2013年7月31日 更新

利用してみると結構便利?マクドナルドのデリバリーを試してみよう!

夜、仕事や勉強をしてお腹が減ったけど手元に何もなかったり、作るのがめんどくさかったりした時に役に立つのがデリバリーサービスですよね。

日本でもピザなどの宅配があり、少し高めなイメージをすると思いますが、アメリカなどの海外では多くの人達が手軽に利用できるため日本のような価格になることはありません。フィリピンでも同じ事で、ピザハットなどのピザはもちろんの事、チョーキングの中華料理などのファーストフード店のデリバリーを利用することができます。

中でも、マクドナルドが提供するデリバリーはオンラインでも行われるので、お腹が減った時は利用してみてはいかがですか?



家や寮、職場などでお腹が減ったけど、めんどくさかったり忙しかったりで外食が出来ない、もしくは料理ができないという事もあると思います。今いる所から出ずに食事を楽しむ方法としてデリバリーが大変便利ですよね。

海外ではピザやハンバーガー等といったファーストフード店のデリバリー提供しています。あのマクドナルドでも日本では東京都や大阪府、京都などのエリアでマクドナルドのデリバリーを利用することができます。

Danboard makes a nest

最近はインターネットの普及が多くなったことから、オンラインでのオーダーで対応出来るお店が多くなりました。日本のマクドナルドはオンラインでのメニューをオーダーすることができますが、ユーザー登録が必要で少々面倒です。

でもフィリピンのマクドナルドは便利なことにユーザー登録をせずとも利用することができます。電話番号でのオーダーはもちろん可能ですが、英語にあまり自信が無い方や、もっと簡単にオーダーをしたいと思う方は、このオンラインサービスを利用してみると良いですよ!

使い方は簡単です。まずマクドナルドのフィリピンデリバリーのサイトにアクセスします。アドレスはmcdelivery.com.phです。

mc1

アクセスすると、ポップアップでプロモーションコンテンツが出てきますが、「X」をクリックして進みましょう。

mc2

トップページに行くと、メニューがずらっと並んでいるので、オーダーしたいメニューをクリックします。マウスを画像の上に載せると価格も表示されていますね!

mc4

試しにビックマックをオーダーしてみましょう。Big Macの画像をクリックすると、この様にオプションが出てきます。Quantityには数量、そしてFood Typeはスモール、ミディアムのセットメニュー、もしくは単品でのオーダーを選択します。

mc5

その他ドリンクなどを選択したら、「Done」をクリックします。オーダーしたメニューは横に一覧と合計価格が出てきます。

mc7

これで大丈夫だったら、今度は宅配先の住所や電話番号、自分の名前を入力していきます。電話番号やメールアドレスは確認のために連絡が来るので、本物の情報を入れるようにしましょう。ちなみに電話番号は携帯のものでも大丈夫です。

mc6

住所はもちろん正確に入れる必要がありますが、解りにくい場所にある場合は「Remarks」の部分で目印になる物を入力すれば大丈夫です。「Change for」は手渡すお金でお釣りが必要な場合に書き込む金額です。

フィリピンはお釣りが無いというユニークな国なので、大きなお金しかない場合はあらかじめここに書いておくとベストです。ピッタリの金額を持っている場合は書き込まなくても良いでしょう。

入力が完了したら、利用規約の部分にチェックを入れて「OK I'm Done」をクリックすれば完了です!

その後、付近のマクドナルドから入力した電話番号にオーダーした物の確認の電話が来ます。それでOKだったら20−40分程度でデリバリーが来ます。

IMG_0769

宅配のお兄さんが来た時は、合計金額を手渡せば大丈夫です。チップは支払う必要もありません。

便利なマクドナルドデリバリーですが、いくつか注意しておくことがあります。それは250ペソ(約550円)程度の最低購入額が必要なことと、セブではセブシティ、マンダウエ市、タリサイ市、ラプラプ市のみの対応になっています。

他にもジョリビーチョーキングなどのデリバリーもありますが、マクドナルドとだいたい同じ感じで利用できるので、お腹が減ったら是非利用してみると良いですよ!

 

(MIKIO)
1 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

mikio mikio