カランガマン島 ― 真白な砂浜ターコイズブルーの海自然豊かな島(1) Kalanggaman Island

101

フィリピンの島は7,641島

フィリピン国立地図資源情報局の発表では、新たに500以上の島が発見され現在の島の数は7,641島にも及びます。

大きく分けると3つのエリアに分けられており、最大の島はメトロマニラがあるルソン島エリアのルソン島でフィリピンの経済の中心となります。次には日本でも有名なフィリピンの代表的なビーチエリアとなるビサヤ諸島エリア、そして「第16代フィリピン大統領ドゥテルテ」や「ボクシング6階級制覇の世界的な有名人マニーパッキャオ」の出身地でもあるミンダナオ島エリアとなります。

そして、日本人にも有名なセブ島や世界最高のビーチに何度も選出されたボラカイ島はビサヤ諸島エリア、世界最高の島に選出されたパラワン島などがあるルソン島エリア、ピンクビーチで世界的に有名なグレート・サンタ・クルス島はミンダナオ島エリアにあります。

しかし、7,641もの島があるフィリピン。
日本人が知らないとても美しい島がまだまだあります。

今回はその中でもビサヤエリアに属するカランガマン島の魅力と注意点などをシェアしていきます。
セブからは、航空機の他、バスや船でも行ける島なので是非チェックしてみてください。

 

 

カランガマン島 レイテ / Kalanggaman Island, Leyte, Eastern Visayas

カランガマン島という名前は、ビサヤ語の「langgam」という鳥を意味する言葉に由来しています。
この島を上から見ると、島の両端は潮の満ち引きとともに鳥の羽のように羽ばたいています。

このレイテのパロンポンにある全長795メートルの砂州にあるのは、太陽、砂、そして波だけで、その美しさを損なうことのない、絵に描いたような夢のような景色が広がります。

仕事で忙しい毎日、ターコイズブルーの海に囲まれた白い砂浜の島の瞑想にふけったことがありますか?
おそらく、そのイメージはフィリピンのカランガマン島に近いものがあるでしょう。
この島は、本当に絵に描いたように美しい島です。この島を説明するのは典型的な南国の島の決まり文句をすべて使用するしか方法はありません。なぜなら、その典型的な言葉こそがすべて当てはまるカランガマン島の象徴だからです。

澄んだターコイズブルーの海、揺れるヤシの木が並ぶ柔らかな白いビーチ、それは南国の楽園にほかなりません。

 

自然豊かなカランガマン島

カランガマン島は、驚くほどの美しいビーチがあるだけでなく、非常に人里離れた場所にあり、驚くほど手つかずの状態です。

時に観光客の多いビーチは、同時に自然の美しさを台無しにします。
しかし、カランガマン島は、写真と同じように自然のままです。
フィリピン政府は、この島の見事な自然の美しさを維持するために大きな努力をしてきました。

自然を維持するため、大きなホテルなどはありません。
カランガマン島で夜を過ごしたい場合には、高層ホテルやリゾートは一旦忘れてください。テントなどで過ごすことになります。
通常の2倍の価格で冷たいビールを販売しているようなレストランやバーが無い代わりに、バーベキューやピクニックテーブルを利用して、持ち込んだ食べ物を食べることができます。また、地元の漁師が新鮮な魚をグリル用に販売することもあります。

カランガマン島はとても小さく、700メートル強の長さで、2本の長い砂州が海のはるか遠くまで広がっています。これらの砂州は、7,641を超える島々からなるフィリピンで最も長い砂州の一つです。
島から広がる鳥の翼ような砂州の片側では、海は浅くて穏やかです。のんびりと足を伸ばして過ごしたり、涼しくひと泳ぎをするのに適しています。反対側には大きな岩が並んでいて、真っ青な海に荒波が広がっています。カランガマン島で楽しむことができるアクティビティには、カヤックで海を一周したり、滑らかな海の上でスタンドアップパドルボードをしたりすることです。
穏やかな澄んだ海はシュノーケリングをするにも絶好の機会です。そして、好きな本を持ってきて砂浜でのんびりくつろだ読書もいいでしょう。

朝や夕方の適切な時間に島に出れば、イルカを見つけるチャンスもあります。

 

カランガマン島の楽しみ方

カランガマンの魅力は何といってもビーチ。
手つかずの自然のビーチで思う存分南国の海を味わえます。

ビーチでは、スイミング、カヤック、シュノーケリング、アクアバイク、スキューバダイビング、キャンプ、レンタルボートなどが楽しめます。

またジェットスキーやバナナボート、自転車などをレンタルすることもできます。

持参したほうがいいもの

カランガマン島で購入できる選択肢は非常に限られているため、食料、水、その他必要と思われるもののほぼすべて持っていくことが最善です。
一晩滞在する場合には、テントやキャンプ用具などが必要になります。

島にはフィリピン現地の個人商店サリサリストアはありますが、万一のことを考えて持参するのが無難でしょう。


ツーリストポリスの支援
観光客に快適さと安心を提供するために、地方自治体は島に駐在するツーリストポリスの施設を建設し島を保護しています。

 

旅の注意事項・ヒント

  • スムーズな移動を希望する場合は、午前6時にはボートでの移動を開始することをお勧めします。
  • 島には数が限られていますが、ティピ(Tipi Huts)と呼ばれるロッジがあります。他にはテントを持参するか、テントを借りることができます。
  • 観光客は自分の食べ物を島に持ち込むことができます。
  • 正午から午後3時までは波が荒くなるので、船に酔いやすい人は要注意です。
  • 島には清潔なトイレとシャワーエリアがありますが、水は非常に限られています。
  • 十分な量の飲料水を持参してください。島には飲料水がありません。
  • ガジェットや携帯電話用の予備のバッテリーを持参してください。島には電気がありません。
  • スマート社の電波が島で最も強い携帯電話信号になります。
  • ATM機は、パロンポンでのみ利用できます。
  • パロンポン観光局では、十分な水があるシャワーエリアを利用できます。
  • 責任を持って島や街を清潔にし、自分のゴミは持ち帰りましょう。

 

Image source: https://www.palomponleyte.gov.ph/https://commons.wikimedia.org