2012年8月17日 更新

セブ島で安くておいしいドーナッツを食べよう!

こんにちは!セブのローカルライフをお届けしています。ひろです!

前回、ライターのミキオくんが日本でも人気のあるクリスピー・クリーム・ドーナッツの記事を書いてくれましたが、50ペソなんて高いよ!なんて思う方もいるかもしれません。

セブではクリスピークリームも人気が出たけど、それでも人気の絶えることのないドーナツ店をご存知でしょうか?





フィリピンで未だにNo1をキープしているドーナッツ店の名前はダンキンドーナッツ(Dunkin Donut)です。日本でもしばらくの間だけ進出したことがあるので、その名前は聞いたことがあると思います。

ちなみにこのダンキンドーナッツはアメリカでもナンバーワンのお店です。

1950年からフランチャイズを展開しているこの企業は世界に約6,000店舗展開している世界最大のドーナッツ・チェーン店です。ミスタードナッツとロゴが似ているので「コピーじゃん!」と思うかもしれませんが、アメリカではミスタードーナッツもダンキンと同じ会社なんですよ!

フィリピンでもダンキンが有名なのは、求めやすい価格と、多くのバリエーションのドーナッツがあること。味も甘いもの好きのフィリピン人に合う味付けとなっています。

よくフィリピンでもお昼の後や3時のおやつ辺りには列が出来るほどの人気ぶりになっています!

 

実際に買ってみよう!


今回はセブシティーにあるSMモール内、二階にあるお店に取材してきました。

カウンターの奥にドーナッツがずらりと並んでおり、ドーナッツの他コーヒーフロートやサンドイッチのバンズ(Buns)など、飲み物や軽食等もオーダーできます。

お昼の後は人で列ができてしまうほど人気です。なので、あまり人がいないときはラッキーですよ!!



スイーツが好きなひろは何回か足を運んでいます。

ですが、個人的にはお店で買って中でゆっくりするのもアリなんですが、ちょっとお腹が空いたり、モールの中を歩きながら食べたいという方にはブース形式のダンキン・ドーナッツに立ち寄るのもオススメですよ!

SMモール内の各階にはブースがありますので利用してみるといいでしょう。



ダンキン・ドーナツで売られている商品の価格は20ペソから25ペソ(約40円から50円)程度と非常に安く、ボリュームも満点です!






ブース形式のお店で買っても同じ価格です。

普通のドーナッツからクリスピークリームの様にナッツの載ったデコレーションのあるドーナッツまでいろんな種類があるので、好きなのをオーダーしてみましょう!

今回はコーヒーもオーダーしてみました!



ダンキン・ドーナッツは非常に甘く、疲れた体に最適です。勉強の後などに食べてみるとリフレッシュできると思いますよ!

個人的にオススメなのがシンプルなドーナッツです。僕はここに来ると、コーヒーと一緒の「Combo 1(コンボ1)」をオーダーします。

このコンボ1というのはコーヒーとドーナッツ一個ついて55ペソ(約110円)というセットなのです。ダンキン・ドーナッツのコーヒもおいしいのでぜひ試してほしいです!

 

さて、今日はローカル記事から少し離れた、安くておいしいオススメスイーツを紹介しました。もう日本には無いこのドーナッツ屋さん、ぜひセブ島に来た際にはチェックしてみてくださいね!

 

(ひろ)




お店紹介:ダンキンドーナッツ

住所: 

セブシティーの至る所に点在しています。アヤラモールや、SMモールで見つけることが出来ます。

 

 
1 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

hiro hiro