《オランゴ島の行き方》マクタン島から足を延ばし神秘的な島へ!

31

フィリピンは世界で2番目に多く、《7,107》の島が存在すると言われております。

大小様々な島があり、マニラのような大都市から、まだ手付かずの自然たっぷりな島など、
それぞれの島に異なる個性的な魅力がございます!
その為、セブ島へ長期滞在や旅行で訪れた際は、セブ市内やマクタン島の
定番の観光スポットみではなく、是非船で行ける近くの島へ行っていただきたいです🏝

しかしながら、ローカルの港で英語で記載されている事が多いので、
行き方が分からず、無事にたどりつけるか不安になるかと思います…

そこで今回は高級リゾートホテルが多くある、観光客に大人気なマクタン島から、
たった15分で行ける《オランゴ島》の行き方を詳しく紹介したいと思います!
これからセブ島へ行く予定の方、セブ島で留学中の方は必見です!

 

オランゴ島とは?

マクタン島やセブ市内に比べると、現在もまだ発展していない自然豊かな小さな島です。
自転車レンタルやバイクレンタルもあり、とても小さい島なので1日で島1週する事も可能です!
バードウォッチングも有名で、日本ではあまり見る事の出来ない珍しい鳥を見れる事も…♡

低価格でデイユーズ(日帰り利用)も出来る綺麗なリゾートホテルも何件かございますので、
デイユーズ目的でゆっくり過ごすのもオススメです。

 

出発する港の位置

マクタン島のリゾートホテルが立ち並ぶ「プンタ・エンガーニョ」というエリアにある、
「ヒルトンポート (Hilton Port)」からオランゴ行きの船は出ています。

タクシー運転手には「ヒルトンポート」と伝えると、すぐに伝わるかと思います。
有名な「モーベンピックホテル(Mövenpick Hotels & Resorts)」の隣にございます。

 

チケットを購入

オレンジ色のチケットカウンターがございますので、そこからオランゴ行きのチケットを購入します!

オランゴ島までのチケットのお値段はなんと15ペソ(約30円)!!
日本で30円で船へ乗船できるなんて、考えられないですよね!驚きの安さです。

30分に1回のペースで船は出発しておりますが、時間通りには来ない事が多いです…笑
売店等がある快適な待合室がございますので、そこで待ちます。
出発の合図や呼び出しはないので、注意です!他の方達が動き始めたら、ついていきましょう!

 

乗船!!

約20~30人程が乗れる大きさのバンカーボートで向かいます!
観光客の他にもセブ島で採れた野菜やフルーツ、生活物資を運ぶ業者の方も多く乗船しておりました。

 

到着

約15分程でオランゴ島へ到着致しました!
向かっている最中も風をあびながら、綺麗な海を見る事が出来き、
南国の雰囲気を味わえるので、とても15ペソとは思えない移動手段でした。

オランゴ島での楽しみ方はまた別の記事で紹介したいと思います!!
とても簡単に行くことが出来るので、是非1度は行って行きたいです。
行き方も参考にしていただけますと幸いです♪

〈SORA〉