2016年6月8日 更新

[マニラネタ]マニラで本格的で格安な中華なら「YING YING TEA HOUSE」

フィリピンに住んでいるとフィリピン料理はもちろん、現地で人気のため意外と頻繁に日本食に出会います。また韓国・イタリア・スペインの各国料理及びステーキも良く見かけるのではないでしょうか。今回はマニラで本格的な中華が食べたい方に今人気が高まっている隠れたレストラン「YING YING TEA HOUSE」をご紹介します。



今回筆者が訪れたのはマニラベイ方面、Binondoという場所です。このエリアは一部がチャイナタウンになっており、中国人の方々の在住及びビジネスの舞台となっています。道を歩いていると見つけることのできる看板の一部も中国語、建物の建築様式も中国独特の物が多くフィリピンではないような不思議な感覚です。

今回ご紹介する「YING YING TEA HOUSE」はそのエリアの中でも最も有名なレストランですが、マニラの首都圏中心部から若干離れているためあまり一般的に知られているとは言えまえん。穴場で、かつ美味しいレストランです。

スクリーンショット 2016-06-07 17.37.36

「YING YING TEA HOUSE」に関する投稿が並んでいるInstagramのページでは、皆さんの楽しい食事の様子や本格的な中華料理を見ることができます。期待が高まるこのお店へ実際に行ってきました。

IMG_5189

マニラ在住でGRABやUberを利用できる方は、目的地へピンポイントで到着できますのでこれらのアプリを活用することをおすすめいたします。なぜなら「YING YING TEA HOUSE」はチャイナタウンに馴染んでおり、初回は見つけることが少し難しいためです。もしこのエリアに土地勘のある方であれば、徒歩で向かってもOK。筆者は今回友人と共にイントラムロスから現地に向かいました。

街の入り口には日本の中華街でもよく見られる門があります。これがあるだけでレストランも美味しいのではないかという期待が高まりませんか?門から「YING YING TEA HOUSE」までは徒歩の場合約5分です。

IMG_5190

到着したこちらのレストラン。決してお世辞にもきれいで、高級感があるなんていえませんよね。しかし驚くのはその混雑具合。周辺は暗くシャッター街のような場所であるにも関わらず、「YING YING TEA HOUSE」だけは大繁盛!筆者たちも着席まで待ち時間が15分ほどありました。

IMG_5191 DSC06061

まず特筆すべき点は、本格的な中華料理なのに非常にお手頃な価格で提供されているということです。60ペソ(約150円)程度から飲茶が楽しめます。高くても1品300ペソ(約750円)程度で、高いものは3〜4名分ありますので仮に3で割れば1人100ペソ(約250円)。マニラの中心部では本格的な中華となると結構な値段がしますので、これはお得です。

そして味ですが、本当に美味しいです!上の写真は小籠包、下は麻婆豆腐ですが、どちらも日本の家庭の味ではなく、中国の本格的なスパイスなどを使っているようで深い旨味と辛味が食欲をそそります。ビールを飲まれる方も、一旦ソフトドリンクとご飯、おかずをオーダーして味を楽しんでみるのが最初は良いのではないかと思うぐらいです。

IMG_5192

中華料理が大好きという方は是非訪れてみて欲しい「YING YING TEA HOUSE」。持ち帰りももちろんOKですので、気に入ったメニューがあれば追加でオーダーして下さい。筆者たちは食べきれずにテイクアウトしましたが、翌日温めて食べても美味しかったです。隠れた名店がマニラでまたあればご紹介したいと思います!

(Taku)
1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ホセ・リサールってどんな人??フィリピンの歴史を知ろう!その①

ホセ・リサールってどんな人??フィリピンの歴史を知ろう!その①

フィリピンという国は植民地時代を長期に渡り経験している国です。日本も第二次世界大戦中、短期間ではありますがフィリピンを占領していた時代がありました。 今回、私は個人的にフィリピンの歴史について、知識を深めようとさまざまな記事を読み漁りましたが、フィリピンに在住の方はもちろん、旅行や留学で訪れる方も、最低限の歴史的背景は頭に入れておいていただければ、フィリピンという国をより理解し、フィリピン人の方ともわかり合うことができるのではないかと思い、今回は私なりにわかりやすく記事にすることにしました。 今回は第一弾ということで、もっとも有名なホセ・リサールについてまとめてみたいと思います。
REON | 112 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Taku Taku