2018年9月29日 更新

フィリピンのローカルなパブリックマーケットに行ってみた!

フィリピンには、サリサリストアなどのほかにマーケットもたくさんあります。 普段の買い物はサリサリストアで済ませ、食材の買い出しにはマーケットへ行く。 もちろんマーケットの方が安いのですが、こちらで紹介するマーケットを見て頂いてもわかるように必ず冷蔵庫や冷凍庫が必要になるんです。 そして、フィリピンには冷蔵庫を持っていない家庭が多くあるため、買いだめをすることができません。そういった人はマーケットへの買い物というより料理そのものすることがなく、以前にも紹介したフィリピンのローカルレストランカレンデリアなどで食事を済ませる。 そういったことがカレンデリアやサリサリストアなどが多く存在する理由となるのです。

フィリピンローカルマーケット!

フィリピンには、サリサリストアなどのほかにマーケットもたくさんあります。

普段の買い物はサリサリストアで済ませ、食材の買い出しにはマーケットへ行く。
もちろんマーケットの方が安いのですが、こちらで紹介するマーケットを見て頂いてもわかるように必ず冷蔵庫や冷凍庫が必要になるんです。
そして、フィリピンには冷蔵庫を持っていない家庭が多くあるため、買いだめをすることができません。そういった人はマーケットへの買い物というより料理そのものすることがなく、以前にも紹介したフィリピンのローカルレストランカレンデリアなどで食事を済ませる。
そういったことがカレンデリアやサリサリストアなどが多く存在する理由となるのです。
 (6275)

こちらはタガイタイにあるマーケット。
主に牛肉や豚肉など肉類を売っています。
タガイタイは果物などの畑が多くありフルートスタンドも多いのですが、肉類も多くマニラと比べてとても安いのだそうです。

ちなみにタガログ語では牛のことをバカ(BAKA)と言います。
フィリピンの人と仲良くなる為の、ちょっとしたネタになりますよ。
 (6276)

こちらずーっとお肉屋さんが続きます。

向かい側には雑貨屋さんなどが並びます。
タガイタイに避暑や観光に来るマニラっ子達の多くはこういったマーケットに立ち寄り、お肉などを大量に買って帰るのです。

その2階には食堂が並びます。
1階で仕入れた食材で料理を作るんです。
 (6277)

多くのお肉屋さんが並びますが、値段は大体同じです。
とっても美味しそうな牛の太もものお肉などや、フィリピン料理の定番ボラロ(BULALO)用のお肉など様々なお肉が売られていますが、1㎏200ペソ(約413円)と言っていました。
マニラっ子によるとマニラでは2倍の値段がするそうです。
 (6279)

そして、ここのお肉はとても新鮮なのだとか。
朝一番に来ると切り分けたお肉がまだ動いていることもあるそう。

いや、それはそれでみたくない気もしますが・・・

また以前バギオに住んでいるときに、家の庭先で豚を絞めて解体しているところを見たことがあります。その時はカルチャーショックを受けたものですが、今ではすっかり慣れてしましました。

初めてレチョン(子豚の丸焼き)を見た時も、そのレチョンを切り分ける時も残酷な気がしたり怖い気がしたもんですが、今では順番待ちの列に並んでます。笑

人間の慣れって怖いものですね。
 (6278)

こちらはお肉屋さんの2階にある食堂。
多くのお店が連なります。

しかし今回はこのマーケットのこの多くの食堂の中でもボラロ(BULALO)を目当てにやってきました。しかも、ここに来る前に昼食は食べています。
けど、ここのボラロは美味しいからってことでやってきました。

いや、フィリピンの人ってよく食べるんです。
いつも何か食べてるってくらいです。
朝ごはんにルガウ(LUGAW - フィリピンのお粥)を食べて、しばらくしたらパンを食べて、お昼ご飯を食べたと思ったら、3時のおやつに何か食べて、そして夕方に17時頃にまた何か食べて、ちゃんと夕食も食べる。
ちょっと言い過ぎに聞こえるかもしれませんが、ホントにいつも何か食べてる感じです。

国民性として、食べることに大いに喜びを感じるようです。
いや、人間の三大欲望の一つであるので、私にもそれは分かります。
しかし、とにかく食べすぎです。笑
フィリピンの人は男性も女性もかっぷくのいい方が多いですが、おそらくこれが理由です。
 (6280)

