2018年11月16日 更新

フィリピンに古くからあるフィリピン中華って何? 中華料理? フィリピン料理? ローカルには有名なClassic SAVORY

実はフィリピンには、中国と昔から深い関係があります。 紀元前から中国との交易の伝承や出土品もあるようで、その後スペイン統治時代以前にもフィリピンとの交易があったとの文献が中国にも多数残っているようです。 それだけ、古い中国との歴史の中で、中国語由来としたフィリピン言語の経済用語も多く残っているようです。 そうした中で、もちろん中華料理を由来としたフィリピン料理も多くあります。 そのレストランがフィリピン系中華料理。

フィリピンで伝統の中華料理 Classic SAVORY

 (9618)

実はフィリピンには、中国と昔から深い関係があります。

紀元前から中国との交易の伝承や出土品もあるようで、その後スペイン統治時代以前にもフィリピンとの交易があったとの文献が中国にも多数残っているようです。

それだけ、古い中国との歴史の中で、中国語由来としたフィリピン言語の経済用語も多く残っているようです。

そうした中で、もちろん中華料理を由来としたフィリピン料理も多くあります。
そのレストランがフィリピン系中華料理。
 (9619)

店内には、中華料理に見受けられるような丸テーブルはありません。
なぜなら、ここは中華系フィリピン料理だから!(と思います)

このSAVORYはマニラ中に複数の店舗を持つ地元では有名なお店なんです。
 (9621)

出てきた料理はこんな感じです。
見るからに中華料理。

しかし、多くのフィリピン料理の中で普段から食べているものも多く並びます。
使っている食材にもフィリピン特有のものもあります。
バナナもそうです。
フィリピンにはトロンやバナナキューなど普段から食べていますよね。
中国料理には少ない食材です。
 (9622)

ルンピア(Lumpia 別名:シャンハイ)もその一つ。
街の露天にも多く売っています。

メニューを公開

 (9623)

基本情報

店名:Classic Savory
住所:1115 Roxas Blvd., Pasay City
営業時間:10:00〜20:00
(SHIN)
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

フィリピンで食べる中華料理はどう?本場の中国人が集まるゴールデンベイ Golden Bay

フィリピンで食べる中華料理はどう?本場の中国人が集まるゴールデンベイ Golden Bay

日本人にもお馴染みになった中華料理。 世界各国どこに行ってもある中華料理店。 もちろんマニラにもあります。 私は、色んな国に行くと必ずその国の料理を中心に食べるようにしています。 それはフィリピンに住んでいても同じこと。 しかし、日本に住んでいるからと行って、中華を食べない。イタリアンを食べない。なんてことはありません。よね? 私もそうです。 フィリピンに住んでいるからと行って、毎回絶対フィリピン料理しか食べない。と意地になっている訳ではありません笑
SHIN | 153 view
ローカル感を味わいたい人向けバクララン!なんでも安く揃うフィリピン庶民の台所第2弾!

ローカル感を味わいたい人向けバクララン!なんでも安く揃うフィリピン庶民の台所第2弾!

本日はマニラ在住の一般庶民の強い味方バクラランをご紹介します。 場所は、LRT-1 (Manila Light Rail Transit System - マニラ・ライトレール・トランシット)の始発駅であるバクララン駅(Baclaran station)から、ロハスブールバード(Roxas Boulevard)へ向かう道中に広がります。 土日になると、ロハス通りのサービスロードの一部が通行禁止となり、歩行者天国状態となります。そして、人でごった返します。
SHIN | 187 view
世界貿易センターで開催された旅行博。最近はフィリピンから海外に行く人も多い

世界貿易センターで開催された旅行博。最近はフィリピンから海外に行く人も多い

先日、マニラの世界貿易センターで開催された旅行博に行きました。 こちらの入場料は1人100ペソ(約216円)と、フィリピンの方にとっては決して安くない価格なのですが、そんな料金なんてなんのその。多くの人々で賑わっていました。 ちょっとその様子をお伝えしたいと思います。
SHIN | 32 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SHIN SHIN