フィリピンの素晴らしいダイビングスポット10選 その(2) バリカサグ島 ボホール

94

フィリピンで最も素晴らしいダイビングスポットベスト10

フィリピンの豊かな海洋生物と生態系を体験してください。
フィリピンの最高のダイビングスポットと、そこで見ることができるユニークな海洋生物や観光スポットをご紹介します。

フィリピンには、7,641を超える見事な島々とさらに美しいビーチがあり、特にボラカイやパラワンなど世界で最高とされ、セブやシャルガオなどは世界ランキング上位の常連です。
またフィリピンでのダイビングは、殿様ダイブやお姫様ダイブなどと呼ばれ、至れり尽くせりなことも魅力の一つです。

しかし、フィリピンには、その楽園のような島々やビーチの海の下に、さらに多くのものがあります。
本当の魅力はその海の下にある美しさです。

フィリピンは、WWF(世界自然保護基金)が定める太平洋の海域であるコーラルトライアングル(The Coral Triangle)の一部であり、海洋の生物多様性が豊富なため、アマゾンオブザシー(the Amazon of the Sea)とされています。
WWF Website ⇒ https://wwf.panda.org/knowledge_hub/where_we_work/coraltriangle/coraltrianglefacts/

フィリピンでのダイビングでは、セブでオナガザメと一緒に泳いだり、パラワンで第二次世界大戦の難破船やジュゴンを探索したり、プエルトプリンセサでユネスコの世界遺産を発見したりするなど、素晴らしい光景や体験を楽しめます。

 

 

2. バリカサグ島 ボホール / Balicasag Island, Bohol

ボホールに行くならバリカサグはすぐ

Balicasag Island

ボホール南部のパングラオ島の南西近くにあるバリカサグ島でのダイビングは必見です。
パングラオ島からのボートを手配して、バリカサグ島に行く必要があります。
美しい海と砂浜あがあるためビーチに行くだけでも、スキューバダイビングに行くだけ大丈夫です。

海洋保護区であるバリカサグ島の大きさは直径約600メートルです。
その周りには、200メートルを深さを強調するかのようにバリカサグ海洋保護区を含む5つの美しいダイビングスポットがあります。

 

マクロ天国

巨大な海中の壁は、マクロ写真家が楽しむであろう小さな海洋生物でいっぱいです。

またその壁に沿って巨大なアジ(Jacks)の群れがいます。群れが30メートルほどの垂直の渦のように配置されることもあります。
バラクーダ(カマス/Barracudas)の群れもいます。

特に季節によっては20〜30メートルも離れても見えるほどの透明度を誇り、驚くほどの可視性を経験するのに最適な場所です。

最も人気のあるダイビングサイトの一つであるThe Black Forest (黒い森)は、素晴らしい黒い珊瑚が豊富にあることからその名前が付けられました。
それは40メートルの深さで、アジとバラクーダの群れがシェアしています。

 

イルカにも会えるかも

Image of Dolphins

イルカも見ることができるので、可能ならイルカを見ながらボホール島の美しい島々を見ればいい思い出になるでしょう。

タートルポイントは、その名の通りダイビングができるスポットでフレンドリーなウミガメの数が最も多いところです。

また、この場所には、テクニカルダイバーが入ることができる深さ60〜75メートルの洞窟もあります。

他の3つのダイビングスポットには、The Royal Garden(ロイヤルガーデン/ 平均水深18メートル)、Diver’s Haven(ダイバーズヘブン)、The Cathedral wall(大聖堂の壁)があります。

これらはすべて、美しいソフトコーラルとハードコーラルやウミガメと、さまざまな種類の魚を豊富に生息しているエリアです。

どの生き物にも常にゆっくりとアプローチして、害がないことを示し、海洋生物やそれらのいずれにも触れないようにしてください。

 

 

いかがでしょうか。

そもそもフィリピンはダイビング天国と言われています。
一年中温暖な気候、海流にも恵まれ、豊富に育ったサンゴ礁群やそれらが好影響を与えている海洋生物たち。

殿様ダイブやお姫様ダイブと呼ばれ、至れり尽くせりのダイビングが楽しめます。
しかし、フィリピンダイビングの本当の魅力はどこの海で潜っても素晴らしい景色が待っていることです。

今回は、セブからも行きやすいボホール島の近くにあるバリカサグ島をご紹介しました。
ダイビングとしては、とても有名な場所なだけでなく、ビーチとしてもとても美しい島です

 

SHIN

 

Image&video source : https://philippines.travel/https://commons.wikimedia.org