2016年10月14日 更新

[マニラネタ]SMメガモールのスケートリンクに行ってみた!

フィリピンの首都マニラは熱帯の気候帯で、めったに20度を下回ることがありません。そんな場所では冬のスポーツが珍しく、生まれてから雪をまだ見たことのない方がほとんどです。人気の施設であるスケートリンクの様子を見に行ってきました。



フィリピン人の多くの方々は熱帯の気候帯で生まれ育っているため、自然に気温が下がって屋外で長袖を着なければいけないという状況に身を置いたことがありません。そのため生まれてから雪を見たり触ったりしたことがない方がほとんどであり、冬のスポーツはあまりメジャーとは言えません。しかしながら、珍しいものには人気が出ます。マニラのSMメガモール内にあるスケートリンクは大人から子どもまで常に人気が高い施設です。

img_6197

スケートリンクはSMメガモールの4階にあります。入場料は420ペソ(約1,050円)、ロッカーレンタル50ペソ(125円)です。靴のレンタルはこの料金に含まれています。受付で支払いを行うとリストバンドのような紙をもらいます。これを手に付けて入場していきます。

img_6200

次に訪れるのはスケートシューズのレンタルを行うカウンターです。足のサイズがインチになりますので、センチメートルとインチの換算を覚えておくといいと思います。スケートは足だけでなく全身のバランスを上手く使っていくスポーツですが、特に初めてチャレンジする方にとってやはり大切なのは靴がしっかりフィットしているかどうか。大きかったり小さかったりすると実際に滑ったときに上手く滑ることができません。

img_6204

実際にリンクに出てみました。霧のようになっているのは、このスケートリンクの室温がやや温まってしまっているためです。日本のリンクではなかなか見ない光景で、これもまた「フィリピンのスケートリンク」の特徴と言えるかもしれませんね。筆者は日曜日の夜に訪れてみたのですが、この日は比較的人が少なく快適に利用できました。ただし、午後に訪れると氷面に一部水たまりのようなものができてしまうことがあります。転んで濡れてしまうことを想定して、服装を選ぶと良いと思いますよ!

(Taku)
1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ホセ・リサールってどんな人??フィリピンの歴史を知ろう!その①

ホセ・リサールってどんな人??フィリピンの歴史を知ろう!その①

フィリピンという国は植民地時代を長期に渡り経験している国です。日本も第二次世界大戦中、短期間ではありますがフィリピンを占領していた時代がありました。 今回、私は個人的にフィリピンの歴史について、知識を深めようとさまざまな記事を読み漁りましたが、フィリピンに在住の方はもちろん、旅行や留学で訪れる方も、最低限の歴史的背景は頭に入れておいていただければ、フィリピンという国をより理解し、フィリピン人の方ともわかり合うことができるのではないかと思い、今回は私なりにわかりやすく記事にすることにしました。 今回は第一弾ということで、もっとも有名なホセ・リサールについてまとめてみたいと思います。
REON | 112 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Taku Taku