2012年5月26日 更新

フィリピンで「焼きそば」?日清の「YAKISOBA」を作ってみた。

エキサイトセブの3分クッキング!なんちゃって。

 

皆大好きなインスタントヌードル。受験やら、忙しい時やら、少しお腹が減った時やお金がないときに役に立つ即席麺。日本でもカップラーメンはもちろん、スパゲッティーのスパ王など色んなバリエーションがありますよね。

フィリピンの即席麺も最近は種類が多くなっていて、モールのスーパーに行くと即席麺だけが揃えてある商品棚が15メートル、ズラーッと並んでいるのが普通だったりします。

前回、ライターのSHIHOさんも紹介してくれたパンシットカントンを紹介してましたが、今回は日本のあの有名な会社「日清」の「YAKISOBA」を作ってみたのでレポートしてみたいと思います!



元々フィリピンの即席麺は安くて、ローカルの人でもスーパーに行ったら必ず買う商品。



こちらのYAKISOBAもSMもスーパーで1つあたりたったの8.50ペソ(約18円)だけです!



このYAKISOBAは他にも色んなフレーバーがありますが、今回は「スパイシーカラマンシー」のフレーバーを試してみました。

本当の野菜が入ってるよ!」なんて書いてありますが他社製品はフェイクな野菜が入ってるのでしょうか・・。

今回はお腹が減っていたので、4つ購入。



後ろは作り方がイラストで記載。どこの国でも作り方は一緒ですね!一袋270カロリーあります。

 

麺はこんな感じ。



これ、Lucky Meのパンシットカントンと違うところは丸くて小さな鍋を使っても茹でやすいこと!さすが日清ですよねー!

 

こちらはかやくとソースが入っている袋。





 

さぁ、麺を茹でましょう。

お好みですが、2分ほど茹でたほうがベストでした。



 

麺を茹でている間にかやくを器にセット。これ一袋に入っているかやくの量です。少々少ないですが・・。



 

でも4袋買ってきたので全て入れてみました。



中には乾燥された人参、ネギ、キャベツと肉が入っていました。

麺が茹で上がったら、かやくの上にかけます。そして粉末ソースを用意して、



 

上からふりかけて

 

そして最後に液体ソースを入れます!



後は味が全て染み込むようにかき混ぜれば出来上がり!



 

食べてみた感想ですが、焼きそばと言うよりはLucky Meのパンシットカントンをもう少し甘くしてみた感じの商品です。

スパイシーカラマンシーフレーバーなので、カラマンシーのライムの風味とピリッと辛い感じがいいアクセントを出しています。

ソース自体も甘いので甘辛くて酸っぱい感じでしょうか。ちょうどいいのでオススメです!

かやくに入ってた野菜もなんか甘い感じで食べやすかったです。

日本の日清の焼きそばと行ったら「U.F.O」がありますが、あんな感じでは無いので、日本の即席麺が良い!と思う方はそう期待しないほうが良さそうですが、ネタにもなるし、焼きそばがフィリピン人でも好まれる味になっているので試して見るといいでしょう!

モールのスーパーで購入出来るので是非トライしてみてくださいね!

 

(MIKIO)
1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

PUBLIC TRANSPORT(V-HIRE)でマクタンニュータウンからSMシューマートへ

PUBLIC TRANSPORT(V-HIRE)でマクタンニュータウンからSMシューマートへ

フィリピンの庶民の足といえば、だれもが知っているジプニー! タクシー、バイクタクシー、トライシクル、中には人力の自転車トライシクル、そしてマイバスなど色々ありますが、今回はマクタンニュータウンよりSMシティまでを往復してるPUBLIC TRANSPORT(V-HIRE)に乗ってみました。
shin | 20 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

mikio mikio