2013年5月31日 更新

セブの雨季をうまく乗り越えれる7つのコツ。

フィリピンは6月になると、暑い真夏もそろそろ引いてきて雨が多く降る季節である雨季がやってきます。

雨季?と思うかもしれませんが、真夏のイメージのあるフィリピンでも季節があり、一番雨が降る時期がこの雨季なのです。日本は四季があるため馴染みのないものですが、フィリピンでは一番風邪の引きやすい時期でもあるので、注意が必要です。

前回はセブの夏を乗り切る方法を紹介したと思いますが、今回は雨の多い雨季のセブでうまく乗り越えられる7つのコツを紹介したいと思います!



ビーチや観光地、そして南国のイメージのあるセブ島でも天気が不安定になる時期があります。それが6月から11月くらいまでにある雨季で、激しい雨が降ったり、曇りがちだったり、天気の予想ができない日が続いてきます。

特に夏から雨季へ移り変わる、5月の終わりは気温や天候の変化が物凄く激しいため、風邪の引きやすい時期でもあるのです。雨季になっても、決してセブを楽しめないという訳ではありません。

体調管理もちゃんと出来るようにセブの雨季をうまく乗り越えられる方法を紹介したいと思います!

1. 折りたたみ傘は常に持ち歩こう。


266/365 - And It Could Rain For Days And Then Where Would I Be?

セブで夏を乗り越えよう!快適にセブの夏を過ごす10のコツ」では日除け用に傘を持ち歩くといいよ!と書きましたが、今回は雨にいつでも対応できるように折り畳み傘を普段から持ちあるく事をオススメします。

筆者自身も毎日使っているバックパックには折りたたみ傘が入っており、突然雨が降っても大丈夫なので役に立っています。日本から持ってくるというのも良いけど、ガイサノモールなどで250ペソ(約520円)程度で購入が出来ます。

2. パーカーなど長袖を持っているとよし!


暑い国に長袖?と思ってしまいますが、ジメジメとしたこの時期にガンガンにクーラーの聞いたタクシーや施設に行くと体がうまく調整できなく、風邪を引きやすくなってしまいます。

冬服のような長袖とは言いませんが、この時期にセブへ観光や留学として行こうと思う方は春や秋に着るような少し薄い長袖を一つや二つ持ってくると便利ですよ!

 

3. 靴よりかはサンダルにしよう


joshua radin:today

この時期に降る雨の量が物凄く、セブ島の多くの地域では排水がうまく行われてない所もあり大洪水になるエリアもあります。靴を履いていると、靴下まで濡れてしまい大変な思いをしてしまいますよね。

観光で来ている場合は靴よりもサンダルを履いて行動するといいですよ!濡れてもすぐに足を洗えるし、乾きも早いのでオススメです。

4. 突然雨降り出したら、とりあえず雨宿りをしよう。


雨季に降る雨は物凄く激しいため、思わず台風だと思ってしまうくらいです。「帰れない・・。」と思ってしまいそうですが、無理に外へ出てタクシーなどを拾って行くよりかは、30分程度待てば雨が落ち着いて来る場合があるので、雨宿りをすると良いでしょう。

長く降りそうな時でも、激しい雨から少し落ち着いてくる時があるので、その時を見計らえば大丈夫です。

5.明日観光をする場合は今日の天気をみてみる。


Red Umbrella

この時期は先程言ったように、天気が不安定で、天気予報すら当たらないことが多かったりします。でもある程度前日の天気によって明日の天気を予測することも出来るんですよ!

どんな感じかというと:

今日は一日中晴れ→明日は一日中雨

今日は一日中雨→明日は一日中晴れ

今日の午前中は雨→明日の午前中も雨

今日の夜は晴れ→明日の朝は雨

この様に交互に天気が変わることが多いです。曇りの時は予測しにくいですが、当日に予測するほうがベストな気がします。灰色で大きな入道雲を見かけたら数時間後には雨が降ると言った感じですね。

あくまで予測なので、100%とは言い切れませんが、当たることも多いのでこういう方法を使ってみるというのも悪くはないですよ!

6. 風邪を引いたら、風邪薬などで対処しよう。


medecine

気候が不安定なため、セブに居る日本人のみならず、ローカルの人達も風邪やインフルエンザになりやすい時期でもあります。そんな時は日本から持ってきた物や薬局で売っている風邪薬などで対処するといいでしょう。

フィリピンで有名な総合風邪薬の一つとして、バイオジェシック(Biogesic)があります。一つ8ペソ(約18円)程度で購入ができる安くて万能な薬ですが、日本人に合わない場合もあるので、合わない場合は処方をしないようにしましょう。

風邪ではなく、熱などインフルエンザの疑いのある場合はまっすぐ病院へ行って診察を受けるようにしましょうね!

7. インドアを楽しめるイベントが多い時期。


931436_10201151322254747_766667346_n

雨の多い日が続くと、どうしても暇になりがちですが、フィリピンではこの時期インドアでも楽しめるようなイベントなどが多く行われる時期でもあります。

モールなどでは期間限定イベントやレストランなどでは新メニュー、ショッピングでは新しい商品の販売など、外に行かなくとも楽しめる要素があります。この時期にしか無い様な楽しみもあるので、チェックしてみると良いでしょう!

 

天気が不安定だったり、雨が多いからってセブを楽しめないという訳ではありません。日本の梅雨とは全く違うフィリピンの雨季ですが、マニラに多い台風が直撃することもほとんど無いので、マニラに比べても、まだまだ暮らしやすいです。

このような雨季でも夏に無いような色んな楽しみ方もあるので、この7つの方法を覚えて、セブ島での一年の後半を楽しみましょうね!

 

(MIKIO)
1 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

mikio mikio