2013年8月10日 更新

美味しいパンツェロッティとピザが食べられるお店: 241 Pizza&Panzzeroto

ピザを突然食べたいと思う時はありませんか?

サクサクの生地にアツアツのチーズと肉汁たっぷりの肉が乗ったピザの写真を見るだけでもお腹が減ってしまいますよね。セブ島ではフランチャイズ店のYello Cab Pizzaや、Greenwich、ローカルピザのCalda Pizzaなど数多く点在しており、エキサイトセブでも紹介して来ました。

どのピザ屋さんも生地やソース、使ってる具材などの違いでそれぞれの特徴を持っていますが、今回はピザのようで少し違うパンツェロッティを食べられるお店がある事をご存知でしたか?



パンツェロッティ(Panzerotti)とはイタリア料理であるカルツォーネ(Calzone)の1種類のこと。カルツォーネはピザと同じ材料で三日月形に折りたたんで調理する料理です。ピザの生地の中に具を入れてサンドイッチした様なものを思い浮かべれば解りやすいかもしれません。

カルツォーネは通常、ピザと同じように焼くのが主流なのですが、イタリアのプッリャ州では焼くのではなく、油で揚げます。その揚げたカルツォーネがパンツェロッティという訳。別名パンツェロットとも言われます。

241-Pizza-and-Panzzeroto-panzzeroto

ピザと同じように具材とモッツァレラチーズを入れて生地に包み油で揚げるので、カリカリの生地にチーズと美味しい具材が口の中で絡み合い、幸せな気分になれると思います。一口一口食べるのが楽しくなってしまいそうです!

そんなカルツォーネを提供しているレストランが、241Pizza&Panzzeroto(241ピザ&パンツェロット)というお店。

241-Pizza-and-Panzzeroto-wall

J-センターモールや日本料理店が多く点在しているASフォーチュナー通りAYSビルの中。目印は銀行のEast West Bankですぐ隣にこのお店があります。

中に入ってみるとビーチのような内装やテーブルが置かれており、都心に居るのにまるで海辺に居るような気分にさせてくれるので、なかなか面白くできています!

241-Pizza-and-Panzzeroto-interior

何でセブにパンツェロッティを作ろうと思ったのかというと、このお店のオーナーであるGlenn Lim(グレン)さんがカナダにいた時から遡ります。グレンさんはイタリアの代表的な料理でカナダでも良く販売されているパンツェロッティ、ピザを提供したいレストランを作りたいと思い、セブ島にやって来ました。

241-Pizza-and-Panzzeroto-beer

その情熱は今でも続いており、このレストランで提供しているピザやパンツェロッティのメニューは全てグレンさんが作り出しているオリジナルのものです。メニューだけではなく、食材もどれも品質の高い物を提供している所から取り寄せているため、ホームメイド的で美味しい料理が出来上がるのです。

241-Pizza-and-Panzzeroto-pizza-2

嬉しいのは料理だけではなく、価格もどれも100-395ペソ(約220-430円)くらいの良心的な価格になっています。

セブ島には数多くのピザ屋さんがありますが、このお店も他に無いようなユニークな料理とレストランのイメージを持っている所が良いですよね。

241-Pizza-and-Panzzeroto-bar

一つ注意しなくてはならないのが、このレストランの営業時間は午後2時から午前1時までだということ。レストランのみならず、夕方6時から午前2時までバーも営業しているので、夜を楽しみたいという方にはオススメです!

もちろん、このお店に行くのが面倒くさいと思う方は便利なことにデリバリーサービスも用意しているので、032-236-5080に電話を掛けると良いですよ!

(Zarah Majam / 訳: MIKIO)

[ Zerothreetwo | Introducing:The Panzzeroto ]
1 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

mikio mikio