マクタン島のパブリックビーチ【ハドサンビーチ】でのんびりとした1日を!

65

セブ、リゾート、、と来るとその次に来るのはやはりビーチ!
セブ島に来たからには、ビーチでのんびりしたい!そう考える方は多いのではないでしょうか?
そんな皆様必見!今回は、マクタン島にある公共のビーチ、ハドサンビーチをご紹介します!

074b0021-8aab-4e9c-bd8a-906e6fb4d6df
皆様が思い描くセブ島のイメージは、「白い砂浜に真っ青なビーチ」という人が多いと思います。
ですが実際に来てみるとわかりますが、綺麗なビーチに行くには、

・アイランドピクニックで他の島に行く
・リゾートホテルのデイユースをする

事以外の方法があまり見当たらないのが現状です。。
その中でも、今回ご紹介する『ハドサンビーチ』はマクタン島の中心部、最高の立地にある公共のビーチです!
まずは、ハドサンビーチで実際に筆者が撮って来た写真から見て見ましょう!

74605477-f107-41ec-a347-0b63998fb3ed

e5015bb8-61e2-4e0b-acbb-5e414d1d3bab

dfb7dae2-7c0d-4e0a-a719-52f69e4b1e04

■GGブルー
eedb22d9-7b20-4dff-81b8-2fe7fdede24d 00e5a7fc-7593-4b0b-88e4-a54ad5ea8b0e

こちらのGGブルーというレストランは、ハドサンビーチ内にあるレストランです。夜になるとロマンチックな雰囲気になることもあり、ここに訪れたいがためにハドサンビーチに来る外国人観光客も多いです。

写真で見て分かる通り、ここはローカルの人が多いのが特徴です。休日ともなると、パーティーが大好きなフィリピン人達がこちらに集まり、お酒を酌み交わしたり、カラオケをしたりして楽しむ社交場にもなります!

■カラオケを楽しむ女性
d1682c1c-ca83-4afe-84fd-1fae065ee5dd

というのもこちらのビーチ、、

入場料の50ペソ(約110円)
さえ払えば誰でも、利用する事が可能なため、ローカルの人にとっても足が運びやすいビーチだからです!
ビーチ周辺には、ダイビングショップやマリンスポーツ専門店などが軒を連ね、沖の方を見ると、パラセーリングやバナナボートをしている人達で賑わっております。
場所は、マクタン島のリゾートエリアの丁度中心辺り。タクシーの運転手には、『ハドサンビーチ』又は、『GGブルー』(ハドサンビーチ内にあるレストラン)で通じます。
ゲートでエントランスフィーを払えば、あとは楽しむだけ!
■ハドサンビーチ入り口
2c46a9e4-1f38-42e5-b1e3-99440bebeb9b

ハドサンビーチ入り口

■ゲート
1a8b0d5d-3be4-4e79-b05b-bfddf198bd84おすすめの過ごし方は?
ビーチ内には買い物できる場所が無く、ご飯を食べるとなるとGGブルーというレストランになります。
もし、自分達でパーティー気分で楽しみたい場合は、ビーチに入る小道の周辺の、スーパーやコンビニをご利用することをオススメします!
■シャングス(スーパーマーケット)
28d7d228-d122-40f4-9bd2-e70426101dd7

■セブンイレブン
93dfeb06-501a-4c55-8b5f-10b4db6f5149

こちらで、食料や飲み物を購入してビーチでみんなでワイワイなんていうのも楽しそうです。
マクタン島の一流リゾートホテルのビーチと比べてしまうと、ローカル色が強く、整備が行き届いているビーチとは言えませんが、海辺でのんびりでき、仲間と楽しめる場であることは間違い無いと思います!
セブでお手軽に海に行きたくなった方は、是非一度ハドサンビーチに訪れて見てはいかがでしょうか!

(shota)

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA