2012年7月26日 更新

庶民の文化を覗いてみよう!市場で食料品を買ってみる?

こんにちは!セブローカルライフをお送りしますひろです!

僕は仕事の関係でセブの中心街から離れた「アルムノス」というところに住んでいます。ここは最近開発が進みつつある「SRP」の先にある場所です。

自炊することが多いひろは今回、地元の市場で買い物をしてきました!


市場ってどんなところ?


セブの市場はほとんど日本と同じ。小さな道にところ狭しとお店が並びます。ですが、これは庶民の生活を知る上で非常に大切なのです!また、買うことのできる商品は主にお肉、魚、野菜、日用生活品、DVD、洋服等などを買うことができます。今回は野菜とお肉を購入しに行ってきましたよ!!

時間帯にもよりますが朝方、夕方あたりは人で賑わうようです。僕はお昼少し前の11時ごろに行ったのであまり人はいませんでした。

写真は僕のよく行く市場「タバダ」。コロン通りから「08G」のジプニーに乗って約20分前後。ジプニーの乗り方は前回記事の三つで既にマスターしていると思います!あれっ?と思った方は今すぐチェック!!

 


お肉を購入してみよう!


フィリピンで安買うことができる代表はなんと言ってもお肉。鶏肉・豚肉・牛肉いろいろあります。その中でも最も好まれるのは鶏肉。主にフライドチキンとして人々は好んで食べます。

また前回紹介したフィリピン発祥のストリートフード「プンコ=プンコ」でも鶏肉をフライドチキンとして提供するお店はたくさんあります。

ですが今回購入してみたのは「豚肉」。市場ではブロックで買うことができます。



このようお店の前にブロックで並んでいます。ちなみにグラム数はコチラで指定できるので、買いたいグラム数を伝えましょう!また、スライスやダイスカットにするかも伝えてみましょう。スライスする場合はその場でしてくれますよ!



このようにスライスしてくれます。

ちなみに市場価格をご紹介!!

・豚肉は約1キロ180ペソ程度。一人前で1キロは多いので、大体500グラムの90ペソをオーダーすることが多いです。

・鶏肉は1羽120ペソ程度。前回買ったときはこの値段でした。多分、キロ数によって変わってくると思います!

 野菜を買おう!


お肉とくれば野菜です。野菜を買うときはかごをお店の人から借りて、その中に買いたい野菜を入れていきます。これも基本的にグラム数によって変わっていきますが、断然安いです。

こんな感じでお店の前にずらっと並んでいるので、自分で選んで買いましょう!!ただし、多少痛んでいるものや芽が出ているもの等あるので、しっかり見極めが大事ですよ!!

そのほかにもまだまだたくさんある!


ここ「タバダ」は庶民の生活の地。 コロン通りから少し離れたこの場所は、野菜を買ったり日用品を買ったりして人で賑わいます。また夕方には出店が出たり、ちょっとした物が食べれたりと様々です。

ここではその他の写真を紹介しいくことにします!



(魚だって市場から直輸入ですよ!)



こうやってお客一人一人と対話しながら売っていきます。こういう文化が人と人のつながりを強くしていくんだなぁと思う一コマです。



これが一番インパクトのある写真かな~なんて思います。「これぞフィリピン!!」っていう感じですかね。お肉がぶらーんとつられています!!

さて後半は写真を紹介していきました!今回の記事いかがでしたか?

ですがその前に注意事項を記しておきます。

注意しておきたいこと


ここはあくまでもフィリピンです。ネガティブな意味ではないのですが、日本ほど衛生環境が良くありません。しっかりと選別して買うことをオススメします!

お肉はしっかり火を通しましょう!また、調理前にはしっかりと洗いましょう!これは様々な感染症が起こりえる国での最低条件です。食べ物が汚ければ調理しても汚いままです。

市場は一般の人が多くいる場所です。むやみやたらに貴重品を取り出したりしないようにしましょう。あと、服装等も要注意ですよ!!今回の撮影もライターの自己責任で撮影しています。あまりオススメはしませんが、すべて自己責任の上でお願いいたします。

以上が注意点となります。この注意点は前回記事、「コロン通りサバイバルガイド」でもお伝えしたとおりです。 つまりフィリピンの生活文化に触れる場合、なるべくフィリピン人に近いように振舞うことです。その第一歩が貴重品の管理、服装の注意なのです。これはフィリピンどこの地域へ行っても変わりは無いと思います。

今回の記事、いかがでしたか?フィリピンは「食文化の国」といっても過言ではないので市場を知ることは、フィリピンを知る上で非常に大切なことです!!

それでは次回更新をお楽しみに!!

(ひろ)

Photo credit by Hiro

 
1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

セブで大人気バイクの改造!

セブで大人気バイクの改造!

セブでは、最近乗用車の数も増えてきています。 これはフィリピンの経済が年々よくなっており自家用車を持つ人が増えたということなのでしょう。実はフィリピンはNEXT11の一国に選定されているほど、安定した経済成長をしてる国なのです。2005年以降はリーマンショックのあおりを受けた2009年を除いて4%~7%前後も安定した経済成長を続け、特に2010年には7.6%、2013年にも7.2%と7%を超える高い経済成長率を記録しております。また人口も爆発的に増えており特に若い世代が多いのも特徴です。 しかし経済成長の裏側では経済成長に追いつかない政府の遅れが露呈され、交通に関する整備の遅れから交通渋滞も頻繁に起こっています。 その為、渋滞を回避しやすいバイクの需要が高いのです。
SHIN | 44 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

hiro hiro