2012年8月6日 更新

セブに新しくオープンしたセブンイレブンに潜入捜査してみた!

セブにコンビニセブンイレブンのが登場したと、以前の記事でもご紹介しましたよね!フィリピンには20年前から進出していましたが、セブは今回が初めてなのです!

セブのセブンイレブンは日本とどう違うのか、どんなお惣菜類が売られているのか気になったので早速潜入捜査してきました!



 



日本にもある同じフランチャイズのお店でも、海外に来ると違うもの。マクドナルドは少し塩の味付けが強めだったり、その国でのオリジナルメニューなんてありますよね。

中に入ってみると、日本のようなコンビニな作りになっています。目的の物を簡単に探しやすく、整頓されていました。でもどんな商品が売られているのでしょう!

まずは、一般的なお菓子やジュース類をチェック。



ほら、ありました!この様にズラッと?棚に並べてありましたよー。

ここで売られていのはサンドイッチやレトルトパスタなどの惣菜達です。





食べやすいようにパックの中に入っていますね。フィリピン版のお弁当ですね!

更に探索していくと、ボールペンで中身が書かれてるモノ発見。もちろん賞味期限や製造年月日、値段さえも書いてありません。

ボールペンでSIOMAIと書かれていたのでシュウマイらしいです。

暑いセブからクールオフするのには欠かせない一番人気のシェークのスラーピーも飲んでみて!セブンイレブンで一番人気のこのドリンクは22ペソ(約44円)からです。




スラーピーには色んなフレーバーがあり、この日はペプシ味とマウンテンデュー味がありました。

他には暖かいお惣菜の肉まんもあります。フィリピンでは肉まんのことを、ショーパオ(SIOPAO)と言います。ドリンクとセットで49ペソ(約100円)です。

 



フィリピンではBola Bola(ボラボラ)Asado(アサド)味があり、日本の肉まんイメージして食べるとガッカリするかもしれません。ジューシーさは少なく、饅もあまりふっくらしていません。

フィリピンにもピザまんとかあるといいですよね!

その他アイスクリームなどのデザートをも売ってました。15ペソ(約30円)から購入が可能です。



日本のように品揃えはあまり多くないですが、今後新しいお惣菜などが増えるといいですよね!ちょっとした買い物にも便利なので、是非チェックしてみるといいでしょう!

ちなみにマクタン島支店はまだありません。セブシティーに行く際、寄ってみてください。

 

(MAMI)

 
1 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

mami mami