フィリピンのトイレ事情[注意点]

167

フィリピンのトイレ

観光などでも海外に行ってどうしても使わなくてはいけないトイレ。

フィリピンでもトイレは使うと思いますが、いろいろと日本とのギャップに驚く方も多いと思います。

今回はそのギャップと使い方や注意するべきことをご紹介致します!

日本のトイレとの違い

トイレットペーパーがない

まずはトイレットペーパーがトイレにないことが多いこと。

日本ではどこのトイレを使っても必ずといっていい程トイレットペーパーは補充されています。

フィリピンでは当たり前のようにトイレットペーパーがないです。笑

その為現地の人もトイレットペーパーを持ち歩いています。

フィリピンではペーパーの芯がないティッシュも売ってます!

コンビニでも買えるので是非持ち歩くようにしましょう!

トイレットペーパーは流せない

フィリピンではトイレットペーパーはどこも流せないところが多いです。高級ホテルでも流さないで下さいの表記があります。

下水道がかなり細いようで、日本のように普通にペーパーを流す習慣がなく、近くにあるボックスなどにティッシュは捨てます。

ペーパーを流すと後々大変なことになるので気を付けましょう!

観光客がよく行く島のトイレはいつも詰まってしまっていて大変なことになってしまっています。

用が済んだらバケツの水で流す

日本ではレバーを捻ったりボタンを押したりすればすぐに流れてくれますよね!

フィリピンでは流すボタンやレバーがない所があります。

そもそもタンクがないです。

そんな所には近くに水が溜まった大きなバケツと手桶などが用意されていると思います。

手桶で水をくみ、勢いよくトイレに流してみて下さい!

すると上手く流れます!

勢いよく流すと上手く流れます!笑

便座がない

これまたびっくり。

便座がないところが本当に多いです。

便座がないトイレに座るのはかなり抵抗がありますよね?

筆者も空中座りして用を済ませていました。

きっと誰もが気になるこの日本とのギャップ、是非使い捨ての便座カバーを使いましょう。

日本でももちろん販売していますが、フィリピンでも購入可能です!スーパーやコンビニでも見かけますのでお出掛け前に手に入れておきましょう!!

その他

その他にも気にすればする程日本との違いはあります。

床が濡れていたり、鍵が壊れて閉まらなかったり。

準備しておける物は準備してからお出掛けすると安心です。

まとめ

日本との違いがたくさんあるフィリピンのトイレ。

これだけが原因でフィリピンに行くのを止めたり、気にしすぎて出掛けられなかったりするのは勿体ない!

あらかじめ準備して、使い方を気を付ければ大丈夫!

是非参考にしてみてください!

(SHIORI)