2018年3月18日 更新

マニラのリトルトーキョーに行ってみた!!

マニラにあるリトルトーキョーに行ってみました。 リトルトーキョーといえば、アメリカはロサンゼルスにあるそれが有名ですが、 フィリピンの首都マニラにもあるんです。 所在地はマニラでも新しい街として有名なマカティ地区の東側に位置し、 マカティはフィリピンでは有名なアヤラ財閥が開発を手掛けたところ。 そのマカティ地区には多くの高層ビルが立ち並ぶフィリピン随一のビジネス街。

Littel Tokyo in MANILA

マニラにあるリトルトーキョーに行ってみました。

リトルトーキョーといえば、アメリカはロサンゼルスにあるそれが有名ですが、
フィリピンの首都マニラにもあるんです。

所在地はマニラでも新しい街として有名なマカティ地区の東側に位置し、
マカティはフィリピンでは有名なアヤラ財閥が開発を手掛けたところ。
そのマカティ地区には多くの高層ビルが立ち並ぶフィリピン随一のビジネス街。
 (5313)

そしてマカティに隣接するリトルトーキョーの中には、その名に恥じないほど多くの日本料理屋が並びます。

その一角に入る入り口には日本らしさの象徴なのか、鳥居が看板がわりになっています。
おそらく日本人にとって入り口に鳥居があるのは少し勘違い勘違いしそうな気がしないでもないですが、それはさておき、とっても日本らしいです。
 (5315)

そして、中に入ると通路脇には行灯あり提灯ありな感じで、更に日本らしさが増します。

取って付けた感はあるものの日本らしさには違いはないです。
 (5316)

更に奥に入ると、ここからはちゃんとした日本の雰囲気になりました。

見た目もさることながら、もちろん味に関しても懐かしさを感じる日本クオリティ!
 (5318)

こちら中庭風になっているテラス席ですが、日本人のみならず現地のフィリピン人も多く訪れるスポットとなっています。
ここなら、自信を持ってフィリピンの人にオススメできます。
 (5323)

リトル東京の外側や周辺にも多くの日本系の料理店が店を構えます。

マニラに訪れた際に一度立ち寄ってみると面白いと思います。

基本情報

Little Tokyo
所在地: 2277 Chino Roces Ave, Pasong Tamo Corner Amorsolo Street, Makati, Legazpi Village, Makati, Metro Manila

(SHIN)
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

またもやラーメン激戦区マニラに新しくラーメン店がオープンしました。日本のあのラーメン店がNew Open Ramen TERU

またもやラーメン激戦区マニラに新しくラーメン店がオープンしました。日本のあのラーメン店がNew Open Ramen TERU

またまた、マニラに新しくラーメン店がオープンしました。 『ラーメン輝』 厳密には、まだSoft Openingと書いてありましたが。 場所は、私お得意のパサイ市(Pasay City)。 MOA(モールオブアジア)の近く、SMDC SEA RESIDENCES の1階です。 マッサージショップ ヌアッタイ(NUAT THAI)の隣です。
SHIN | 276 view
フィリピンで光るジャパンクオリティ ヤマハ発動機 YAMAHA motor Philippines!!

フィリピンで光るジャパンクオリティ ヤマハ発動機 YAMAHA motor Philippines!!

フィリピンで乗用車やバイクといえば、何と言っても日本メーカーです。フィリピンのバイクの新車販売台数のメーカー別のシェアは、ホンダ・フィリピンが43%、ヤマハ・モーター・フィリピンが26%。カワサキ・フィリピンが17%、スズキ・フィリピンが13%、台湾系キムコ(光陽工業)が1%だそうです。 さすがホンダと言いたいところですが、このシェアはトライシクルに使うベースのバイクがホンダ製が多いからだそうで、実際に自家用に買うスクーターなどはヤマハが一番人気だそうです。 確かにフィリピン地元の友達に聞くと、スポーツバイクのメーカーのイメージではない感じ。 スクーターを買うならヤマハだな。って言ってます。
SHIN | 574 view
ネットワールドホテルにあるレストラン海舟

ネットワールドホテルにあるレストラン海舟

今回はとっても懐かしい感じのする味がする私のオススメ日本料理店「海舟 -KAISHU」のご紹介。 私、正直に言うとそんなに日本料理が食べたいと思っていないんです。 夕食を選ぶ際には、敢えて日本食を外したりします。 なぜなら、せっかくフィリピンにいるのにわざわざ日本食を食べなくでもいいと思うからです。 他の外国に行く時もその国の食べ物を食べます。 そんな私でも、ついつい懐かしくなって行きたくなる店があります。 それが今回ご紹介する『海舟』。
SHIN | 161 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SHIN SHIN