2017年9月13日 更新

マニラでカジノへ行くならシティーオブドリーム!!

アジアのカジノと言えば、一番は「マカオ」を思い浮かべると思いますが、今一番注目を浴びているのが「マニラ」ではないでしょうか。
マニラのカジノではショッピングをしたり施設内をブラブラしたりショーを無料で観れたりとカジノ好きで無くても楽しめます。
中でも大型で圧倒的な規模を誇るのが「シティーオブドリーム」と「オカダマニラ」です。筆者はどちらにも行ったことがありますが、おすすめは「シティーオブドリーム」!!ということで今回はカジノ好きの筆者が「シティーオブドリーム」の見どころと詳細をご紹介します。


カジノフロアは規模は圧倒的!205514bcea52f3737585ac8cf04ff53d
まず入るとその広さに驚くことでしょう。2フロアに分かれており、ゲームテーブル365台、スロットマシン1680台が設置されていています。観光客が多いように思えますが、半数は現地利用客です。毎日深夜まで賑わっています。

出典:http://www.cityofdreams.com.ph

 

オンラインポーカーで有名なPokerStarsのライブエリアも。38083fb1f9caed9f1b760ef0d07b9ed0
世界最大のオンラインポーカー企業「PokerStars」が展開するリアルなポーカーテーブルもあります。ここで、テキサスホールデムで熱く戦うのも良いでしょう。
ちなみに筆者は自分でアカウントを持つほど大のテキサスホールデム好きです。
ポーカースターズには学生のころから10年近くお世話になっております。

出典:http://www.cityofdreams.com.ph

♦豆知識
ディーラーは機械傾向にあります。友達と一緒にワイワイするにはオカダマニラが良いでしょう。本気で勝ちに行く場合は絶対にシティーオブドリームです。
ポーカーは欧米人とフィリピン人が中心です。BB250から入れるので経験が少ないかたでも楽しめるかもしれません。リバインも何回もできます。

シティオブドリームスマニラ
▼住所:Asean Avenue corner Roxas Boulevard Entertainment City Paranaque 1701 Manila Philippines
▼営業時間:24時間
▼運営会社:メルコクラウン

【シティオブドリームスマニラで遊べるゲームの種類】
・バカラ
・バカラ27
・クラップス
・マネーホイール
・ルーレット
・シックボー(大小)
・ブラックジャック
・ポンツーン
・カリビアンスタッドポーカー
・スリーカードポーカー
・テキサスホールデムポーカー

【シティオブドリームスマニラの特徴】
人気ナンバー1のテーブルゲームはバカラ。ポンツーンも人気。
ディーラーや、従業員へのチップを渡す文化です。

【シティオブドリームスマニラの年齢制限】
21歳以上と決まっています。メンバーカードを作るのに、パスポートが必要になるので、持っていきましょう。

【シティオブドリームスマニラの服装(ドレスコード)】
服装は、基本的に短パン、Tシャツ、ジーンズでも大丈夫。
ビーチサンダルやスリッパ等のかかとがない靴は、拒否される事もある為、これは避けましょう。プレイ中の帽子やサングラス着用は不可、これも避けた方が無難。

【シティオブドリームスマニラの両替レートは?】
空港かカジノ内でも悪くはありません。ホテル内はレート最悪です。

シティオブドリームスマニラで、クレジットカードは使えるの?
VISAやMASTERは、問題無く使えます。
JCBカードは使えない場合もあるので、事前にJCBへ連絡して確認してください。

【送迎シャトル】
「City of Dreams Manila」へは、空港からの無料送迎シャトルバスが便利です。マニラ国際空港(ニノイ・アキノ空港)の第1ターミナル(JAL、ジェットスター、チャイナエアなど)
第2ターミナル(フィリピンエアライン)からも、1時間に1本づつ出ています。

シティーオブドリームで熱い夜を過ごしましょう。

(REON)

 
1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

第二次世界大戦時に激戦区となったコレヒドール島に訪れた。

第二次世界大戦時に激戦区となったコレヒドール島に訪れた。

コレヒドール島(Corregidor)はマニラ湾にあるおたまじゃくしの形をした小島。 世界三大夕日で有名なマニラ湾にあり、マニラより対岸のバターンに近くにあります。 とてものどかに思えるこの島は、第二次世界大戦時には激戦区となりました。それはその島の位置に関係します。もともとこの島はスペイン統治時代には、マニラ湾に出入りする船の検問所として利用されていました。この島のコレヒドールという由来もスペイン語の「検査」という意味らしく、それらを可能にするのが、この島の立地でした。 第二次世界大戦勃発後には、海からの攻撃に対する要所としてアメリカ軍の基地が設営されました。 コレヒドール島で行われた激戦では多数の命が失われました。これは日本軍のみならず、アメリカやフィリピンの軍にも同じことが言えます。そんな歴史の傷跡の残る島では、貴重な砲台や建築物が大切に保存され、歴史の証人として現在もその戦いの激しさを物語っています。
SHIN | 38 view
フィリピンのショッピングモールの先駆け!ハリソンプラザでお土産まとめ買い

フィリピンのショッピングモールの先駆け!ハリソンプラザでお土産まとめ買い

今では数多くの巨大なショッピングモールが乱立するマニラ。 特にアジア最大級のショッピングモールのSMシティ・ノースEDSA(SM City North EDSA)やモールオブアジア(Mall of ASIA 通称MOA)など、日本人観光客にも馴染みの深いショッピングモールがあるなどフィリピン・メトロマニラはショッピングモール天国なのです。 その中でも、ショッピングモールの先駆けハリソンプラザは1976年に出来たフィリピン最初のショッピングモールなのです。 40年以上も地元のマニラっ子に愛され続けるショッピングモールとはどんなものなのでしょうか
SHIN | 93 view
バックパッカー必見!激安旅行には欠かせないローカル長距離バスの乗車方法。マニラ~ビーコル編

バックパッカー必見!激安旅行には欠かせないローカル長距離バスの乗車方法。マニラ~ビーコル編

このFIVE STAR BUSは、ルソン島東側に位置するビーコル地方(Bicol)に本社があるバス会社で、ビーコルエリアとメトロマニラを結ぶ路線を担っています。 ※ビーコル地方には、フィリピンの富士山といわれるマヨン山や、美しい自然で有名なカタンデュアネス島 (Catanduanes island)があります。 このようにメトロマニラと各地方を結ぶバス会社があり、それぞれが地方と首都を結んでいます。 それぞれ行きたいエリアによって、バス会社は異なりますので、行先に見合ったバス会社でチケットを購入することになります。 実際には同じエリアの路線に何社もバスが通っていたり、料金によってサービスも異なったりするので、情報収集が必要です。 実際にバス会社のチケット窓口に行くと詳細を聞くことが出来るので安心です。 今回は、このFIVE STAR BUSを例に説明します。
SHIN | 95 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

REON REON