2018年4月13日 更新

フィリピンでタイ料理!? Sen Lek Thai Noodle

フィリピンにタイ料理のお店があります。いや、別におかしいことはないですけれど。店の名前は Sen Lek Thai。私がいつも行くのはMALL of ASIA(通称MOA)の近く。MOA Sea Residencesの1階にあります。なんでフィリピンに住んでるのにタイ料理なの?それは、ここが美味しくて、しかも夜遅くまで開いていて便利だからです。

フィリピンでタイ料理!?

はい!そうなんです。
フィリピンにタイ料理のお店があります。
いや、別におかしいことはないですけれど。

店の名前は Sen Lek Thai。
私がいつも行くのはMALL of ASIA(通称MOA)の近く。
MOA Sea Residencesの1階にあります。
 (5879)

なんでフィリピンに住んでるのにタイ料理なの?
それは、ここが美味しくて、しかも夜遅くまで開いていて便利だからです。

このお店チェーン展開していて、メトロマニラ内の他の地域でも数店舗あります。
私は決まってこのお店。

だって行きつけの店って楽じゃないですか?
何かと便利だし店員さんとも仲良くなって会話が弾み楽しいじゃないですか。
私はそう思っています。
 (5880)

ちなみに、このレジの男の子のお母さんは、現在大阪のラーメン屋さんで働いているそうです。

またレジのメンバーも入れ替わりで数人いて、毎回私のメニューを決めてもらっています。
『一昨日はこれだったから、今日はあれにしてみたら』な感じです。
そりゃ週に2回ほど行くこのお店だったら、いつ何を食べたか把握されます笑
 (5881)

こちらが厨房。
厨房の前にカウンターがあって、厨房とはガラス越しなんです。
だから、みんな私を覚えてくれていて、毎回少し何かおまけをしてくれます。
先日は、従業員まかない用のボラロ(豚肉の煮物)を分けてくれました。

そして、ガラス越しに目が合うと、お互い気まずいながらも必ず笑顔で会釈をしてくれます。
 (5882)

こちらがメニュー。
私は既に1周以上していますが、味は全体的に美味しいです。

また、この他にもメニューがあってそちらから選ぶこともできます。
裏メニューとまでは言わないまでも、大盛やメニューにないプレーンライス、替え玉などの要望には応えてくれます笑

皆さんも行きつけとまではいかないまでも、エキサイトセブでおススメのお店はチェックしてみてください。ほとんどが自分の感じたことを記事としています。
行けば店の雰囲気が分かってとても面白いですよ。

基本情報

Sen Lek Thai Noodle
営業時間: 7:00AM〜翌2:00
住所: Ground floor Sea residences Sunrise drive cor. Pearl Road,
Mall of Asia Complex, CBP-1A, Pasay City



(SHIN)
13 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

マニラで海釣り!マニラから車で3時間で行けるフィッシング!

マニラで海釣り!マニラから車で3時間で行けるフィッシング!

マニラ駐在の日本人の方のご利用も多い釣りをご紹介します。 今回の釣りスポットはアニラオ。 アニラオと言えば、マニラから日帰りで行けるダイビングスポット。 しかもダイビングスポットとしてのアニラオは、マクロ派と呼ばれる小さめの熱帯魚や生き物、サンゴなどを目的とした撮影を好むダイバー達にはとても有名なところ。 特に欧米のマクロ派には有名なようです。 今回はそのスポットで釣りをしてみたいと思います。
SHIN | 30 view
ローカル感たっぷりな年越し!? オカマちゃん(バクラ)と過ごすことになったフィリピンローカルの年越し

ローカル感たっぷりな年越し!? オカマちゃん(バクラ)と過ごすことになったフィリピンローカルの年越し

私が数回過ごしたフィリピンのお正月のなかで、今回はローカルの友達の家に年越しを過ごすのにお呼ばれされて行ってきたので、その様子をご紹介します。 場所はメトロマニラ内のラスピニャス(Las pinas)。マニラベイエリア辺りから車で30分〜1時間程度のところにある都会からは少し離れた一般的な家庭が集まるエリア。 アラバン(Alabang)に近いエリアです。 特にお金持ちの住宅地って訳ではなく、本当に一般的な家庭の集まりです。 皆さまご存知のように、フィリピンでは年越しの際に大きな音を鳴らして邪気を払うという風習があり、それに伴い年越しには大きな花火が至る所で上がります。 またそれに飽き足らず各家庭や、特に若者などは自分たちで花火や爆竹を大量に買い込み、年越しにそれらを使い、大きな音を出して邪気を払い、新年を祝います。
SHIN | 70 view
世界貿易センターで開催された旅行博。最近はフィリピンから海外に行く人も多い

世界貿易センターで開催された旅行博。最近はフィリピンから海外に行く人も多い

先日、マニラの世界貿易センターで開催された旅行博に行きました。 こちらの入場料は1人100ペソ(約216円)と、フィリピンの方にとっては決して安くない価格なのですが、そんな料金なんてなんのその。多くの人々で賑わっていました。 ちょっとその様子をお伝えしたいと思います。
SHIN | 46 view
フィリピンの激安美味しいデリバリーピザ「alberto's」

フィリピンの激安美味しいデリバリーピザ「alberto's」

日本でもピザのデリバリーはよく使うと重いますが、フィリピンでもデリバリー料金無料で激安の美味しいピザが楽しめますっ!今回はフィリピン人も愛するそんな alberto'sのピザをデリバリーしてみたのでご紹介します!!
SHIORI | 148 view
フィリピンでのハロウィンはこんな感じです。日本人宿泊客の多いニューワールドマニラベイのパーティに参加しました。

フィリピンでのハロウィンはこんな感じです。日本人宿泊客の多いニューワールドマニラベイのパーティに参加しました。

そもそもハロウィンとは、収穫祭の時期に出てくる魔女や悪霊などから身を守るために、仮装して魔除けの焚き火をしていたのが始まりのようです。 その流れがカボチャのジャック・オー・ランタン(Jack-o'-lanternを作り、そして火を灯しているのです。 そして、魔女や悪霊に扮した子供達が、家々を周りお菓子をくれないといたずらをする。 これが現在に続くハロウィンの原型なのです。 しかし今では各地で数々の問題となっているようです。 日本でも、ハロウィンの日の渋谷あたりでは、仮装のみが主流となり、いたずらを超えたいたずらにまで発展しているようですね。 そもそもキリスト教とは関係がないと言われるハロウィン。 キリスト教徒の多いフィリピンではどうなのでしょう。
SHIN | 85 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SHIN SHIN