2019年5月3日 更新

フィリピンで食べる美人鍋とは!?

マニラにコラーゲンたっぷり美人鍋があります。 海外進出している日本食レストランやショップなどは、そのほとんどはマニラにもあると思います。 なので、色んなものが揃うマニラでは、食べたいものに困ることはほぼありません。 この日はセブから友達が来ていたので、セブにはない塚田農場の美人鍋に行ってきました。 モールオブアジア(通称MOA:Mall of Asia)に隣接しているコンラッドホテル(Conrad Hotel)の2階に塚田農場があります。 英語表記では、Japanese Beauty Hot Pot = 美人鍋(BIJIN NABE)なんですね。 そのままといえばそのままですけど。

塚田農場の美人鍋

 (14637)

マニラにコラーゲンたっぷり美人鍋があります。
海外進出している日本食レストランやショップなど、そのほとんどはマニラにもあると思います。
なので、色んなものが揃うマニラでは、食べたいものに困ることはほぼありません。

この日はセブから友達が来ていたので、セブにはない塚田農場の美人鍋に行ってきました。
 (14638)

モールオブアジア(通称MOA:Mall of Asia)に隣接しているコンラッドホテル(Conrad Hotel)の2階に塚田農場があります。
英語表記では、Japanese Beauty Hot Pot = 美人鍋(BIJIN NABE)なんですね。
そのままといえばそのままですけど。
 (14639)

店内は明るく小ぎれいで、店員さんもテキパキと気持ちがいいです。

なんといってもお客さんが多い。
お昼過ぎなのに、ほぼ満席状態。

ところで、フィリピンの人達はコラーゲンを分かって食べているのでしょうか。
失礼ながらその割に栄養が偏った体系の人が多い。
ま、コラーゲンをお腹いっぱい食べてダイエットも何もないですけど。
 (14640)

こちらがお馴染みコラーゲンのかたまり。
熱するとあっという間に溶けてスープに変わっていきます。
 (14642)

薬味にはしょうゆ、柚子こしょう、ネギ油、あと食べるラー油みたいなもの笑

好き嫌いの分かれる味らしいですけど、私には美味しかったです。
日本で食べるそれと何ら変わりはありません。

そして女性にはうれしいコラーゲンたっぷり。
締めにはラーメンかご飯を選べます。
私たちは迷わずご飯。

私たちは3人でBIJIN NABE 2ポーション。価格は1ポーション(2人前) 798ペソ(約1,710円)
結構お腹いっぱいになりました。
 (14641)

そして注文を間違えて持ってこられたのがこれ。
マキシマム長なす Maximum Fried Eggplant 190ペソ(約407円)。

本当はサツマイモのポテトフライ 215ペソ(約460円)を注文したつもりなんですが、ポテトフライと言いながら指さしたのがこれだったらしいです。
ごめんね。店員さん。

しかし、実はこれが絶妙に美味い!
間違えてくれて逆にラッキー。
ありがとう。店員さん。
塚田農場 Bijin Nabe by Tsukada Nojo Philippines
所在地: Level 2, S Maison, Conrad Manila, Pasay, Metro Manila
営業時間: 10:00~22:00
電話: (02) 809 1268
(SHIN)
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

フィリピンでゾンビに襲われた!撃って撃って撃ちまくれ!VR+ LIVE PH in CONRAD HOTEL

フィリピンでゾンビに襲われた!撃って撃って撃ちまくれ!VR+ LIVE PH in CONRAD HOTEL

マニラのアジア最大級ショッピングモールのモールオブアジア(通称MOA:Mall of Asia)に隣接するコンラッドホテル Conrad Hotel でゾンビに襲われることが出来ます。笑 コンラッドホテルの2階にあるのは VR LIVE 看板にはNext Generation Virtual Realityと書かれています。ここでは3Dでシューティングが楽しめるのです。 レストランも多数ある中に異彩を放った店構えをしているこのお店。 この周辺には、京都の宇治の名店「辻利 -TSUJIRI-」や塚田農場の美人鍋があります。 そもそもここは高級ホテルのコンラッドホテル内。なかなかのカオス笑
SHIN | 65 view
第二次世界大戦時に激戦区となったコレヒドール島に訪れた。

第二次世界大戦時に激戦区となったコレヒドール島に訪れた。

コレヒドール島(Corregidor)はマニラ湾にあるおたまじゃくしの形をした小島。 世界三大夕日で有名なマニラ湾にあり、マニラより対岸のバターンに近くにあります。 とてものどかに思えるこの島は、第二次世界大戦時には激戦区となりました。それはその島の位置に関係します。もともとこの島はスペイン統治時代には、マニラ湾に出入りする船の検問所として利用されていました。この島のコレヒドールという由来もスペイン語の「検査」という意味らしく、それらを可能にするのが、この島の立地でした。 第二次世界大戦勃発後には、海からの攻撃に対する要所としてアメリカ軍の基地が設営されました。 コレヒドール島で行われた激戦では多数の命が失われました。これは日本軍のみならず、アメリカやフィリピンの軍にも同じことが言えます。そんな歴史の傷跡の残る島では、貴重な砲台や建築物が大切に保存され、歴史の証人として現在もその戦いの激しさを物語っています。
SHIN | 69 view
フィリピンのショッピングモールの先駆け!ハリソンプラザでお土産まとめ買い

フィリピンのショッピングモールの先駆け!ハリソンプラザでお土産まとめ買い

今では数多くの巨大なショッピングモールが乱立するマニラ。 特にアジア最大級のショッピングモールのSMシティ・ノースEDSA(SM City North EDSA)やモールオブアジア(Mall of ASIA 通称MOA)など、日本人観光客にも馴染みの深いショッピングモールがあるなどフィリピン・メトロマニラはショッピングモール天国なのです。 その中でも、ショッピングモールの先駆けハリソンプラザは1976年に出来たフィリピン最初のショッピングモールなのです。 40年以上も地元のマニラっ子に愛され続けるショッピングモールとはどんなものなのでしょうか
SHIN | 143 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SHIN SHIN