《オスロブへ行く方必見》ジンベイザメの生態!!

46

セブ市内から車で約3時間のところに位置する、

小さな港町《オスロブ》で野生のジンベイザメを見る事が出来るのをご存知ですか?

《オスロブ》は野生のジンベイザメの「餌付け」に成功した唯一の場所として、

世界中から今注目を集めております!!

 

セブ島に来るメインイベントに、ジンベイザメとの遊泳を予定する方も多いかと思います。

しかしながら、ジンベイザメは日本でもなかなか見ることの出来ないので、

あまり詳しい人は少ないかと思います。

そこで今回は《ジンベイザメ》の生態を徹底解説致します!!

 

世界一大きい魚🐟

全長は大きいもので約20m、体重は最大約35トンと言われているジンベイザメは、サメ科の魚です。

サメと聞くと人を食べるようなとても怖い印象があるかと思います…

しかしジンベイザメ性格はとても温厚でおとなしく、むしろ臆病と言われております。

主食は主にプランクトン・小魚・魚の卵・海藻となり、人は食べません!

危険性は全くないので、安心して一緒に遊泳していただけます。

 

皮膚の硬さはタイヤレベル!?

ツルツルしていて、水玉模様のような斑点が特徴的なジンベイザメの肌は、

なんと10センチもの厚みがあるようです!

タイヤと同じくらい硬いその皮膚は、筋肉の収縮も強く、

釘を打っても弾き出されてしまうほど!海に天敵となる動物はいません!

寿命はなんと150年!

ジンベイザメは数年に1回の割合でしか出産しない非常に繁殖力の低い動物であり、

繁殖についてはあまりまだ解明されておりません。

また魚では珍しい卵では無く、人間と同じスタイルで赤ちゃんを産みます。

生まれてからは約30年で成熟し、平均寿命は60年〜70年です。

長生きするものだと150年とも言われており、驚きの数字です!!

 

いかがでしたか?

ジンベイザメの生態を知り印象が変わった方も多いのではないでしょうか。

まだまだ謎が多いとされている神秘的な魚ジンベイザメ。

セブ島を訪れた際は是非、愛らしいジンベイザメへ会いに行ってくださいね♪

 

〈SORA〉