2014年7月5日 更新

ほんのり甘くてコクのある、サンミゲル社の黒ビールCerveza Negra(セルベッサ・ネグラ)を飲んでみる?

土曜日です!週末は仕事や勉強の疲れを癒すためにITパークなどに飲みに行きたいと思いますよね!

セブ島ではお酒好きということもあり、ローカルのビールや世界各国から取り寄せている海外のお酒を提供しているお店も多くあります。コクのある黒ビールを提供している所もセブ島で多くなっていました。

黒ビールのイメージといえば、ギネスビールなど普通のビールより高いイメージがありますが、サンミゲルライトやピルセンなどで有名なサンミゲル社(San Miguel Corporation)からも黒ビールが提供されているということはご存知だったでしょうか?どんな感じだったのか、チェックしてみましょう!



ジメジメとして、暑いこの時期は冷たいビールが美味しく感じる季節でもあります。

サンミゲルライトやピルセンなどを販売しているサンミゲル社(San Miguel Corporation)は中でも有名ですが、サンミゲル社のビールだけでも5種類以上のビールがあり、以前詳しく紹介しましたよね!

通常のラガービールやアルコール度数の高いもの、女性向けにも嬉しいフレーバー付きのビールなど色々な種類のものを見つけることが出来ますが、サンミゲル社にも黒ビールがあるということはご存知だったでしょうか?

それが、こちらのCerveza Negra(セルベッサ・ネグラ)

image

サンミゲルライトに見慣れている方は思わず別の会社のお酒に見えてしまいますが、良く見てみるとちゃんとサンミゲル社のエンブレムがあります。

Cerbeza(セルベッサ)とはスペイン語でビールを意味し、Negra,Negro(ネグラ、ネグロ)は黒いという意味を指すので、「黒いビール」というネーミングになっています。

image

価格はスーパーマーケットで購入する場合は約40ペソ(約100円)程度、今回はITパークのIlaputi(イラプティ)でオーダーしてみたので、90ペソ(約210円)となっていました。

ギネスビールなど黒ビールといえば高いというイメージがつきますが、こちらの黒ビールは非常に手軽な価格で楽しめるというのは良い所。ただ、黒ビールと言っても大きく分けて2種類あり、サンミゲル社のセルベッサ・ネグラはコクと甘みのある、シュヴァルツ・ビール(下面発酵)のもので、ギネスはスタウト(上面発酵)でシュヴァルツに比べて濃いものとなっています。

image

セルベッサ・ネグラを飲んでみると、アイスコーヒーの様なコクのある風味に黒砂糖の様なほんのりと甘い味になっています。初めて黒ビールを飲んでみたいと思う方や女性向けにもオススメです。

image

ただ、ギネスビールの様なキレのある濃くて強めの黒ビールを探している方は甘みが気になるので、少々飽きてくるかもしれませんが、おつまみと一緒に飲むと結構進むと思うので、肉系または油っこい食べ物と一緒にオーダーすると良いでしょう!

レストランやバーにもオーダー可能ですが、お店によっては提供していない所もあります。

image

提供していない理由の一つとして、セブ島の人達はあまり黒ビールをオーダーしないというのがあるため。やはり、レッドホースの様なキレがあり安く、アルコール度数の強いものが好まれている様です。

ITパークだとMooon Cafe(ムーンカフェ)Ilaputi(イラプティ)で提供してあるので、飲んでみたいという方はチェックしてみると良いでしょう!

(MIKIO)
1 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

mikio mikio