【セブ島】コスパ最強レストラン 5選をご紹介!!!

115

観光や留学で人気のセブ島ですが、やはり物価が安いことも人気になっている1つかと思います。

今回は特にコスパが良いレストランを厳選して5つご紹介していきたいと思います!

Port Restaurant(ポートレストラン)

セブ市内にあるITパークの道路を挟んだ目の前にあるホテル「ウォーターフロントホテル&カジノセブシティ」の敷地内にレストランがあります。

派手な外観のホテルで、レストランの値段は高そうと思いますが、実はお手頃な価格なんです!

場所ですが、ITパーク側のホテル入り口から入って、ロビーへ行くスロープを上る手前の右側にあります。

「Port」とは港という意味でレストランのロゴやスタッフのユニフォームなどがまさに港をイメージしたコンセプトとなっています。

フィリピン料理がメインで、ビュッフェ形式となっております。

・ランチビュッフェ(11:00~15:00):389ペソ(約800円)
・ディナービュッフェ(18:00~22:00):459ペソ(約1000円)
※ドリンクは別途

ITパーク内の学校に留学している人は気軽に行きやすいので、お勧めです!

Burrow Lounge(バローラウンジ)

バローラウンジは、現在3店舗あり、ラホグ地区、パークモールとマクタン島のアイランドセントラルモール2階にあります。

その最大の魅力はたった199ペソ(約400円)でライスと5種類の味が違うチキンが食べ放題なところです。(味はクラシック、チリ、テリヤキ、バーベキュー、ガーリックパルメザンの5種類)

しかも時間制限は無いので、限界まで食べることができます。

食べ放題料金に69ペソ(約150円)プラスでドリンク飲み放題も付きます。

「今日こそは食べるぞ」という日に是非行ってみてください!

夜の時間帯は混むことがあるので、早めに行くことをお勧めします。

Casa Verde (カサヴァーデ)

カサヴァーデはアメリカンレストランで、直径30センチの巨大なハンバーガーが目玉の現地でも人気のレストランです。

ハンバーガー以外にもリブやステーキなど絶品揃いで、アメリカンスタイルで量が多いもの特徴的です。

なので、大人数で行ってシェアすることをお勧めします。

量が多い割には値段は安いので、行く価値はあるかと思います。

5~6人前の巨大パフェも注文できるので、写真映えが欲しい方は是非頼んでみてくださいね。

Fung’s Noodle House (フンズヌードルハウス)

フンズヌードルハウスは、JYスクエア付近にある安くて美味しい中華料理が食べられる中華レストランです。

メニューの種類が豊富で、どれも格安で食べることができますが、特に試したいのが4つ入りの小籠包(120ペソ≒約250円)です。

ご飯ものと小籠包などのサイドディッシュを頼めば丁度いい量になるかと思います。

フンズヌードルハウスの隣には、格安マッサージ屋(ヌアッタイ)があるので、食事前に行くのもいいですね。

ドラム缶焼肉 「粋」

ドラム缶焼肉 「粋」は、巨大ショッピングセンターSMシティーから徒歩約2分で行ける日本人経営の焼肉店です。

セブ島では珍しいレバ刺しやタン刺しなどが食べることができます。
もちろん味も美味しいです!

食べ放題が650ペソ(約1350円)で食べることができ、なんと時間は無制限です。
プラス80ペソ(約160円)で飲み放題も付きます!

SMシティーへショッピングに行った序でに寄るのも効率が良くていいですね。

特に週末に大勢で行くときは予約してから行くことをお勧めします。

まとめ

いかがでしたか?

セブ島は安いことでは有名ですが、安さだけではなく、コスパも良いレストランをご紹介しました。

是非気になるレストランがあれば、行ってみてはいかがでしょうか。

(ハシモトモッティ)