ターシャだけじゃない!ボホール島の動物園に行ってみた!

363

ボホール島に訪れた際、必ず行程に含めたいのがターシャ見学ですよね。ターシャは世界最小のメガネザルで、セブ島ではボホール島のみで見ることが出来ます。

そんなターシャが見学できるスポット(保護区)はボホール島内に数箇所ありますが、もちろんターシャしかいません。そのため、お子様などは少し退屈に感じることもあるかもしれません。

今回、私が行ったのは、ロボックワイルドライフ&ネイチャーパーク(LOBOC WILDLIFE&NATURE PARK)という動物園です。

map

ロボックワイルドライフ&ネイチャーパークは、Candabongという地区にあります。ボホール島ツアーの定番、ロボックリバークルーズから車で15分ほどの距離にあるので、ロボックリバークルーズ(ランチ)⇒ロボックワイルドライフ&ネイチャーパーク⇒チョコレートヒルズという流れでスケジュールを組むことが出来ます。
901eb9c2-e67e-4fff-884f-b16096da35a4
外観は可もなく不可もなくといった印象でした。決してキレイな動物園ではありません。駐車場にいきなりダチョウがいるのがとても印象的です。
入園料は一人150ペソ。セブ本島にあるセブサファリと比べると非常にリーズナブルな価格設定です。
9be1a2b5-2eea-49c2-964b-c0f9c235b1dc c8a65be1-a6b5-402c-a4b6-328111b505ce
園内では専属の英語ガイドがついてくれます。一周10〜15分ほどで廻れる大きさなので、一人でゆっくり廻っても良いでしょう。
2716d056-a427-4cbb-99c3-e82acc9514ec
やはり印象的なのはライオンです。でも少し元気がないような??痩せている?
1b9f0402-0c40-4d1a-86e9-211432a55b4b
ターシャはとても近くで見ることが出来ます。ちなみにターシャはとても敏感な生物なので、檻に入れて飼育することが出来ないんだとか。ストレスを与えると自殺する危険性もあるということでした。
そんなターシャはやはりいつ見てもとてもキュートです。ここでは、夜間にライトを設置してそこにターシャの餌となる虫を集めることでターシャが自然に集まる環境作っているということでした。
a70a006f-f96a-45e4-acc5-a807d9f7ae8d
そして突然のフクロウ!!触れる距離にいます。笑
7c626f59-c372-4f5b-81d5-8d86e0cdfa1e
メインイベントは巨大ヘビとの記念撮影とワニを抱いてのツーショットです。私は爬虫類全般が好きではないのでテンションが上りませんでしたが、好きな人にはウケるようです。ちなみにワニは子供のワニで、口が開かないようにテーピングされているので安心ですよ。
9ac394db-2791-42cb-bca5-8b691aa5a2dd
今回はボホール島にある動物園(ロボックワイルドライフ&ネイチャーパーク)を紹介しましたが、いかがでしたか?せっかくだからターシャ以外の動物も見たいという方にはおすすめです。興味がある方は立ち寄ってみてください。
(REON)
前の記事休日ショートトリップ♡インスタ映えするフラワーガーデン🌻
次の記事空港近くのお勧めホテル「ザ ベラビスタ ホテル
学生時代に語学留学のためにセブ島を初めて訪れ、その後、バックパッカーとして世界各国を訪れた際に、発展途上国の活気と成長性に魅了され、将来は発展途上国で働くことを決意。大学卒業後はビジネスの基礎を築くために、一度日本のコンサルティング会社に入社。2016年に退社し、現在はセブ島の現地旅行会社でツアーコーディネーターとしてセブ島の魅力を広げる活動に従事。 バイク、車、カジノ、アウトレジャーなど基本的に男の子が好む遊びが大好きです!週末はバイクでセブ島内をツーリングするなど、仕事・プライベートと充実した日々を送っています!生きる上でのモチベーションは毎年セブ島で開催されるトライアスロンの大会(アイアンマン)に参加することで、毎日トレーニング中です。朝・晩、マクタン島内で走っているフィリピン人風の日本人を見かけた際はぜひ話しかけてください。笑

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA