリピンの国旗はこれまでに12回もデザインが変わっているんです。

その背景には「戦争」「植民地時代」「独立」等のできごとがありました。

たくさんの複雑な時代を乗り越えてきたからこそ、フィリピンの人たちは陽気で明るい人が多いのかもしれませんね。

まとめ

今回のフィリピン豆知識いかがでしたでしょうか?

フィリピンの歴史や文化を知ることで、フィリピンの見え方が変わってくるのではないでしょうか。

また知ってるようで知らないフィリピンプチ情報を、ご紹介しようと思います!