カランガマン島 ― 真白な砂浜ターコイズブルーの海自然豊かな島(2) Kalanggaman Island

90

フィリピンの島は7,641島

フィリピン国立地図資源情報局の発表では、新たに500以上の島が発見され現在の島の数は7,641島にも及びます。

大きく分けると3つのエリアに分けられており、最大の島はメトロマニラがあるルソン島エリアのルソン島でフィリピンの経済の中心となります。次には日本でも有名なフィリピンの代表的なビーチエリアとなるビサヤ諸島エリア、そして「第16代フィリピン大統領ドゥテルテ」や「ボクシング6階級制覇の世界的な有名人マニーパッキャオ」の出身地でもあるミンダナオ島エリアとなります。

そして、日本人にも有名なセブ島や世界最高のビーチに何度も選出されたボラカイ島はビサヤ諸島エリア、世界最高の島に選出されたパラワン島などがあるルソン島エリア、ピンクビーチで世界的に有名なグレート・サンタ・クルス島はミンダナオ島エリアにあります。

しかし、7,641もの島があるフィリピン。
日本人が知らないとても美しい島がまだまだあります。

今回はその中でもビサヤエリアに属するカランガマン島への行き方をご紹介していきます。

 

 

 

カランガマン島 レイテ / Kalanggaman Island, Leyte, Eastern Visayas

カランガマン島という名前は、ビサヤ語の「langgam」という鳥を意味する言葉に由来しています。
この島を上から見ると、島の両端は潮の満ち引きとともに鳥の羽のように羽ばたいています。

このレイテのパロンポンにある全長795メートルの砂州にあるのは、太陽、砂、そして波だけで、その美しさを損なうことのない、絵に描いたような夢のような景色が広がります。

仕事で忙しい中で、ターコイズブルーの海に囲まれた白い砂浜の島の瞑想にふけったことがありますか?
おそらく、そのイメージはフィリピンのカランガマン島に近いものがあるでしょう。
この島は、本当に絵に描いたように美しい島です。この島を説明するのは典型的な南国の島の決まり文句をすべて使用するしか方法はありません。なぜなら、その典型的な言葉こそがすべて当てはまるカランガマン島の象徴だからです。

澄んだターコイズブルーの海、揺れるヤシの木が並ぶ柔らかな白いビーチ、それは南国の楽園にほかなりません。

 

カランガマンに行く方法

カランガマン島は、レイテ東部のパロンポン(Palompn)の沖合にあります。
以下に主要の場所からの移動方法をシェアします。

マニラから:

タクロバン(Tacloban)のダニエル・Z・ロマオルデス空港(Daniel Z Romualdez Domestic Airport)まで航空機、空港からパロンポンまではバンでの移動となります。

セブから:

  1. 航空機:タクロバン(Tacloban)のダニエル・Z・ロマオルデス空港(Daniel Z Romualdez Domestic Airport)まで航空機、空港からはパロンポンまではバンでの移動となります。
  2. バス1:セブノースバスターミナル (Cebu North Bus Terminal) からマヤ港 (New Maya Port) までバス、マヤ港からはボートになります。※バスは旧マヤ港行きのためトライシクルなどを利用して新マヤ港に移動する必要があります。
  3. バス2:セブノースバスターミナル (Cebu North Bus Terminal) からボゴ市のポランバト港(Polambato Port)までバス、ポランバト港からはパロンポン行きの船に乗ることができます。
  4. 船:セブ市のノースレクラメーションエリア(North Reclamation Area)にあるスーパーシャトルフェリー ピア8プライベートピアターミナル(Super Shuttle Ferry Pier 8 Private Pier Terminal)ではセブ市-パロンポンルートを定期運航する船があります。

タクロバンから:

タクロバン市からパロンポンへはバンで3時間で行くことができます。
パロンポンからカランガマン島へは通常のボートで約1時間、スピードボートで約40分です。

 

オルモックから:

オルモックシティパークの近くにあるバンまたはバスターミナルに行きます。
パロンポンへは通常1時間半から2時間程度かかります。

マラパスクア島から:

カランガマン島までボートで1時間半から2時間です。

 

入島には登録が必要


カランガマン島は一般に公開されていますが、美しさを維持するため、また混雑を避けるために地方政府によって1日あたり500人の観光客に制限されています。

パロンポンに到着したら、観光客は最初にパロンポンエコツアーオフィス (Palompon Ecotours Office) に登録する必要があります。
ツアーオフィスはパロンポン市庁舎近くのリバティーパークの前にあります。

地方自治体のウェブサイト(www.palomponleyte.gov.ph)またはフェイスブックページにアクセスして確認してください。

 

費用

カランガマン島への入場には入場料が必要です。
外国人旅行者は500ペソ(約1,080円)、1泊する場合の料金は750ペソ(約1,510円)です。

 

いかがでしょうか。
マニラやセブからも行けるカランガマン島。真白な砂浜があるとても綺麗な島です。
インスタなど写真映えは抜群。

少し遠出をするだけで一生に残る思い出と写真が残ることでしょう。

 

Image source: https://www.palomponleyte.gov.ph/https://commons.wikimedia.org