セブ市内観光で絶対に訪れてみたい8つのロケーション

48

リゾートなどのビーチやアウトドアアクティビティが人気のセブ島では、歴史的建造物やショッピングを楽しめる市内観光も合わせてチェックしてみると良いかもしれません。

セブ島はスペインによる植民地が始まった場所でもあり、宗教や文化がここから広がったとされています。


1. マゼランクロス

セブ市内観光の定番スポットの一つがマゼランクロス(Magellan’s Cross)です。

この十字架は1521年にスペインの探検家、フェルディナンド・マゼランがセブ島に上陸した際に打ち込んだ十字架で、キリスト教の布教に使われたもの。その当時の十字架は残念ながら消滅しており、現在展示されているものはレプリカだとか。

2. サントニーニョ教会

マゼランクロスの隣にある教会は1565年に建てられたフィリピン最古といわれるカトリックの教会で、幼少のイエス・キリストであるサントニーニョが祀られています。

日曜日はミサが1時間おきに行われるため、現地の人や観光客などで賑わいます。

3.サンペドロ要塞

スペインの植民地時代にイスラム勢力に対抗するために建てられた、フィリピン最古の要塞です。大日本帝国が第二次世界大戦中に捕虜施設として利用された経歴があります。

現在でもその時当時に使われた大砲などが多く残っており、施設内には博物館もあるので、セブ島の歴史をよく知りたいという方は合わせて見てみると良いかもしれません。

セブ市内の観光地はそれぞれ距離が遠くないので、全て回るのに5時間程度できちゃいます。4番以降のオススメスポットは上の動画に詳しく紹介しているので、ぜひチェックして見てくださいね!

エキサイトセブTVでは毎週1本のペースでセブ島のオススメ情報などを配信しているYouTubeチャンネルです。最新の動画を見逃さないために、ぜひチャンネル登録をしてくださいね!

(ExciteCebu TV)