目的のボラロ屋さんに到着しました。

てっきりボラロのみしか置いていないのかと思いきや、肉や魚などが売っています。
そして、当然のごとくボラロ(350ペソ約725円)を注文しました。
 (6281)

21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バックパッカー必見!激安旅行には欠かせないローカル長距離バスの乗車方法。マニラ~ビーコル編

バックパッカー必見!激安旅行には欠かせないローカル長距離バスの乗車方法。マニラ~ビーコル編

このFIVE STAR BUSは、ルソン島東側に位置するビーコル地方(Bicol)に本社があるバス会社で、ビーコルエリアとメトロマニラを結ぶ路線を担っています。 ※ビーコル地方には、フィリピンの富士山といわれるマヨン山や、美しい自然で有名なカタンデュアネス島 (Catanduanes island)があります。 このようにメトロマニラと各地方を結ぶバス会社があり、それぞれが地方と首都を結んでいます。 それぞれ行きたいエリアによって、バス会社は異なりますので、行先に見合ったバス会社でチケットを購入することになります。 実際には同じエリアの路線に何社もバスが通っていたり、料金によってサービスも異なったりするので、情報収集が必要です。 実際にバス会社のチケット窓口に行くと詳細を聞くことが出来るので安心です。 今回は、このFIVE STAR BUSを例に説明します。
SHIN | 59 view
フィリピンのマクドナルドで期間限定の日本の味!

フィリピンのマクドナルドで期間限定の日本の味!

フィリピンのマクドナルドで期間限定のテリヤキバーガーとエビフィレオバーガーとシャカシャカポテトの海苔味と桜味のフロートが出たという情報が! すぐに近くのマクドナルドに行ってみました!笑
SHIORI | 192 view
がっつりローカル!ローカル感を味わいたい人向け!巨大ローカルマーケット ディビソリアマーケット。なんでも安く揃うフィリピン庶民の台所第3弾!

がっつりローカル!ローカル感を味わいたい人向け!巨大ローカルマーケット ディビソリアマーケット。なんでも安く揃うフィリピン庶民の台所第3弾!

前回は、マニラに2つある巨大マーケットのうちの1つ、バクラランマーケット(Baclaran Market)をご紹介いたしましたが、今回は引き続きディビソリアマーケットをご紹介したいと思います。 こちらビノンドエリアに一帯に広がるマーケットを差します。
SHIN | 63 view
マニラで海釣り!マニラから車で3時間で行けるフィッシング!

マニラで海釣り!マニラから車で3時間で行けるフィッシング!

マニラ駐在の日本人の方のご利用も多い釣りをご紹介します。 今回の釣りスポットはアニラオ。 アニラオと言えば、マニラから日帰りで行けるダイビングスポット。 しかもダイビングスポットとしてのアニラオは、マクロ派と呼ばれる小さめの熱帯魚や生き物、サンゴなどを目的とした撮影を好むダイバー達にはとても有名なところ。 特に欧米のマクロ派には有名なようです。 今回はそのスポットで釣りをしてみたいと思います。
SHIN | 118 view
ローカル感たっぷりな年越し!? オカマちゃん(バクラ)と過ごすことになったフィリピンローカルの年越し

ローカル感たっぷりな年越し!? オカマちゃん(バクラ)と過ごすことになったフィリピンローカルの年越し

私が数回過ごしたフィリピンのお正月のなかで、今回はローカルの友達の家に年越しを過ごすのにお呼ばれされて行ってきたので、その様子をご紹介します。 場所はメトロマニラ内のラスピニャス(Las pinas)。マニラベイエリア辺りから車で30分〜1時間程度のところにある都会からは少し離れた一般的な家庭が集まるエリア。 アラバン(Alabang)に近いエリアです。 特にお金持ちの住宅地って訳ではなく、本当に一般的な家庭の集まりです。 皆さまご存知のように、フィリピンでは年越しの際に大きな音を鳴らして邪気を払うという風習があり、それに伴い年越しには大きな花火が至る所で上がります。 またそれに飽き足らず各家庭や、特に若者などは自分たちで花火や爆竹を大量に買い込み、年越しにそれらを使い、大きな音を出して邪気を払い、新年を祝います。
SHIN | 101 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SHIN SHIN