2017年5月26日 更新

[マニラネタ]YOKOCHO JAPANESE FOOD COURTで日本食を楽しもう!

フィリピン国内の日本食レストラン事情を見てみると、やはり圧倒的に件数が多いのはマニラです。

国の首都であり、日本人の在住者が最も多いことが大きな要因になっていますが、それ以外にも日本食がフィリピン国内で人気になっていることも理由の1つです。



日本人向けの質の高い日本食だけではなく、フィリピン人の方が立ち上げたローカル向けの日本食レストランも町中で見かけることがあると思います。

そんな中で今回オープンしたのが、マニラでは超ローカルとも言えるバクラランマーケットに面した通り沿いにあるYOKOCHO JAPANESE FOOD COURTです。

IMG_7972 IMG_7968

マニラやセブに在住の日本人の方が協力して立ち上がった本プロジェクトは、まるで下町の細い通りに迷い込んだような雰囲気で日本食の店舗が複数入ったスポットになっています。

ビルの1つのフロアを全て使っているので店舗も多く充実。しかも価格帯が他のレストランと比べると安いので、日本人だけではなくフィリピンの方々も十分楽しめるようになっています。

IMG_7965 IMG_7966 IMG_7964

入っている日本食はラーメン、鍋、たこ焼き、寿司、天ぷら等々定番の屋台料理といったところ。どれもお手頃価格で楽しめます。

どの店の食べ物にしようか迷ったら、複数の場所から購入してまとめて楽しむこともできるのが楽しいポイント。

日本でも違うジャンルの日本食を一度にまとめて少しずつ楽しめる場所はなかなかないですよね。現地に行ってみるとフィリピンの方々が写真を撮りながらプチ日本旅行気分を楽しんでいる様子がとても微笑ましく感じます。

IMG_7973

喫煙所側から外を見てみると、眼下にはローカル色満点のバクラランマーケット、目の前には赤ちょうちん、そしてその先にはバクラランの教会とシティーオブドリームスが見え、日本とフィリピンの文化が混ざりあった少し変わった雰囲気が感じられます。

現地にお越しの際にはバクラランマーケットに一度入ることになるので、しっかりと場所を確認してから向かうようにしましょう!

(Taku)
1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ホセ・リサールってどんな人??フィリピンの歴史を知ろう!その①

ホセ・リサールってどんな人??フィリピンの歴史を知ろう!その①

フィリピンという国は植民地時代を長期に渡り経験している国です。日本も第二次世界大戦中、短期間ではありますがフィリピンを占領していた時代がありました。 今回、私は個人的にフィリピンの歴史について、知識を深めようとさまざまな記事を読み漁りましたが、フィリピンに在住の方はもちろん、旅行や留学で訪れる方も、最低限の歴史的背景は頭に入れておいていただければ、フィリピンという国をより理解し、フィリピン人の方ともわかり合うことができるのではないかと思い、今回は私なりにわかりやすく記事にすることにしました。 今回は第一弾ということで、もっとも有名なホセ・リサールについてまとめてみたいと思います。
REON | 115 view
[マニラネタ]おしゃれなカジュアルダイニング「IKOMAI(イコマイ)」に行ってみた!

[マニラネタ]おしゃれなカジュアルダイニング「IKOMAI(イコマイ)」に行ってみた!

最近マカティ、BGCを中心におしゃれなレストランが続々オープンしていますよね。フィリピン人も特に富裕層の方々も徐々に高級志向になってきたことが感じられます。そんなマカティの一角に新しく日本食レストランがオープンしました。その名も「IKOMAI(イコマイ)」。先日こちらのレストランに行ってきましたのでご紹介したいと思います。 場所はマカティサルセドビレッジ、H.V. DELA COSTA ST(エイチヴイデラコスタ通り)にあります。RCBCからデラコスタ通りに入り、マカティアベニュー方面へ向かって左手にあります。「ザ・日本食レストラン」といったレストランではなくカジュアルで「和」の雰囲気はあまり感じさせないレストランです。どちらかといえば「レストランバー」といった雰囲気に近いかもしれません。
kei | 54 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Taku Taku