バーベキューだけしか売られてないそんな場所。「ラーシャン(Larsian)」をチェック!

511

エキサイトセブでも人気のある記事「セブに来たら絶対行ってみたい11の所。」の最初にも書いてある「ラーシャン(Larsian)」という所を知っていますか?

こちらはセブで人気のあるバーベキューしか売られていない場所なんです!

真っ赤なバーベキューが有名なフィリピンのバーベキュー。使っているケチャップの関係でそんな見た目になって居ますが、セブで食べれるローカルバーベキューの中でもラーシャンズが一番有名なのです。

初めて来る方はそのバーベキューの量にビックリするかも。どこを見渡してもバーベキューしか無いですからね!

ちなみに何でこのラーシャンはフィリピンバーベキューしか売られてないのでしょうか?

そのルーツは1970年代に遡ります。元々セブの中心街であるフエンテ・オスメニアのこの地区でバーベキュー屋さんを始めたPilarさんとその双子であるSianaさんの名前を組み合わせた名前が「Larsian」で評判があったため、その名前でレストランが知られる様になりました。

本店のラーシャンは既に存在していませんが、他のバーベキュー屋さんが過去にラーシャンがあった場所にレストランを構える様になり、現在の様にバーベキューしか売られてない場所になりました。

昨年あたりに大火事で元々のラーシャンは無くなってしまいましたが、現在でも同じエリアで同じ様にバーベキュー屋が点在しているのでラーシャンは無くなる事は無い勢いです!

安さとボリュームが40年経っても人気が収まらず最近ではセブ留学をする生徒達も良く訪れるスポットとなっています。

ラーシャンには20店舗もあるので、良さそうな所がところがあったらそのお店に頼んで焼いてもらいましょう!

バーベキューと言えど、肉ばかりではありません。焼き魚や焼きイカなどセブでとれた新鮮な魚介類のバーベキューをオーダーする事も出来ますよ!

一つあたり30ペソ(約60円)だったりするので、お腹いっぱい食べれる事間違い無しです。

日本ではおにぎりなど日本にしか無いご飯料理ってありますよね。

セブでは「Puso(プソ)」と言ってバナナの葉で包まれているご飯が提供されています。フィリピンではセブにしか無いんですよ!

日本のおにぎりの様に中に何か入っているのではなく、ただご飯がバナナの葉の中に包まれているだけですが、バナナの葉がいい感じの香りを付けてくれるので食欲をそそってくれます。

フィリピンの中でセブの人達の方が多く食べるのもこの理由かもしれませんね!

こちらのバーベキューのはストレートで食べても良いですが、醤油にケチャップを混ぜてある「ダイサーソース」に付けて食べるのもオススメの方法です。もし良かったらお店にもあるので、是非このソースもオーダーしてみてください。

こちらのラーシャン、アウトドアな雰囲気なので色んな店舗がどんなにバーベキューを作っても煙がこもる事がありません。

場所もセブでは人が多く来る場所で、留学生の他外国人旅行客も良く訪れている所なので、セブに来たら絶対行ってみたいスポットです!

 

 (ラルスGEM)


お店紹介: Larsians

住所:

Capitol Site, Cebu City

 

 

 

 

地図:

[google-map-v3 width=”700″ height=”350″ zoom=”18″ maptype=”roadmap” mapalign=”center” directionhint=”false” language=”default” poweredby=”false” maptypecontrol=”true” pancontrol=”true” zoomcontrol=”true” scalecontrol=”true” streetviewcontrol=”true” scrollwheelcontrol=”false” draggable=”true” tiltfourtyfive=”false” addmarkermashupbubble=”false” addmarkermashupbubble=”false” addmarkerlist=”10.309251,123.891631{}1-default.png{}Larsian(ラーシャン)” bubbleautopan=”true” showbike=”false” showtraffic=”false” showpanoramio=”false”]

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA