セブ島北西部の見どころ第二弾!Danasan Eco Adventure Park(ダナサン エコ アドベンチャー パーク)♪

368
前回、私の記事でセブ島北西部にある観光スポットをいくつかご紹介いたしましたが、第二弾として今回はダナオ市にある「Danasan Eco Adventure Park(ダナサン エコ アドベンチャー パーク)」をご紹介したいと思います。

実際に訪れてみて思ったことは山の頂上付近に位置するため、アクセスはとても悪いです。しかし、施設自体は大自然に囲まれた広大な敷地内でさまざまなアクティビティを楽しむことができるため、学生さんなどにはおすすめの場所です。
週末の予定を検討中の方はぜひ参考にしてみてください。
ダナサン エコ アドベンチャー パークはセブ市から約20キロ北にあるダナオ市にあります。さらにダナオ市の中心部から1時間ほど山道を車で行ったところにある施設です。
4d832516-0d36-460c-934f-1c2570a28508
このパークではジップラインをはじめ、ウォールクライミング、ジップバイク、乗馬やATVなど大自然を利用したさまざななアクティビティーを楽しむことが出来ます。
ジップラインは420mと距離も十分です。特徴的なのが行きはジップラインで、帰りは馬に乗って帰ってきます。ジップラインライドとホースライドが同時に楽しめます。料金は1人380ペソです。
f4216f28-ddbc-4175-9bf6-b2a8e6b62e51
中でも一番の目玉はこの「ウェイクボード(Wakeboarding)」というもの。水上スキーは正面を向いて楽しむものに対して、こちらは横向きに立って楽しむウォーターアクティビティです。初心者でもスタッフが丁寧に教えてくれるので楽しむことができます。
このアドベンチャーパークではウェイクボードの装置が引っ張ってくれます。波が無いので、水面の影響も受けにくく、水面でジャンプをするエアジャンプやスピンなど自由なスタイルでサーフィングを楽しむことが出来る事でしょう。
14e08dde-5a83-4a6a-ad8f-306a8c24352d
実はこの施設は宿泊することも出来きます。部屋は大部屋となり4人部屋が1200ペソ。8人部屋が2400ペソです。飲食物の持ち込みは自由です。学生のお泊り旅行にはいいですね♪

coach bus driving down highway

行き方としては、ダナサン エコ アドヴェンチャー パークのシャトルサービス(要予約)を利用するのが良いです。セブ市内(パークモール)からの往復で1人250ペソです。
34cb676a-5462-4c54-b4d3-b9f5598cc1db
自力で行く場合はダナオ市のダナオバスターミナルまでバスでいきます。バスターミナルからはバイクタクシー(ハバルハバル)で1時間、ハバルハバル料金は交渉となります。大抵かなり高い値段を言いつけられるのでシャトルバスを用意するのがいいでしょう。。
パーク営業時間は午前8時から午後6時です。
ぜひ一度ストレス発散しに訪れてみてはいかがでしょうか。(REON)

前の記事リノベーション完了!生まれ変わったビーリゾートを見てみよう!
次の記事世界三大夕日を海上から望む!マニラ湾サンセットクルーズに参加してみた。
学生時代に語学留学のためにセブ島を初めて訪れ、その後、バックパッカーとして世界各国を訪れた際に、発展途上国の活気と成長性に魅了され、将来は発展途上国で働くことを決意。大学卒業後はビジネスの基礎を築くために、一度日本のコンサルティング会社に入社。2016年に退社し、現在はセブ島の現地旅行会社でツアーコーディネーターとしてセブ島の魅力を広げる活動に従事。 バイク、車、カジノ、アウトレジャーなど基本的に男の子が好む遊びが大好きです!週末はバイクでセブ島内をツーリングするなど、仕事・プライベートと充実した日々を送っています!生きる上でのモチベーションは毎年セブ島で開催されるトライアスロンの大会(アイアンマン)に参加することで、毎日トレーニング中です。朝・晩、マクタン島内で走っているフィリピン人風の日本人を見かけた際はぜひ話しかけてください。笑

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA