2016年5月20日 更新

[マニラネタ]マニラの吉野家は日本とどう違う?

セブよりも沢山の日系飲食店が進出しているマニラですが、これまで筆者の記事ではCoCo壱番屋富士そばサンマルクカフェなどをご紹介してきました。今回はマカティのグロリエッタ内にある吉野家に行ってみました。日本の本家と違いはあるのでしょうか?



今回筆者が訪れた吉野家はマカティにあるショッピングモール「グロリエッタ」に入っています。グロリエッタは大きく5つのビルに分かれている大規模なモールですが、吉野家はグロリエッタ1に入っています。日本の吉野家のポイントと言えば「早い・安い・旨い」が揃った人気店。カウンターでオーダー後、牛丼などが運ばれてきて後から伝票で会計するスタイルが多かったと思います。対して松屋やすき家などは食券の事前購入スタイルですね。さて、マニラの吉野家は本家とどう違うのでしょうか?

IMG_4924

 

吉野家に到着してまず違いを感じるのは、スタイルが食堂のようであることです。入店するとまず列に並んでレジで注文をします。注文すると待ち札をもらうので、それを持って空いている席に座る流れになっています。

 

IMG_4921 2

 

次に異なるのはメニュー。吉野家で天ぷらは衝撃です!カリフォルニアロールのようなものもありますね。日本の吉野家では基本の牛丼と、そこから派生したようなメニューがほとんどであり、お客さんもそれを求めているので問題ないのではないかと思いますが、マニラの場合牛丼という存在自体がそこまで浸透しているわけではありません。牛丼はあくまでも1つのメニューとして、幅広く日本食を提供しているようです。今回は「牛丼(並:レギュラー)」を注文して席で待ちます。

 

IMG_4922

 

出てきた牛丼はこちら。日本と変わりないように見えますね!タレの味は全く同じなので口に入れた瞬間、日本の吉野家に来たような錯覚に陥ること間違いなし。今回聞くのを忘れてしまったのですが、いわゆる「つゆだく」「つゆ無し」などの言葉が通じるのかどうかは不明なので、訪れた方は是非トライしてみてください。周辺の席を見てみると牛丼だけをオーダーしている人はほとんどおらず、お弁当のセットのようなものや天ぷらなどが好まれているようでした。日本の吉野家では牛丼並が最も多いオーダーだと推測されますから、これは大きな違いといえますね。

IMG_4923

因みに、どの牛丼屋さんでも必ず置いているのがこの「紅しょうが」だと思うのですが、マカティの吉野家にはテーブルにセルフサービスのトッピングは何も置かれていませんでした。日本で牛丼屋と言えば他にもサラダのドレッシング等が印象がありますね。

この紅しょうがは店員さんに聞いてみたところ用意があるとのことで出してもらいました。取ってきてもらう様子を見てみると手元に準備しているようなので、結構依頼があるのではないかと思います。人によってはこの紅しょうががないと牛丼ではない!というぐらい好きな方もいらっしゃるので、マカティでもこれがあってよかったなと思いました。

今回はマニラの日本食シリーズとして吉野家をご紹介しました。またまだ沢山のレストランがありますのでまたご紹介していきます!

(Taku)
1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ホセ・リサールってどんな人??フィリピンの歴史を知ろう!その①

ホセ・リサールってどんな人??フィリピンの歴史を知ろう!その①

フィリピンという国は植民地時代を長期に渡り経験している国です。日本も第二次世界大戦中、短期間ではありますがフィリピンを占領していた時代がありました。 今回、私は個人的にフィリピンの歴史について、知識を深めようとさまざまな記事を読み漁りましたが、フィリピンに在住の方はもちろん、旅行や留学で訪れる方も、最低限の歴史的背景は頭に入れておいていただければ、フィリピンという国をより理解し、フィリピン人の方ともわかり合うことができるのではないかと思い、今回は私なりにわかりやすく記事にすることにしました。 今回は第一弾ということで、もっとも有名なホセ・リサールについてまとめてみたいと思います。
REON | 118 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Taku Taku