2018年11月30日 更新

世界貿易センターで開催された旅行博。最近はフィリピンから海外に行く人も多い

先日、マニラの世界貿易センターで開催された旅行博に行きました。 こちらの入場料は1人100ペソ(約216円)と、フィリピンの方にとっては決して安くない価格なのですが、そんな料金なんてなんのその。多くの人々で賑わっていました。 ちょっとその様子をお伝えしたいと思います。

旅行博 in MANILA

先日、マニラの世界貿易センターで開催された旅行博に行きました。

こちらの入場料は1人100ペソ(約216円)と、フィリピンの方にとっては決して安くない価格なのですが、そんな料金なんてなんのその。多くの人々で賑わっていました。

ちょっとその様子をお伝えしたいと思います。
 (10973)

フィリピンでは、入場料を支払うと腕にスタンプを押される事が多くあります。

これは日本でもよくある事なので、不思議ではないんですが、
日本のそれのように、ブラックライトで照らせば浮かび上がる!的なものではなく、
普通にスタンプ。なんなら油性のスタンプをがっつり腕に付けられます。

しかもそれは、簡単に消えるシロモノではありません。
ゴシゴシ石鹸でこすっても、なかなか消えてくれません。
しかしこれはフィリピンでは普通のこと。

フィリピンの選挙では、二重投票ができないように、選挙に行って投票した後に手の指にインクを付けられます。
それは油性スタンプレベルではなく、指の爪の間にがっつりインクが入り込むように付けられ、それは何日間も消えずに残っている。
これが普通なので、腕のスタンプごときのインクなんて気にしない。
 (10974)

こちらが内部の様子。
新幹線がありますが、Smart はフィリピンの携帯通信の企業。
速さの象徴として日本の新幹線が使われているのでしょうか。

その横に鳥居が見えます。
これはれっきとした日本のブースでした。
 (10980)

日本からは、北海道や鳥取県などからの出店がありました。

しかもそこには多くの人だかり。
フィリピンから日本へは、最近は旅行で訪れる人も少なくないようです。

日本へ働きに出るフィリピンの人もまだまだ多くいます。
そして、そこにはビザやパスポートの問題や、何より日本の受け入れ態勢の問題などが多数。

しかし、少子高齢化の問題を抱える日本。
平均年齢が20代と働き手が多いのに仕事が少ないフィリピン。
と大きく異なる環境にある両国。

完全な個人的主観で言うと、もっと日本側の受け入れ態勢と雇用問題をうまく稼働するようにすれば両国にとってお互いのメリットがあると思っています。
諸問題もあるので簡単にとはいかないとは思いますが、なんとかうまく進んでくれればいいなと思っています。
 (10976)

こちらは、フィリピン航空のブース。
やはり多くの人だかり。

北海道とフィリピンを結ぶ路線も新しく就航されるようで、多くの期待がされているのでしょうか。
 (10977)

日本航空のブースもありました。

近年、ドゥテルテ大統領の指導のもと大きな変化をしているフィリピン。
何より以前より格段に治安が良くなり、旅行者にもより安心して楽しめるようになったと言われています。
フィリピンから日本へ行く人もそうですが、多くの日本人にフィリピンに訪れて欲しいものです。
 (10978)

こちらは、AirAsiaのブース。

この他にも、セブはもちろんのこと、今話題となっているボラカイ島や、今もなお人気の高いパラワン島、ボホール島など様々な旅行地のブースがありました。

こうして考えると、フィリピンで訪れる場所は多くあるんですよね。
ビーチリゾートとしては、日本からたった4時間ほどの距離で常夏。
都市圏人口が世界の上位に入るほどの経済都市に発展しているマニラがある一方、世界一に選ばれた事があるビーチも有し、世界遺産や手付かずの自然もある。

数えだせばキリがないほどの魅力があるフィリピン。
ぜひ多くの人にフィリピンの良さを味わってもらいたいです。


(SHIN)
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

フィリピンで本物の抹茶が楽しめる!? 京都は宇治の名店「辻利 -TSUJIRI-」

フィリピンで本物の抹茶が楽しめる!? 京都は宇治の名店「辻利 -TSUJIRI-」

本格的なお抹茶のご紹介です。 今回ご紹介するマニラはコンラッドホテルにあるTSUJIRIの本店は京都の辻利から独立した「辻利茶舗」で九州小倉にあります。 京都の辻利を含めれば、その歴史は江戸時代まで遡り、明治・大正・昭和とそれぞれの時代の店主が味と伝統を守りながら今に至ります。海外支店としては平成22年に台湾に、平成24年にはシンガポールに平成25年には上海にそれぞれ進出し、そして満を持して今回マニラにもオープンしました。 マニラのTSUJIRIはコンラッドホテルの2階、Sメゾンショッピングモールの2階にあります。このモールにはお好み焼き千房、うま馬ラーメンなど日本の有名レストランが出店しており、毎日フィリピン人客で繁盛しています。
SHIN | 127 view
フィリピンへ中長期滞在の方におすすめ。ブリーズ コンドミニアム (Breeze Residences)の室内をご紹介。

フィリピンへ中長期滞在の方におすすめ。ブリーズ コンドミニアム (Breeze Residences)の室内をご紹介。

本コンドミニアムはマニラ湾沿いに位置し、世界三大夕日と言われるマニラ湾の夕日を望む部屋が数多くあります。 空港からスムーズに向かうことができれば、車で概ね20分程度となります。 本コンドミニアムには2つのプールがあり、居住者や宿泊者はそれらを利用することができます。
SHIN | 139 view
フィリピンで光るジャパンクオリティ ヤマハ発動機 YAMAHA motor Philippines!!

フィリピンで光るジャパンクオリティ ヤマハ発動機 YAMAHA motor Philippines!!

フィリピンで乗用車やバイクといえば、何と言っても日本メーカーです。フィリピンのバイクの新車販売台数のメーカー別のシェアは、ホンダ・フィリピンが43%、ヤマハ・モーター・フィリピンが26%。カワサキ・フィリピンが17%、スズキ・フィリピンが13%、台湾系キムコ(光陽工業)が1%だそうです。 さすがホンダと言いたいところですが、このシェアはトライシクルに使うベースのバイクがホンダ製が多いからだそうで、実際に自家用に買うスクーターなどはヤマハが一番人気だそうです。 確かにフィリピン地元の友達に聞くと、スポーツバイクのメーカーのイメージではない感じ。 スクーターを買うならヤマハだな。って言ってます。
SHIN | 1,060 view
フィリピンローカルのカラオケボックスに行ってみた!

フィリピンローカルのカラオケボックスに行ってみた!

フィリピンの人達は本当に音楽大好き! 街中の至る所からカラオケの歌声が聞こえてきます。 本当にびっくりするくらい上手な人から、そうでない人まで。 みんな歌が好きで堂々と歌います。 そんなフィリピンローカルの友達からカラオケ行こうよ。って誘われたからカラオケボックスに行ってみました。 正直、それぞれの家に備えてあるカラオケセットや、サリサリストアの奥にあるカラオケセットは知っていましたけど、カラオケボックス的な場所は初めてだったので興味津々です。
SHIN | 598 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SHIN SHIN