フィリピンの通貨、フィリピン・ペソ

1441

皆さん、これ何だかわかりますか?

見た目はアルファべットの「P(ピー)」に見えますが、ただのPではありません。

 

実はこれは「Peso(ペソ)」と言って、フィリピンの通貨記号なんです。
日本でいう「¥(yen)」ですね。

 

 

フィリピンペソは、フィリピンの通貨単位です。補助通貨はペソの1/100のセンタボ。
紙幣の券種には1000、500、200、100、50、20、10、5ペソがあり、硬貨には10、5、1ペソ50、25、10、5、1センタボがあります。

しかし、50、10、5、1センタボはあまり使われていません。センタボは切捨てされることが多く、実際持っていても利用する場面があまりないです。

 

これがフィリピンペソ。なんかカラフル。

 
2012年2月現在、1ペソ1.82円。

 
200ペソはあまり目にする機会がありませんね~。

 

最近は新紙幣が発行され、現在は旧紙幣と新紙幣の両方が流通しています。

 
新紙幣もっと鮮やかな色ですね。

 

 

ところで、

 

 

お金をフィリピンペソに換金すると、1000や500ペソばかりもらうと思います。
日本円にしたら1000ペソは約2000円くらいですが、現地の人からしたら結構な大金なんです。

だから、スーパーやタクシーなどでよく“お釣りがないから使えない”と言われてしまいます・・・。

タクシーの運転手はお釣りを持っているのにないと言って、お金を多く巻き上げようとする人もいます。

大きなお金はスーパーやモールで使えることが出来るので、その時になるべく小さくくずすようにしましょう!

 

これ、結構大事です!!

 

うまくペソを使いこなして、セブを満喫しましょう♪

 

(SHIHO)

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA