2018年3月18日 更新

【マニラネタ】知って得する、マニラのイベント情報一挙大放出!!

マニラではコンサートやミュージカルなどなど毎月、いや毎週様々なイベントが開催されています。かなり大きいイベント会場もマニラにはあり、世界的に有名な大物歌手などもワールドツアーと称して幾度となく来比しているほど。そんなマニラのイベント情報をご案内したいと思います。

コンサートとぼやけている舞台照明で群衆。

コンサートとぼやけている舞台照明で群衆。

マニラではコンサートやミュージカルなどなど毎月、いや毎週様々なイベントが開催されています。
アリーナやソレアシアターなどかなり大きいイベント会場もマニラにはあり、世界的に有名な大物歌手などもワールドツアーと称して幾度となく来比しているほど。
そんなマニラのイベント情報をご案内したいと思います。

音楽史上最高のアーティストが来比?:Celine Dion Announces Live 2018 Tour To Play In Manila

Celine Dion Concert in Nice

Celine Dion Concert in Nice

世界の至宝セリーヌ・ディオンによるMOAアリーナマニラライブ公演が決定!
6月26日には東京ドームで来日ライブを開催。
その勢いをひっさげ、マニラに乗り込んできます!
今や世界でもトップアーティストの地位を確立している彼女のマニラ公演はファンにとってかけがえのないものとなることでしょう。
幼少時より類い希な音楽的才能を発揮。
圧倒的な声量と技術的に卓越した歌唱力は聴くものの心を鷲掴みにしてきました。
特に彼女の代表曲というと、1997年に公開された名作映画「タイタニック」の主題歌にもなった「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」。
世界的大ヒットを記録するとともに最優秀レコード賞も受賞、その他各賞も受賞し世代を超えて愛され続けています。
そして30年以上のキャリアの中で、アルバム約2億5,000万枚と驚異的な売り上げは世界の音楽史上最も売れたアーティストの一人であることは間違いありません。
ライブチケットは1月18日よりすでに販売開始。
まさに飛ぶ鳥の勢いで完売まっしぐらです。
今や知らない人はいない、今世紀最高にして生ける伝説にもなりつつある歌姫セリーヌ・ディオン。
彼女の歌声に酔いしれてみてはいかがでしょうか。

イベント情報

日程:7月19日
時間:午後8時30分〜
場所:MOA ARENA
住所:Mall of Asia Complex, Pasay, Metro Manila
チケット:goo.gl/9CtJDd
金額:2,640〜35,380ペソ
子供:OK

家族で楽しめるミュージカル!:RAPUNZEL A Very Hairy Fairy Tale

Rapunzel

Rapunzel

グリム童話「RAPUNZEL」を基に描かれたミュージカル。
髪長姫と訳されることもあります。
むかしむかし、魔法とドラゴンが支配する世界にラプンツェルというこの世で一番美しく、輝く長い髪をしたかわいい娘が住んでいました。
彼女はゴーテルという嫉妬深く悪い魔女に召使として働かされていて、幸せとは程遠い生活を送っていました。
ゴーテルは危険な森の奥深くにある高くそびえる塔にラプンツェツを隠し巨大なドラゴンのヒューゴに番をさせていました。
ヒューゴは悪いドラゴンではなかったがゴーテルには逆らえませんでした。
ラプンツェルは魔法の絵筆をみつけ塔を出ることに成功し王子と出会い恋に落ちてしまいます。
それを知った魔女は再びラプンツェルを塔に閉じ込めてしまいます。
彼女を助けるために王子たちは立ち上がるのです。
果たして、ラプンツェルと王子の運命は?
そして二人の恋の結末は?
ディズニーのアニメとしてアメリカでは映画上映、日本では劇場未公開ですが、2002年にVHSが発売、2009年、2011年、2012年にはDVDが発売されディズニーファンを魅了してきました。
大人も子供も楽しめるミュージカルとなっているので是非、劇場に足を運んでみてはいかがでしょうか。

イベント情報

日程:9月15、23日/10月7、21日/11月11、25日/12月16日/1月13日
場所:Onstage Theatre
住所:2nd Floor, Greenbelt Mall 1 Paseo de Roxas St., Makati City
チケット:goo.gl/2fcyhU
金額:500〜800ペソ
子供:OK

世界が認めた日本のエンターテイメント!:Drum Tao – Samurai Drum Rock returns to PH

TAO - Trommelensemble, Japa...

