2013年1月5日 更新

セブのローカルを味うならこのお店!

2013年も早いもので1月5日となりました!本当に早いものです!

前回はダイビングの記事でしたが、今回は久々ローカル視野からの記事をお送りしていきます。

個人的に大好きなお店!? セブで一番親しまれている事間違いなしハンバーガー屋さんをご紹介します。



セブで一番親しまれているハンバーガー屋さん

皆さんはおわかりでしょうか。 セブにいる日本人にとってはあまりなじみがないかもしれませんが、セブのローカルの人々には愛されている、ハンバーガースタンドです。

みなさんは下の看板を目にした事があるでしょう? 道を歩いていると良く見かけるこの看板。さて、その正体は・・・?

IMG_0721_R  

そう!我らが庶民の見方! Angel's burgerです。

この人気の理由はコストパフォーマンス。約30ペソくらいで(約60円)でハンバーガーが二つ買う事のできる、Buy 1 take 1 free が人気の秘密なのです。

他にも様々なメニューやトッピングがあります。チーズとかですね。実はこのお店、自分が住んでいる社宅の前にあるのでよく利用しています。 その中で最も好きなホットドッグがこちら。  

IMG_0732_R  

Foot long hot dog です。長さ約30センチのホットドッグにかぶりつくのは快感です。また、この長いソーセージがジューシーで、とても美味しいのです!

こちらのお値段約32ペソ(約64円)です。これとコーラをオーダーしても50ぺソいかないので、よく重宝しています。

でもいくつか気を付けておかなければならない事があります。それはローカルなお店なため、周りの状況には気を配る事。

気を緩めると危険な可能性もありますので、常に注意しておくことが大切です。 自分はあまり気にしませんが、慣れていない日本人が不注意に近づくと危ないので、興味本位ではあまり長居をする事はオススメしません。

でも、ローカルハンバーガーを知るにはいい機会にはなるかもしれませんね!ぜひ試してみてください!

(ひろ)
1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

たった10ペソ(約22円)で楽しめる、マクタン島のパブリックビーチ『vano public beach』でセブの海を満喫しよう!

たった10ペソ(約22円)で楽しめる、マクタン島のパブリックビーチ『vano public beach』でセブの海を満喫しよう!

以前もマクタン島のパブリックビーチハドサンビーチニについて記事を書かせて頂きましたが、今回は第2弾という事で! 『vano public beach』をご紹介いたします。 ローカルの人が集うパブリックビーチは、どんなところなのか?どんな楽しみ方があるのか?記事にまとめていますので、是非ご覧ください!
SHOTA | 175 view
【富士急超え?恐怖のナイト遊園地】KASADYA SA SRP』に行ってみよう!

【富士急超え?恐怖のナイト遊園地】KASADYA SA SRP』に行ってみよう!

日本には数多くの遊園地がありますが、ここセブはマリンアクティビティが主要であり、子供から大人まで楽しめる遊園地がありません。しかし、今回紹介するようなナイト遊園地が特設会場で開催されます! その中でも最も人気と注目を集めるのが、『KASADYA SA SRP』 内容や感想等はと言いますと、、、、(笑) とにかく写真とともに見ていただくのが1番分かりやすいかと思いますので、早速紹介していきます!
SHOTA | 213 view
地元の人に愛され続ける街のパン屋さん【ジョリーズベイクショップ】へ行ってみよう

地元の人に愛され続ける街のパン屋さん【ジョリーズベイクショップ】へ行ってみよう

海外に行った時に何を食べれば良いか分からないことって結構ありますよね? 特に朝食においては、そんなに沢山いらないし、かと言って腹の足しになる物は食べたい。。 筆者もそのように思う1人です! そう思っていた時に巡り合ったのがジョリーズベイクショップ。 今回はそんなジョリーズベイクショップがフィリピン人に愛され続ける理由を紐解いてみたいと思います!
SHOTA | 189 view
雨の日は映画館に!セブで1番ラグジュアリーな映画館【ロビンソンガレリア セブ シネマ ムービー】

雨の日は映画館に!セブで1番ラグジュアリーな映画館【ロビンソンガレリア セブ シネマ ムービー】

セブと言えば海!晴れ!というイメージ。 基本的に晴れている日の方が多いセブですが、雨季の時期はどうしても雨が多くなってしまうもの。 そんな時は、ショッピングモールやスパ等の屋内スポットで1日を過ごすのがオススメ! 今回は雨の日の過ごし方にも困らない、セブの映画館についてご紹介していきたいと思います。
SHOTA | 98 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

hiro hiro