2012年12月2日 更新

セブで人気のお土産シリーズ第2弾!「バナナ・ケチャップ」をご紹介!

 

セブで人気のお土産シリーズ第2弾!

セブのお土産はドライマンゴーの他に何があるの?という質問がよくあるので、人気のお土産をシリーズにしてご紹介しています。

前回はサクサクとした触感が人気の「オタップ」をご紹介しましたが、今回は意外なあるものをご紹介したいと思います。

 



 

今回ご紹介するのがこちら。

「ケチャップ」です。



 

でも写真を良ーく見てみてください。ただのケチャップではないですよね?

そう、今回ご紹介したいのが「バナナケチャップ」です!

 

日本ではトマトケチャップが有名ですが、フィリピンではなんと「バナナケチャップ」が人気なんです。



 

セブでローカルレストランやファーストフードに行くと、食べ物が甘く感じることがありませんか?

フィリピン人は甘い味付けを好む人が多いのでもちろん砂糖や甘い材料が使われている場合もあるのですが、バナナケチャップも食材を甘くさせます。

 

フィリピンで一番人気のファーストフード「Jollibee(ジョリビー)」も実はハンバーガーやスパゲッティにトマトケチャップではなくバナナケチャップが使われています!

初めてジョリビーのハンバーガーやスパゲッティを食べた時は少々甘くて驚きましたが、バナナケチャップが使われていると知って納得しました。

初めは甘い味付けに慣れないと思いますが、徐々に美味しさがわかってくるようになると思います。



 

バナナケチャップをお土産として持って帰る場合、ビンに入ったものだと少し重いですよね?

スーパーではパックに入ったものが売られているので、これだったら軽くて持ち帰り安いですね。





ちなみにこの「UFC」、写真上の200gのものが11.75ペソ、写真下の320gが17.25ペソです。320グラムの方は詰め替えに便利なチューブが付いています。デルモンテ社のビン入りのものは26.25ペソ。

 

写真の他にもスーパーには色んな種類やメーカーのバナナケチャップが売られています。

美味しそうだなっと思ったものをぜひお土産にどうですか?

 

(SHIHO)
1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

shiho shiho