TAO - Trommelensemble, Japan - Auftritt 'Die Kunst des Trommelns' im Schiller-Theater Berlin

大分県竹田市久住町を拠点に活動する和太鼓演奏グループ「TAO(タオ)」。
「世界で通用するエンターテイメント」という目標を掲げ結成され、和太鼓を主体に、篠笛・三味線・箏などによる演奏や殺陣などのパフォーマンスを行なっており、世界24ヶ国・500都市で観客動員数合計700万人を記録しているまさに世界が認めたエンターテイナーたちです。
和太鼓といえば日本の伝統的打楽器。
TAOはその伝統芸能という枠組みにとらわれず、鍛え上げられた肉体によるパワフルな演奏と力強いダンスが魅力的。
古い伝統的音楽の上に新しい風が上手く融合し、人々の心を鷲掴みにするパフォーマンスを繰り広げています。
2016年ニューヨークブロードウェイ公演では大成功を収め、米誌Newsweeks誌にとり上げられ大絶賛。
更に、結成25年の集大成としてユニバーサミュージックよりメジャーデビューを果たし、iTunesジャパン・ワールドアルバムランキング1位獲得!
またiTunesシンガポール・総合アルバムランキング1位、その他、ドイツ、スペイン、フィリピンのiTunesワールドチャートでTOP3入りを果たすなど世界中で愛される存在になっています。
和太鼓集団「DRUM TAO」。
世界を沸かす彼らの魅力に触れてみてはいかがでしょうか!
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

フィリピンローカルのカラオケボックスに行ってみた!

フィリピンローカルのカラオケボックスに行ってみた!

フィリピンの人達は本当に音楽大好き! 街中の至る所からカラオケの歌声が聞こえてきます。 本当にびっくりするくらい上手な人から、そうでない人まで。 みんな歌が好きで堂々と歌います。 そんなフィリピンローカルの友達からカラオケ行こうよ。って誘われたからカラオケボックスに行ってみました。 正直、それぞれの家に備えてあるカラオケセットや、サリサリストアの奥にあるカラオケセットは知っていましたけど、カラオケボックス的な場所は初めてだったので興味津々です。
SHIN | 67 view
ネットワールドホテルにあるレストラン海舟

ネットワールドホテルにあるレストラン海舟

今回はとっても懐かしい感じのする味がする私のオススメ日本料理店「海舟 -KAISHU」のご紹介。 私、正直に言うとそんなに日本料理が食べたいと思っていないんです。 夕食を選ぶ際には、敢えて日本食を外したりします。 なぜなら、せっかくフィリピンにいるのにわざわざ日本食を食べなくでもいいと思うからです。 他の外国に行く時もその国の食べ物を食べます。 そんな私でも、ついつい懐かしくなって行きたくなる店があります。 それが今回ご紹介する『海舟』。
SHIN | 98 view
盛り上がること間違えなし!!今年もやってくる「2018 BONODORI FIESTA」

盛り上がること間違えなし!!今年もやってくる「2018 BONODORI FIESTA」

日本の夏といえば、全国各地で夏祭りが開催されますよね。花火があがったり、露店が立ち並んだり、浴衣を着たりと若者カップルを中心とした一大イベントの一つです。 そんな日本の夏祭りが日本から遠く離れたセブ島でも行われていることをご存知でしょうか。日比文化交流として2014年から始まり今年で第5回目となるその名も「BONODORI」。 毎年少しづつ形を変えながら規模を拡大しています。 エキサイトセブでは毎年お祭り後にその様子をご紹介してきましたが、今年は2018年のBONOBORIを先どりしてご紹介いたします。
REON | 100 view
マニラのリトルトーキョーに行ってみた!!

マニラのリトルトーキョーに行ってみた!!

マニラにあるリトルトーキョーに行ってみました。 リトルトーキョーといえば、アメリカはロサンゼルスにあるそれが有名ですが、 フィリピンの首都マニラにもあるんです。 所在地はマニラでも新しい街として有名なマカティ地区の東側に位置し、 マカティはフィリピンでは有名なアヤラ財閥が開発を手掛けたところ。 そのマカティ地区には多くの高層ビルが立ち並ぶフィリピン随一のビジネス街。
SHIN | 113 view
【マニラネタ】センチュリーパークホテルよりのご招待!トップアカウントパーティーに参加してみました!!

【マニラネタ】センチュリーパークホテルよりのご招待!トップアカウントパーティーに参加してみました!!

マニラのホテルでは販売成績トップ50の旅行会社や企業を招いてのパーティーがあります。筆者が所属するPTNトラベルもホテルより招待を受けましたので参加してみることにしました。
kei | 24 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kei kei