2018年11月9日 更新

フィリピンでのハロウィンはこんな感じです。日本人宿泊客の多いニューワールドマニラベイのパーティに参加しました。

そもそもハロウィンとは、収穫祭の時期に出てくる魔女や悪霊などから身を守るために、仮装して魔除けの焚き火をしていたのが始まりのようです。 その流れがカボチャのジャック・オー・ランタン(Jack-o'-lanternを作り、そして火を灯しているのです。 そして、魔女や悪霊に扮した子供達が、家々を周りお菓子をくれないといたずらをする。 これが現在に続くハロウィンの原型なのです。 しかし今では各地で数々の問題となっているようです。 日本でも、ハロウィンの日の渋谷あたりでは、仮装のみが主流となり、いたずらを超えたいたずらにまで発展しているようですね。 そもそもキリスト教とは関係がないと言われるハロウィン。 キリスト教徒の多いフィリピンではどうなのでしょう。

フィリピン マニラでのハロウィン

そもそもハロウィンとは、収穫祭の時期に出てくる魔女や悪霊などから身を守るために、仮装して魔除けの焚き火をしていたのが始まりのようです。
その流れがカボチャのジャック・オー・ランタン(Jack-o'-lanternを作り、そして火を灯しているのです。

そして、魔女や悪霊に扮した子供達が、家々を周りお菓子をくれないといたずらをする。
これが現在に続くハロウィンの原型なのです。

しかし今では各地で数々の問題となっているようです。
日本でも、ハロウィンの日の渋谷あたりでは、仮装のみが主流となり、いたずらを超えたいたずらにまで発展しているようですね。

そもそもキリスト教とは関係がないと言われるハロウィン。
キリスト教徒の多いフィリピンではどうなのでしょう。

ニューワールドマニラベイホテルのハロウィンパーティーに参加しました。

正直、ホテルや店舗などでハロウィンの飾り付けをしているのは見かけるものの、仮装した一般の人を街で見かけることはありません。

が!
やはりインターナショナルなホテルなどでは、ハロウィンパーティが開催されます。
そんなホテルのパーティに参加してみました。
 (10982)

まずは、パーティ会場の受付。
ここではすでに仮装したホテルスタッフが並んでいます。

正直、皆さん本格的でなかなかのクオリティです。

しかし受付をしているテーブルには、数々のお皿が笑
この辺りは、とってもフィリピンらしいです。

パーティが始まるとこんな感じに

 (10984)

会場の中はというと、
色とりどりのライト、そして大音響の音楽が雰囲気を盛り上げてくれます。

今回は限定された人数のようで、テーブルの数はそう多くはありません。
 (10983)

こちらは普段お世話になっているホテルスタッフたち。
それぞれ紹介され、仮装を披露していきます。

それにしても、ホテルの会場にこんなライトの色の設備があったんですね。
 (10985)

ホテルのスタッフのみならず、招待されたゲストにもハロウィンの仮装を促されていたので、ハロウィン用の仮装をした方々の姿も見えます。

ちなみに、この後様々なゲームが催され、ゲストの中の仮装大賞を決めるシーンもありました。
最優秀者にはホテル宿泊券等がプレゼントされます。

それ以外にも、ラッフル Raffleがあり、そこでもホテル宿泊券の他レストランの食事券など様々な景品が用意されていました。

正直、ゲストの目的はこの抽選が目当ての人も多かったようです。

そして用意された食事は

 (10986)

21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

マニラで海釣り!マニラから車で3時間で行けるフィッシング!

マニラで海釣り!マニラから車で3時間で行けるフィッシング!

マニラ駐在の日本人の方のご利用も多い釣りをご紹介します。 今回の釣りスポットはアニラオ。 アニラオと言えば、マニラから日帰りで行けるダイビングスポット。 しかもダイビングスポットとしてのアニラオは、マクロ派と呼ばれる小さめの熱帯魚や生き物、サンゴなどを目的とした撮影を好むダイバー達にはとても有名なところ。 特に欧米のマクロ派には有名なようです。 今回はそのスポットで釣りをしてみたいと思います。
SHIN | 30 view
ローカル感たっぷりな年越し!? オカマちゃん(バクラ)と過ごすことになったフィリピンローカルの年越し

ローカル感たっぷりな年越し!? オカマちゃん(バクラ)と過ごすことになったフィリピンローカルの年越し

私が数回過ごしたフィリピンのお正月のなかで、今回はローカルの友達の家に年越しを過ごすのにお呼ばれされて行ってきたので、その様子をご紹介します。 場所はメトロマニラ内のラスピニャス(Las pinas)。マニラベイエリア辺りから車で30分〜1時間程度のところにある都会からは少し離れた一般的な家庭が集まるエリア。 アラバン(Alabang)に近いエリアです。 特にお金持ちの住宅地って訳ではなく、本当に一般的な家庭の集まりです。 皆さまご存知のように、フィリピンでは年越しの際に大きな音を鳴らして邪気を払うという風習があり、それに伴い年越しには大きな花火が至る所で上がります。 またそれに飽き足らず各家庭や、特に若者などは自分たちで花火や爆竹を大量に買い込み、年越しにそれらを使い、大きな音を出して邪気を払い、新年を祝います。
SHIN | 70 view
世界貿易センターで開催された旅行博。最近はフィリピンから海外に行く人も多い

世界貿易センターで開催された旅行博。最近はフィリピンから海外に行く人も多い

先日、マニラの世界貿易センターで開催された旅行博に行きました。 こちらの入場料は1人100ペソ(約216円)と、フィリピンの方にとっては決して安くない価格なのですが、そんな料金なんてなんのその。多くの人々で賑わっていました。 ちょっとその様子をお伝えしたいと思います。
SHIN | 46 view
フィリピンの激安美味しいデリバリーピザ「alberto's」

フィリピンの激安美味しいデリバリーピザ「alberto's」

日本でもピザのデリバリーはよく使うと重いますが、フィリピンでもデリバリー料金無料で激安の美味しいピザが楽しめますっ!今回はフィリピン人も愛するそんな alberto'sのピザをデリバリーしてみたのでご紹介します!!
SHIORI | 148 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SHIN SHIN