2015年4月1日 更新

連休でもある今年の聖週間(ホーリーウィーク)はどうする?6つのオススメな過ごし方

毎年この時期のアメリカなどではイエス・キリストの復活祭であるイースターが行われます。

復活祭の1週間前である日曜日は棕櫚の主日と言われ、そこから聖木曜日、受難週、聖土曜日、復活祭を祝う聖週間(Holy Week)カトリックがほとんど占めるフィリピンでは重要なイベントの一つになっています。

ホーリーウィークはその年によって日が変わってきますが、だいたい3月末から4月中旬の1週間になります。今年の場合は3月29日から4月5日までで、4月2日~5日は祝日になっているのです。

祝日がある日でもモールなどは営業している場合が多いのですが、ホーリーウィークに限っては主要サービスなどが閉まっていることが多く、せっかくの連休なのにアクティビティが限られてしまいます。ホーリーウィークを楽しみたいと思う方に、いくつかオススメの方法をご紹介しますよ!

 



元々イスラム系の国だったフィリピンですが、スペインの植民地化により一気にカトリックが浸透していきました。そのためフィリピンでの宗教の80%以上はカトリックと言われ、モールの中で突然3時のお祈りが始まったり、シヌログ祭りが開催されるなど色んな所でその様子を見ることが出来ます。

毎年10月末に行われる万霊節(All Soul’s Day)と3月末から4月の間の1週間である聖週間(Holy Week)はフィリピンで重要な日とされ、祝日になっているのです。

モールやレストランを含む施設やサービスが閉まるため、多くの人達は実家に帰省したり教会で聖週間を祝ったりします。普段渋滞になっているストリートも車が少なくなったり、街が静かになるのは良いですが、キリスト教に関係のない方々にとってはせっかくの連休を楽しむことが出来ません。

そんなホーリーウィークを楽しむにはどうすれば良いのでしょうか?オススメの方法をいくつか紹介しますよ!

1. リゾートやビーチに行く


Alcoy Beach Line

この時期のフィリピン人は教会などに行ってホーリーウィークを過ごす方がほとんど。でも、なかなか無い連休でもあるので、それを使ってマラパスクア島、バンタヤン島やカモテス島などに行って休みを楽しむ人達も多いのです。

復活祭の前だと肉料理やアルコールを摂取しては行けない事になっているのですが、バンタヤン島などこれらの影響がないロケーションもあります。フィリピンは夏の季節になってきたということもある、海を楽しみたいという方にはオススメの時期です。ただ、連休&シーズンと言うこともあり、予約が多かったり価格が上昇している場合があるので注意が必要です。

ウォークインで利用可能なデイユースもありますが、一応事前に予約しておくと良いかもしれません。

2. バスなどを使って北部や南部を旅行してみる


church-and-plaza-shot-from-municipal-hall-2nd-floor

連休中は家にいたりすることが多いので、いつもより渋滞が少なくなりますが、バスなどの交通機関は通常通り利用できるので、自然の多いセブ島北部や南部に行ってみるというのも悪くはないと思います。

セブ島南部の街であるカルカルやアルガオはスペインの文化が残っており、歴史建造物などを見れるだけではなく、レチョンなども美味しいので色々楽しめると思います。教会もあるので、復活祭を祝うミサを見てみるというのも良いかもしれません。

マンタユパンフォールやカワサンフォールもあるので、ぜひ自然を楽しむと良いですよ!

3. ITパークで過ごす


10353183_10204998663275868_3733003923056209456_n

モールなどは2015年の場合4月2日から3日まで閉まっている事が多いですが、海外企業のコールセンターが集まるITパークだと、通常営業しているカフェやレストランがある場合があります。

家でゆっくりした後は、カフェに行って好きな時間を過ごしてみてはいかがですか?お店によっては閉店時間が早いところもあると思うので、色んな所をチェックしてみると良いでしょう。

4. 教会などに行ってホーリーウィークの様子を見てみる


sto nino church

復活祭とはどういうものなのか?セブ島の人たちはどのように過ごすか?が気になる方は、フィリピン人の友人と一緒に過ごしてみたり、日曜日に教会などに行ってみるというのもベストかもしれません。

以前、エキサイトセブでも聖週間をフィリピン人の視点から紹介しましたが、少し新鮮な経験が出来ると思うので悪くは無いと思いますよ!

