セブ島移動方法、タクシーってどんな種類があるの?

125

フィリピンの人気観光地であるセブ島は日本と違って電車や地下鉄が通っていないため、移動手段は基本的にタクシーになることが多いと思います。

そんなタクシーでも黄色タクシーや白タクシー、Grabなどの様々な種類があるのですが、一体どのような違いがあるのでしょうか?

セブ島にはジプニーやトライシクル、バスなど様々な交通機関が用意されているものの、ルートや支払い方法などが初心者にはわからないことが多いため、タクシーを利用することをオススメします。

一般的にセブ島で見つけられるタクシーは黄色タクシー、白タクシーとアプリを使用して配車を行うGrab(グラブ)の3種類が利用できます。

黄色タクシーはエアポートタクシーとも呼ばれる種類で、空港で見つけられるもの。初乗り70ペソで300m毎4ペソ加算されます。

白タクシーは初乗り40ペソ、300m毎3.5ペソ加算されるもので、基本的にどこでも見つけられる種類になります。

白タクシー、黄色タクシーはメーターを使用するものの、ドライバーによってはぼったくりに遭う可能性があるため、心配な方は配車サービスのGrabを使用すると良いでしょう。

こちらの動画ではGrabの使い方やセブ島のタクシーに乗る際に覚えておきたいことを詳しく紹介しています。続きが気になる方はぜひチェックしてみると良いでしょう!

エキサイトセブTVでは毎週1本のペースでセブ島のオススメ情報などを配信しているYouTubeチャンネルです。最新の動画を見逃さないために、ぜひチャンネル登録をしてくださいね!

(ExciteCebu TV)