2019年3月15日 更新

フィリピンのショッピングモールの先駆け!ハリソンプラザでお土産まとめ買い

今では数多くの巨大なショッピングモールが乱立するマニラ。 特にアジア最大級のショッピングモールのSMシティ・ノースEDSA(SM City North EDSA)やモールオブアジア(Mall of ASIA 通称MOA)など、日本人観光客にも馴染みの深いショッピングモールがあるなどフィリピン・メトロマニラはショッピングモール天国なのです。 その中でも、ショッピングモールの先駆けハリソンプラザは1976年に出来たフィリピン最初のショッピングモールなのです。 40年以上も地元のマニラっ子に愛され続けるショッピングモールとはどんなものなのでしょうか

ハリソンプラザ Harrison Plaza

 (13321)

今では数多くの巨大なショッピングモールが乱立するマニラ。
特にアジア最大級のショッピングモールのSMシティ・ノースEDSA(SM City North EDSA)やモールオブアジア(Mall of ASIA 通称MOA)など、日本人観光客にも馴染みの深いショッピングモールがあるなどフィリピン・メトロマニラはショッピングモール天国なのです。

その中でも、ショッピングモールの先駆けハリソンプラザは1976年に出来たフィリピン最初のショッピングモールなのです。

40年以上も地元のマニラっ子に愛され続けるショッピングモールとはどんなものなのでしょうか。
 (13323)

こちら、フィリピンでは有名なSMショッピングモールもあります。
駐車場は広いですが、整備は行き届いておらず、舗装はボコボコの穴だらけ笑

しかし、ローカルフィリピン人には人気があり、休日にはやはり多くの地元のフィリピン人が集まります。その中に地元日本人の私も含まれます。

私は、2週に1回ほどはこのハリソンプラザへ行きます。
売っている物の品数も多く、また安いからです。

品質も価格を鑑みれば悪くはありません。
つまり、諦めがつく価格ってことですね笑
 (13324)

店内はこんな感じになっています。

多くの衣料品やバッグなどの小物類が並びます。
なかなか飽きることがなく、毎回行ってもブラブラ数時間は過ごせます。

何より安い!
さすがに、バクラランマーケットやディビソリアマーケットの価格には及びませんが、それでもショッピングモールということで、エアコンが効いていて快適です。
 (13325)

毎週のように、セールが開かれます。
今回は20%オフらしいです。

これもブラブラ見ながら、気に入るものがあれば購入します。

他にもスマホの修理ショップやブラインドマッサージと言われている盲目の方々がマッサージをしてくれるショップも2店舗あります。
料金はベッドを使う全身マッサージで1時間250ペソ(約540円)、専用の椅子に座っての全身マッサージは1時間200ペソ(約430円)でした。
 (13326)

そして、よく通っているのがこの本屋さん。
ここは古本屋さんなんですが、いろんな本を物色しています。

価格は、小説で大体100ペソ(約220円)程度から。
 (13327)

そして、ちょいちょい食べるのがこのRYOMA TAKOYAKI。
価格は、4つで52ペソ(約110円)です。

関西出身の私からすると、ちょっとパーフェクトな味とは言えないまでも、まあまあたまに食べるなら許せるかな。程度の味です。笑
 (13328)

そして、こちらがSMモール内の様子。
こちらは比較的近代的で、他のSMモールと同様の雰囲気です。

写真は、マニラ土産になるかもしれないMANILAと書かれた商品。

なかなか他では見ないので笑、写真に撮ってみました。
19 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

島国フィリピンでの海鮮料理!シーフードアイランド - SEAFOOD ISLAND -

島国フィリピンでの海鮮料理!シーフードアイランド - SEAFOOD ISLAND -

今回ご紹介するのは、シーフードアイランド 以前セブでもご紹介したシーフードアイランド。 フィリピンでは、同じ店名をつけられないはずなんですが、 どうやらセブの店舗とは違う経営のようで、詳細は不明です。 そんなことよりおいしいかどうかが重要。 シーフードマーケットでもご紹介したように、 フィリピンは7,107の島々からなる日本にも負けない島国。 だからシーフードを食べる文化は古くからあります。
SHIN | 189 view
バックパッカー必見!激安旅行には欠かせないローカル長距離バスの乗車方法。マニラ~ビーコル編

バックパッカー必見!激安旅行には欠かせないローカル長距離バスの乗車方法。マニラ~ビーコル編

このFIVE STAR BUSは、ルソン島東側に位置するビーコル地方(Bicol)に本社があるバス会社で、ビーコルエリアとメトロマニラを結ぶ路線を担っています。 ※ビーコル地方には、フィリピンの富士山といわれるマヨン山や、美しい自然で有名なカタンデュアネス島 (Catanduanes island)があります。 このようにメトロマニラと各地方を結ぶバス会社があり、それぞれが地方と首都を結んでいます。 それぞれ行きたいエリアによって、バス会社は異なりますので、行先に見合ったバス会社でチケットを購入することになります。 実際には同じエリアの路線に何社もバスが通っていたり、料金によってサービスも異なったりするので、情報収集が必要です。 実際にバス会社のチケット窓口に行くと詳細を聞くことが出来るので安心です。 今回は、このFIVE STAR BUSを例に説明します。
SHIN | 63 view
アジア最古の鉄骨造の美しいサンセバスチャン教会がマニラにあるのを知っていますか?

アジア最古の鉄骨造の美しいサンセバスチャン教会がマニラにあるのを知っていますか?

マニラにはいくつもの教会が存在します。この教会はカトリック系の教会。 薄い緑に近い外観が美しいこの教会は、1891年建立されました。それは当時では珍しい鉄骨造。アジアでも最古の鉄骨造の教会として有名です。 その教会を見に行きました。
SHIN | 27 view
毎年200万人以上が集まるブラックナザレ祭で有名なキアポ教会。

毎年200万人以上が集まるブラックナザレ祭で有名なキアポ教会。

マニラでは毎年1月9日にブラックナザレ祭が開催されます。 これは、400年以上もの間続けられている一大イベントで、敬虔なキリスト教徒が全国から集まります。 お祭りの内容は、普段キアポ教会にまつられている黒い十字架を背負ったキリスト像が、年に一度教会の外に持ち出され、台車にせて街中を練り歩くというものです。 当日は多くの人がブラックナザレと同じ衣装の黄色の服を着て、病を治すという奇跡を求めてブラックナザレに触れようとする人たちでごった返します。その参加者の数は毎年200万人とも300万人ともいわれています。
SHIN | 99 view
マニラから3時間で行ける 海の楽園 プエルトガレラのホテル3選

マニラから3時間で行ける 海の楽園 プエルトガレラのホテル3選

いきなりですが、皆さん! マニラ近郊の海がとてもきれいなことを知っていますか。 マニラはフィリピンの首都のイメージが強いとは思いますが、 そこはさすが島国フィリピン。 少し足を運べば、手付かずの自然や綺麗な海と生き物の宝庫が待っているんです。 マニラから行くリゾートではボラカイ島やパラワン島が有名ですが、実はそれらだけではありません。 今回は、美しいダイビングスポットが多く欧米では有名になっているものの、まだまだ穴場的なプエルトガレラをご紹介します。 欧米やオーストラリア人経営が多いことから、それぞれのホテルの造りも’凝ったものが多く、リピーターを飽きさせません。 本場欧米のリゾート感を味わえるのもプエルトガレラの魅力の一つ。 そんな中から、独断で選んだ3つのホテルをご紹介します。
SHIN | 342 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SHIN SHIN