5.ランニングや散歩をしてアクティブになる


10298667_10203588641506205_7421243629784284492_n

渋滞が少ないという事を活かして、ランニングやウォーキングなどをしてみるというのもベストな方法かもしれません。

エキサイトセブでは過去にランニングなどを楽しみたい場合は早朝5時などにしておくべきだと紹介しましたが、ホーリーウィーク期間内だと車が少なくなるので、午後などにランニングを行うというのも良いでしょう。

6. 本やDVDなどを購入して、家で引きこもる


1779892_10203057417345933_1815261101_n

連休はやっぱり家で過ごしたい!という方は本やDVDなどを購入して家で楽しむのも悪くはないでしょう。

先ほど書いてあった通りモールが閉まっている日があるので、家の食材が足りないという方は早めに買い物を済ませておくべきです。普段忙しい方はゆっくり出来る日だと思うので、ちゃんとチャージしましょう。

 

フィリピンでもなかなか無い連休なので、楽しい連休をぜひお過ごしくださいね!

(MIKIO)
1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【期間限定のナイトマーケット】マクタン島で開催されているtrade fair2017を覗いてみた!

【期間限定のナイトマーケット】マクタン島で開催されているtrade fair2017を覗いてみた!

セブもクリスマスシーズン真っ只中ということで、街中では普段は見かけない催し物が増えてきました。 今回ご紹介するのは、その中の一つ。買い物をするのにぴったりな、ショッピング施設です! マクタン島のマリーナモール付近の特設会場にて、クリスマスの期間限定で開催されているtrade fair! ここは一体どのようなショッピング施設なのか実際に筆者が行ってみたので、この記事にまとめてみます。
SHOTA | 50 view
ホセ・リサールってどんな人??フィリピンの歴史を知ろう!その①

ホセ・リサールってどんな人??フィリピンの歴史を知ろう!その①

フィリピンという国は植民地時代を長期に渡り経験している国です。日本も第二次世界大戦中、短期間ではありますがフィリピンを占領していた時代がありました。 今回、私は個人的にフィリピンの歴史について、知識を深めようとさまざまな記事を読み漁りましたが、フィリピンに在住の方はもちろん、旅行や留学で訪れる方も、最低限の歴史的背景は頭に入れておいていただければ、フィリピンという国をより理解し、フィリピン人の方ともわかり合うことができるのではないかと思い、今回は私なりにわかりやすく記事にすることにしました。 今回は第一弾ということで、もっとも有名なホセ・リサールについてまとめてみたいと思います。
REON | 112 view
手ごろな価格の「Allure Hotel & Suite(アリュールホテルアンドスイート)」をご紹介

手ごろな価格の「Allure Hotel & Suite(アリュールホテルアンドスイート)」をご紹介

皆さんこんにちは! 日本も冬に入りめっきり寒くなってきたのではないでしょうか。 そんな寒い冬はもう嫌!という方!セブは暖かいですよ!! さてさてそんなリゾート地セブ島ですが、5つ星ホテルのような高級ホテルから手ごろな価格でセブを楽しめるホテルまであります。 今回紹介するのはセブ島本島にあります「Allure Hotel & Suite(アリュールホテルアンドスイート)」です。
hiroki | 87 view
【初心者必見】カジノに挑戦!!◇セブ島ナイトライフ◇

【初心者必見】カジノに挑戦!!◇セブ島ナイトライフ◇

旅行先でのナイトライフの1つの過ごし方として、カジノがあります。 せっかくの海外旅行なので、カジノに挑戦したいと思うものですよね。しかし、多くの方はカジノに行ったことがないし、海外なので、言葉の壁も。。。と、初めてのカジノはとても仕切りが高いように感じるのも現実のようです。 カジノを楽しむことができる施設は世界でも多くありますが、カジノに初めて挑戦する方は、セブ島はとてもおすすめです。その理由として、フィリピン国内のカジノは政府によって運営またはライセンスを与えられているため、安全・公平性が保たれています。また、ホテルに併設されているカジノでは、日本人を始めとする旅行者が多く利用するため、ビギナーでも楽しめる工夫がされています。
REON | 153 view
【スーパーマーケットネタ】save more (セーブモア)マリバゴで買えるお土産まとめ

【スーパーマーケットネタ】save more (セーブモア)マリバゴで買えるお土産まとめ

セブにはいくつものスーパーマーケットがあり、日々外国人観光客や現地の人で賑わいを見せています。 セブのスーパーマーケットは日本のものと比べてカラフルで、視覚的にも楽しい気分になります。 今回筆者が紹介するのは、外国人の観光客が多いマリバゴ地区にあるスーパーマーケット『save more(セーブモア)』。日用品からお土産まで幅広い商品を取揃えているセーブモア!実際にどんなお土産が買えるのかを一挙大紹介します!
SHOTA | 525 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

mikio mikio